iPhoneやiPadなどのApple製品では「Apple Music」を使うことができる。初期状態から入っている、iPhoneのミュージックアプリから5,000万以上の楽曲がミュージックアプリから楽しめる。, 便利な一方で、iPhoneの音楽アプリで「Apple Music」を使い始めた当初、以前までiPhoneで楽しめていた曲とプレイリストが消えてしまったことがあった。, 本記事では、iPhoneのミュージックアプリ内で消えた曲を復活させる3つの方法とiPhoneの曲が消えた原因を簡単にまとめてみる!, 【関連】MacのiTunesが消えた?最新版macOS Catalinaでは、Finder・ミュージック・TV・Podcastに独立, 「Apple Music」で以前にダウンロードし、オフラインでも聴けるようにしておいた曲が消えている場合、雲に下矢印のアイコンをタップすれば再ダウンロードできる。, なお、再ダウンロードの際は通信制限などもあので、Wi-Fiに接続した状態で再ダウンロードすることをおすすめする。また、再ダウンロードできない場合は、iPhoneの容量不足の可能性もある。iPhoneの容量不足の解消方法はこちらから!, 2つ目は、macOS Catalina以上では「Finder(Mac)」から、macOS Mojave以下やWindowsではiTunes(PC)から曲を再転送する方法がある。, macOS Catalina以上の「Finder」アプリから行う方法。手順は以下の通り︰, 引用:Finder を使って iPhone、iPad、iPod をコンピュータと同期する – Apple サポート, macOS Mojave以下やWindowsで「iTunes」アプリから行う方法。手順は以下の通り︰, 引用:コンピュータの iTunes から iPhone、iPad、または iPod touch にコンテンツを移動する – Apple サポート, 3つ目は、iTunes Storeからダウンロードした有料アイテムなどを再ダウンロードする方法。手順は以下の通り︰, なお、再ダウンロードの際は通信制限などもあので、Wi-Fiに接続した状態で再ダウンロードすることをおすすめする。, Apple Musicには「iCloudミュージックライブラリ」という、同じApple IDでログインしているiPhone、iPad、Mac間で音楽ライブラリを同期してくれる機能がある。使いこなせば便利なものの、「iCloudミュージックライブラリ」の設定を間違えるとiPhoneの曲が消えてしまうことがある。, 僕の場合、iPhoneの「iCloudミュージックライブラリ」をオンにするときにiPhone内の曲が一部消えてしまった。, 「iCloud ミュージックライブラリ」は、以下のように「Apple Music」で、オフライン再生を可能にする際に「ミュージックを残す(結合)」か「削除して置き換える(置き換え)」が選べる。, この「ミュージックを残す(結合)」と「削除して置き換える(置き換え)」の違いは理解してしまえば簡単なのだが、Appleの説明があまりにも不十分。結果的に、理解せずに進んだため曲が消えてしまった。, つまり、「削除して置き換える(置き換え)」を選択してしまうと「iCloudミュージックライブラリ」の初期状態には何もないので「=iPhone内のミュージックがすべて消える」ということになる。, 以上の手順で、iPhone内にあったミュージックライブラリは復活するはず。それにしてもダウンロードボタンをタップしていく、手間がかかる…。記事執筆時点では、僕のiPhoneでは曲が消える前と同じ状態になって、快適に使えている。, もし、iPhoneの曲が消えてしまった時には、冷静に上記の方法を試してみましょう。, 当ブログのコメント欄では、上記の場合でも解決しなかった時の情報をいただければ、解決のヒントを一緒に探すことができるかもしれません!困っている場合は遠慮なくコメントをいただけると!, iPhoneは使っていると、部屋にゴミが溜まっていくように不要な写真や音楽、アプリが溜まってしまう。iPhoneを毎年買い換える筆者がおすすめする、容量不足の解決方法をまとめたので、以下からどうぞ!, iPhone、iPad、Macなど、Apple製品が大好きな大学生。ITを活用して効率的に生活するハウツーを発信中!最近はYouTubeでの動画配信もはじめました。このブログについて利用規約カテゴリ一覧, MacのiTunesが消えた?最新版macOS Catalinaでは、Finder・ミュージック・TV・Podcastに独立, Finder を使って iPhone、iPad、iPod をコンピュータと同期する – Apple サポート, コンピュータの iTunes から iPhone、iPad、または iPod touch にコンテンツを移動する – Apple サポート, Finder ウインドウを開いて、デバイスを USB ケーブルでコンピュータに接続します。, Finder ウインドウのサイドバーにデバイスが表示されます。デバイスをクリックして選択してください。, 同期または削除したいコンテンツの種類を選択します。コンテンツの種類に対して同期を有効にするには、「同期」の横にあるチェックボックスを選択します。, タイトルの右側にあるダウンロードアイコンをタップします。曲がデバイスにダウンロードされます。, 「削除して置き換える(置き換え)」:iCloudミュージックライブラリに入っている曲のみ残る. ほとんどの場合、テクノロジは非常に優れており、生活をはるかに容易にします。世界中の誰とでも即座にコミュニケーションをとるためのさまざまな方法を提供します。しかし、テクノロジーにはまだかなり欠陥があり、iTunes ライブラリ が突然すべての音楽を見失ったときのように、まったく理由もなく説明できないことが行われることもあります。, iTunesでは、曲が見つからないとき、トラックの横に感嘆符(ビックリマーク)が表示されます。ビックリマークを消す方法を紹介します。, iTunes内トラックの横に表示される感嘆符(!)は、iTunes Mediaフォルダ(iTunesライブラリ内のメディアファイルの保存先)で曲の元のファイルが見つからないという意味です。以下の場合、音楽ファイルは行方不明とみなします:, iPhoneの音楽をiTunesに逆転送は不可能です。しかし、CopyTransは不可能を可能にします!, 曲のファイルはどこにも見つからないが、iPhoneやiPodにデータがまだ残っている場合, 「iTunesで音楽を聞いていましたが、ある日iTunesを起動したら、こんな画面が出てきました。iTunesライブラリが突然に空っぽになりました」と悩んでいるユーザーがいるでしょう。, iTunesで音楽を再生し、ライブラリを整理するには、「iTunes Library.itl」と「iTunes Media」が必要です。iTunesのデータベースとして、iTunes Library.itl には、アルバム、曲のアートワーク、プレイリスト、レートなどの情報が記録されています。, iTunes Library.itl を移動・削除・破損すると、iTunesは空になります。, まず、iTunes Library.itl が別の場所またはごみ箱にあるかどうかを確認してください。ファイルが見つからない場合、こちらの手順に従ってください。, 重要:復元したiTunes Library.itl は最新ものではないので、その後に作成したプレイリストや追加した曲が、iTunesに表示されません。その場合、コンテンツを改めて作成・追加してください。, iTunes library.itl を復元できなかった場合、新規iTunesライブラリに曲やプレイリストを追加する必要があります。, CopyTransを起動し、デバイスを接続します。プログラムをまだインストールしていない場合、こちらでダウンロードできます:, これで、新規iTunesライブラリにiPhone上の全ての曲やプレイリストをコピーできます。, この記事の最初に述べたiTunesライブラリに関する問題が起こらないように、iTunesライブラリをバックアップすることをおすすめします。こちらでは、CopyTrans TuneSwiftを使って、iTunesライブラリのバックアップ方法を記載しています。, 「友達のパソコンから曲をiPhoneに追加したいが、全体の音楽を上書きさせたくない」、「同期しないで音楽をPCからiPhoneに転送したい」などの状況があるでしょう。iTunesを使えば、意図せずに同期して音楽を失う恐れがあります。曲やビデオをiPhoneに追加する際に音楽消失を防ぐため、iTunesの代わりにCopyTrans Managerを使用して安全かつ簡単に音楽をiPhoneに入れられます。, これで簡単にiTunesを使わないで数クリックでiPhoneに音楽入れることが出来ます!, こちらの記事では、iTunesに関する2つのよく起こる問題の対処法を紹介しました。手動でも解決できますが、困ったときの問題解決は専用ソフトに任せるのがおすすめです。, CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。.