(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2020 日々思うこと All Rights Reserved. ジャンル その他 出身 大阪府 生年月日 1924年3月30日 没年月日 1998年6月22日 年齢 満74歳没 「薬師寺の名物管長」と呼ばれた法相宗の僧。 2012年、ジャパネットたかた代表取締役副社長兼ジャパネットコミュニケーションズ取締役に就任。 高田旭人、高田春奈、高田麻衣子 髙田 明 (たかた あきら、 1948年 11月3日 - )は、 日本 の 実業家 。 ジャパネットたかた の創業者で、同社が制作する テレビ・ラジオショッピング番組 の MC としても知ら … 試合前、ピッチに入場する選手たちと髙田社長が毎回ハイタッチを交わすことも、小さなことのようでいて、選手のモチベーションを高めたに違いない。あの人懐っこい笑顔で「さあ、がんばろう!」と声をかけられれば、誰だってがぜんパワーアップしそうだ。, 結果、チームはあれよあれよと連勝を重ね、11月11日のホーム最終戦に勝利して2位を確定。「何とかプレーオフに」という期待を上回り、自動昇格という形でJ1昇格を決めた。終わってみれば後半戦の13試合は負けなしの10勝3分。つい半年前まで倒産の危機に瀕していたチームが“長崎の奇跡”を起こしたのである。, 髙田 「チームはJ2に5年間いて、プレーオフに2回進んでいました。ですから潜在的に力はあったと思います。ではその力を引き出すには何が必要か。選手が本当にやろう、やらなくちゃいけないという気持ちになることです。 結婚や再婚情報に敏感な 高田好胤. これは能の演者やテレビショッピングに限った話ではありません。ビジネスでは顧客や組織の人たちに、教師は生徒に、医者は患者に、政治家は有権者に、それぞれが3つの視点を持ち、冷静に全体像を見つめながらコミュニケーションをしなければ、伝わるものも伝わらなくなってしまうと思うのです」, サッカーの魅力や、V・ファーレンの魅力をできるだけ多くの人たちに伝えたい。そう考えた末に行きついた1つの答えが、サポーターとの交流だった。自分が先頭に立ち、現場に立ち続ける。ジャパネット時代からのポリシーである。 スポンサーリンク こんにちは。kiloです。 ジャパネットたかたの創業者で 初代社長の高田明さんってソニーのお店をやっていたんですね! kiroはソニーが好きなので、 なんだか高田さんのことが気になっちゃいました(^^)・・・ 高田万由子の息子万太郎がイケメンで料理も運動も勉強もできる強者だと明るみに。日本に帰国してお茶の水女子付属小学校で悠仁さまと同級生になりすでに学内では人気者だというからヤバい。しかし高田万由子が日本に帰国したのは夫の葉加瀬太郎の不倫があったからなのか? 日本テレビ「24時間テレビ」#ヴィヴィくん が出演します, ⏰13:30頃~  …, https://theworldelements.com/#!/ やっぱり、なんだかんだいっても高田明前社長はテレビ・ラジオ出演がお好きなんですね。ちなみに高田明氏の声は日本音響研究所が調査したところ、高田の声にはイヌにとって聞き取りやすい周波数が含まれているそうです。 あの名曲に合わせて、元気が出る踊りを披露⁉️https://t.co/2W9Vuslldm#vvaren pic.twitter.com/5LHhn8G6Qc, — V・ファーレン長崎 公式 (@v_varenstaff) August 21, 2020, 2017年 V・ファーレン長崎 に髙田明氏が代表取締役社長に就任 。それまでに資金不足で経営難だったV・ファーレン長崎 当時筆頭株主だったジャパネットホールディングスがチームを100%子会社化。, 2016年は J2 15位だったV・ファーレン長崎。なんと2017年 髙田明氏が代表取締役社長に就任後は2017年はJ2 22チーム中2位 となり2018年にはついに念願のJ1リーグ入りを果たした。, またメインであるユニフォームの胸のスポンサー名は 2012~2014はジャパネットたかた 2015~Japanet となっている。, 2016年には成績、資金不足により3部リーグ降格もあり得るという状況で代表取締役に高田明氏が就任した理由には, 現ジャパネット社長である長男旭人から『V・ファーレンをどうにかしたい』と相談を受け、高田明氏も『長崎からサッカークラブがなくなってしまうのは大変だ』と感じていて、クラブの経営を安定させるため、V・ファーレンをジャパネットグループに加えたという。, 社長に就任するときは『サッカーもビジネスもミッションは同じだから、できないことはない』と考えていたようです。, さまざまな施策を打ち、ホーム球場は大幅な観客増。試合前においしいスタジアムグルメを味わえるようフードコーナーを活発にしてみたり、グッズの売り場を拡大、子どもが遊べるような企画や試合のハーフタイムには花火をあげることなど様々な施策をうち、そういった工夫を、コツコツと積み重ねてきて観客動員数も増えたという。, さすが元ジャパネットたかたの社長。破綻寸前のサッカークラブを立て直した経営手腕は凄すぎる。, V・ファーレン長崎の快進撃は高田明氏の功績無くしては語れません。今後もV・ファーレン長崎の動向に注目です。, 意外や意外高田明社長はツイッターで結構発信されているんですよね。是非フォローしておきましょう。 娘・高田向日葵の学校や小学校での高田万由子の評判は? スポンサードリンク . !」(TBS), 2月18日:『マイケル・サンデル究極の選択』「お金で買えるもの 買えないもの」(NHK総合), 番組内の「トーク+」に、「最高収益か辞任か? 2017年には長崎県をホームとするサッカーJリーグのクラブ、V・ファーレン長崎の社長に就任し、傾いていたクラブの立て直しに尽力、最初のシーズンで悲願のJ1昇格を果たした。70歳を目前とした今も、夢を持ち続けられる秘訣とは何なのか。髙田社長の「今を生きる」に迫る。, あのジャパネットの髙田社長がJリーグ、V・ファーレン長崎の社長に就任する──。サッカーファンならずとも興味を引かれるニュースが全国を駆け巡ったのは2017年4月のことだった。当時、V・ファーレンはJ2に所属し、2017年シーズンの開幕前に債務超過、選手への給与未払いの危機に直面、入場者数水増しなどの問題が発覚、クラブは倒産の危機に瀕していた。, この窮地にV・ファーレンの筆頭株主であるジャパネットたかたの持株会社、ジャパネットホールディングスが立ち上がる。クラブの運営会社の完全子会社化に踏み切り、ジャパネットを2015年に「卒業」していた髙田社長にクラブの再建を託したのだ。, 髙田 「息子(髙田旭人氏)がホールディングスの社長をしていて、ずっとスポンサーをしていましたので、何とかチームを存続させたいと考えました。そこで彼は運営会社を100%子会社化し、スピード感と責任感を持って組織の再建をしていこうという方針を立てました。では運営会社の社長は誰がやるのか。たまたま横にいた私にお鉢が回ってきたということです」, 社長就任後の髙田氏の行動は素早かった。まずは組織の人心一新に着手した。ジャパネットから多数の社員が送り込まれ、新たな人材も雇い入れた。その1人に、髙田社長のゴルフ奮戦記を取材、連載したゴルフ雑誌の副編集長という人物がいる。東京から縁もゆかりもない長崎へ、敏腕編集者から畑違いのサッカークラブ広報へ。彼のダイナミックな転職の決意は、髙田明という人物の魅力を雄弁に物語るエピソードではないだろうか。, こうして新スタッフをそろえ、初年度には当初の予定を大幅に上回る10億円近くを投資。クラブの経営や、選手を取り巻く環境の改善に着手した。ジャパネットという体力のある地元優良企業のバックアップが確約され、選手やスタッフは「何かが変わる」と感じたことだろう。ちなみに選手や監督は、ほとんど元通りの顔ぶれを保ったままにした。 前述した通り高田明さんは、 ジャパネットたかたの経営には一切関わっていません。 これからは 悠々自適の生活なのかなと思っていたのですが、 2017年4月25日付けの毎日新聞によると、 突然赤字を出したV・ファーレン長崎の 経営立て直しのために、 立ち上がったということです。 というか、 V・ファーレン長崎は、 すでに株式のほぼ90%を ジャパネットたかたが保有しています。 実質自分の会社の立て直しに 乗り出したので … 【トレビアン動画】たかた社長が大好きな『ジャパネット犬』のCOCOちゃん! ブレイクの予感!? こうした努力が実り、遠方から長崎まで試合の観戦に訪れるサポーターが増えていった。集客力でいうと、まだJ1のチームの中では下位に甘んじているものの、髙田社長、そしてV・ファーレン長崎の思いは徐々に、そして確実に広がっている。, 原爆を経験した県・長崎のチームとして平和を訴えるというミッションも紹介しておきたい。同じ被爆県のチーム、サンフレッチェ広島との試合を平和祈念マッチとし、人々の心に思いを伝える。 ジャパネットたかたの創業者で、同社が制作するテレビ・ラジオショッピング番組のMCとしても知られた。, 2015年1月16日まではジャパネットたかた初代代表取締役社長、2017年4月25日から2020年1月1日までは、V・ファーレン長崎代表取締役社長を務めた。, 現在は、株式会社A and Live(エーアンドライブ)[注 1]代表取締役社長[2]。, 長崎県平戸市でカメラ店経営者の父の下、4人兄弟の次男として生まれる(他の兄弟は兄、弟、妹)[3]。明治節に生まれたことから明と命名される[4]。平戸市立平戸小学校[5]、平戸市立平戸中学校[6]、長崎県立猶興館高等学校卒業後[7]、大阪経済大学経済学部に進学する[7]。大学時代は英語の勉強に明け暮れる[3](このことが電子辞書を売るきっかけになったと本人は語っている)。, 卒業後、京都府内の産業用機械メーカー・阪村機械製作所に入社し、同社貿易部社員として1972年から約8か月間、西ドイツ・デュッセルドルフで海外赴任を経験する[8]。翻訳会社を設立しようと退社したが挫折[9]。平戸へ帰郷し、1974年から兄弟で実家のカメラ店を手伝っていた[10]。, 30歳で佐世保市に「カメラのたかた」支店を出店し移住、1986年1月、「カメラのたかた」から独立し、同市三川内本町で「株式会社たかた」を設立[11]。1999年までは、実父・政雄が同社の会長を務めていた。, 「株式会社たかた」では、カメラフィルムの「即日現像・手渡し」を旗印に、カメラ販売で業績を拡大。また、一般家庭へのビデオカメラの普及を機に、ソニーの特約店になる。さらに、カラオケブームの到来に合わせて、パイオニアのカラオケセットを販売[12]。1990年、明は知人を通じて、長崎放送が始めるラジオショッピング番組内への出演を依頼された。この放送でコンパクトカメラを販売ところ、5分の放送で50台が売れたことが、通信販売に進出するきっかけとなった[3]。1994年6月にはテレビショッピングに進出し、テレビ長崎にて放送を開始。1999年5月に社名の「たかた」を現在の「ジャパネットたかた」に改め、2001年には前述の長崎放送で第1回生放送テレビショッピングを開始した。, ジャパネットたかたでは、佐世保市日宇町の本社屋内に設けたスタジオを中心に、自社運営のスタジオで日本全国のテレビ・ラジオ局に向けてショッピング番組を制作。明自身も、「代表取締役社長 高田明」として、肥筑方言訛りの甲高い語り口で商品を紹介していた。やがて、紹介や放送の機会が増えるにつれて、高田の存在や語り口が広く知られるようになった[13]。, 2010年12月期に過去最高の売上高(1,789億円)を記録[14]。しかし、売上の6割を占めてきたテレビの販売が不振に陥るなどの影響で、2011年度から2年連続で売上高が減少した[15]。この状況に危機感を抱いた高田は、2013年を「覚悟の年」と位置付けたうえで、2013年度中に過去最高益を出せなければ社長を退任することをインタビューや出演番組などで公言していた[14]。同年12月期決算の時点で、過去最高益となる約150億円以上の経常利益を達成する見通しが立ったことから、「長くても2年(後の2015年度までに勇退する)」という条件付きで社長職を続けていた[16]。, 妻はジャパネットの元副社長で、子供は3人。長男の高田旭人は2003年に入社し、2012年から副社長と東京オフィスの代表を兼務していた。2013年頃からは、明が出演する番組において、旭人が「次期社長」として紹介されることがあった[17]。明自身は後継の社長職を、旭人に任せる意向を明らかにしていた[16]。, 2014年7月11日、ジャパネットの創立記念日である2015年1月16日で、代表取締役社長職を旭人に交代することが明らかになった[18]。現に同社では、2015年1月16日付で上記の人事を発表するとともに、コーポレートロゴを英字表記の「Japanet TAKATA」に改めている。, 社長職を旭人へ交代したことを機に経営の一線から退いてからも、自社制作のテレビ・ラジオショッピング番組へのレギュラー出演を継続[注 2]。旭人が社長就任前からショッピング番組に出演しない方針を取っているのに対して、明は2016年1月15日・16日に生放送の『楽しいのが ジャパネット』(創業30周年を記念した自社運営チャンネル「ジャパネットチャンネルDX」での30時間特別番組)[19]までMCを務めた。, その一方で、ジャパネット社長からの退任に伴って同社に籍を残さなかったため[20]、個人事務所の「A and Live」を設立[21]。ショッピング番組へのレギュラー出演終了後は、「A and Live」を窓口に講演活動を展開している[22]。2016年1月30日からは、ジャパネット提供の『おさんぽジャパネット』(日本各地の名産品の紹介を兼ねてBSフジで月に1回程度放送される紀行ロケ番組)[23]へ定期的に登場している。また、他の放送局が制作する番組にも、「元・通販会社(ジャパネットたかた)社長」という肩書で折に触れて出演するようになった[5]。, もっとも、「A and Live」の設立当初から、ジャパネットの要請・状況次第で同社のショッピング番組にも不定期で登場することを示唆していた[24]。2016年4月に平成28年熊本地震が発生。この事態を受けて同社が被災地の復興支援プロジェクトを開始したことから、同月21日には、明がテレビ・ラジオのショッピング番組へ特別に出演した。旭人やジャパネットの社員などからの要請による出演で、番組内ではプロジェクトの立ち上げを発表するとともに、視聴者に支援への協力を呼びかけた[25]。, 2016年春からは、地元の長崎県にある九十九島パールシーリゾートからの依頼で「九十九島特命宣伝部長」に就任。同年7月からは、同リゾートの九州ローカル向けCMに出演している[26]。, 2017年4月25日付で、JリーグのV・ファーレン長崎(以下「クラブ」と略記)を運営する株式会社V・ファーレン長崎(以下「運営会社」と略記)の代表取締役社長に就任した[27]。スポンサーであったジャパネットホールディングス(ジャパネットたかたの持株会社)が、運営会社の第三者割当増資引き受けと既存株主からの株式譲受を通じて、運営会社の完全子会社化へ踏み切ったことによる[28]。, 高田が経営の現場へ復帰した背景には、運営会社をめぐって、2017年のJリーグ開幕前から債務超過や所属選手への給与未払い危機などが相次いで発覚したことが挙げられる[28]。運営会社は、高田の社長就任を機に経営の再建を進めながら、クラブの環境を改善[28]。高田自身は、ホームゲームを中心に、試合会場や街頭でのPR活動にも積極的に関わった。2013年からJ2リーグにとどまっていたクラブも、高田が視察した同年11月11日の同リーグホーム最終戦・対カマタマーレ讃岐戦(トランスコスモススタジアム長崎)での勝利によって、クラブ史上初のJ1リーグ昇格を自動昇格で決めた[29]。, 2019年11月3日に、翌2020年1月1日付で[30]運営会社の社長を退任することを発表した[31]。就任時から3年程度の在任を想定していたとのことで、前述した累積赤字の解消や経営体質の強化に目途が立ったことから、自身より今後想定される経営状況へ見合った人物に社長を任せることを決めたという[31]。, 実際には、ジャパネット関連会社の社長を務めていた高田春奈(明の長女)が、2020年1月2日付で運営会社の社長へ就任した[32]。明自身は、社長を退任してからも、「サッカー夢大使」としてクラブの後方支援活動に携わっている[33]。, ※ ジャパネットたかた制作分および、V・ファーレン長崎関連以外のCMやPR企画を記載。, 前述のように肥筑方言訛りの甲高い語り口で知られるが、2007年にはテレビ画面内の高田に反応して駆け寄るイヌの動画がインターネットで話題となった[47]。これについて日本音響研究所が調査したところ、高田の声にはイヌにとって聞き取りやすい周波数が含まれており、バウリンガルを用いた鳴き声の分析でも、高田は友達と思われたのではないかとの結果が出ている[48]。なお、このことを知った高田は飼い主にお礼の手紙を送り、イヌにはルイ・ヴィトンの首輪を贈ったという[49]。, 歌唱力も高く、商品がカラオケの際にはワンコーラスを歌ってみせ、何度も高得点を叩き出している。特に2016年1月15日の30時間生放送では、高田にとって社長職最後の実演販売商品「パーソナルカラオケ」で社員たちに見守られる中、「北国の春」「高校三年生」を歌い、99点を叩き出した[50]。, 高田の独特な声や語り口は、ビューティーこくぶ、肥後克広、栗田貫一、鈴木武蔵など、数々のものまねタレントの十八番ネタとなっている。ジャパネットたかたでも、2009年1月から同年3月まで放送していたテレビCMで、高田とこくぶを共演させていた。, V・ファーレン長崎の社長に就任した後は試合会場を訪れてサポーターたちと交流するほか、試合の告知CMにも頻繁に登場しているが、その際に「J1」を「ゼイワン」、「V・ファーレン」を「ビハーレン」など強い訛りで発音するため[51]、チームや関係者からたびたびネタにされている。特に同チームが2018年のJ1昇格を決めた際には、チームの公式サイトも「ゼイワン」表記を使用し、メディアなどでも話題になった[52]。, 高田が、自身の名前"Akira"(あきら)と"Alive"(生きている)にちなんで命名。「今を生き生きと生きる世の中にしたい」「明は今も生きているぞ」というメッセージを込めているとされる, 肩書を付けない「高田明」名義で初めて用いた番組は、2015年1月16日午前0時以降に放送の『ジャパネットチャンネルDX』。, http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32416, ジャパネットはなぜ家電量販店にならなかったのか? - ジャパネットたかた前社長 高田明氏(11), http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20090721/200487/?P=1, http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15740000V20C17A4LX0000/, J2長崎高田社長、新国立花道に「ゼイワン昇格と同じ奇跡を」天皇杯決勝の来年元日付退任, “V・ファーレン長崎次期社長は高田明社長長女、ジャパネット関連会社代表取締役社長など歴任”, https://web.gekisaka.jp/news/detail/?291489-291489-fl, 髙田明がサッカー夢大使に!(V・ファーレン長崎 公式Twitterの2019年11月28日のツイート), http://www.oricon.co.jp/news/2074732/full/.