母 シンハライト ( 牝 2013 黒鹿毛 ディープインパクト ) 5勝、JRA最優秀3歳牝馬(2016年) 1着 - 優駿牝馬(G1)、関西TVローズS(G2)、チューリップ賞(G3) ジュエラー(英:Jeweler、2013年1月17日 - )は、日本の競走馬。2016年の桜花賞に優勝した[1]。, 11月29日の2歳新馬戦でデビュー。中団追走から最後は2着に2馬身半差をつけ優勝[2]。, 年内初戦として選んだのはシンザン記念。このレースでも、直線ではメンバー最速の上がり3ハロン34.5秒の末脚で前を捉えようとするが、前に出ていたロジクライに惜しくもクビ差及ばず2着[3]。次走のチューリップ賞では、ゴール前でシンハライトと並ぶようにしてゴール。写真判定の結果、シンハライトに軍配が上がり2着になるも、桜花賞の優先出走権を獲得した[4]。, 迎えた桜花賞では、阪神ジュベナイルフィリーズ覇者のメジャーエンブレム、シンハライトに次ぐ3番人気に推される。向こう正面で中団に位置するシンハライトに対して、ジュエラーは馬群の1番後ろに位置し、追込策をとる。直線では大外に位置し、先にその内から抜け出したシンハライトをとらえるような形で末脚を炸裂させ、最後はシンハライトと並ぶような形でゴール。写真判定の末、今度はジュエラーに軍配が上がり、クラシック制覇を達成した[5]。, 2冠にも大きな期待が寄せられるが、5月5日、左前脚第1指骨の剥離骨折が判明。症状は軽いものの、全治3か月と診断され、優駿牝馬(オークス)は出走できなかった[6]。, そして9月18日のローズステークスで戦列復帰したが11着と大敗[7]。続く秋華賞でも4着に終わった[8]。レース後、左後肢の歩様が悪くなり休養していたが、2017年3月2日、放牧先の山元トレーニングセンターで検査をしたところ、左後第2指骨骨折が判明し、関係者と協議した結果、現役を引退、同年3月6日付で競走馬登録を抹消された[9]。引退後は社台ファームで繁殖牝馬となる[10]。, 初年度はエイシンフラッシュを種付けされ、2018年3月10日に初仔の牝馬(ハイジュエラー)が誕生した[12]。, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジュエラー&oldid=79368821. シンハライトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 続... 俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。 そんな私の予想は、 ◎ ?タイセイブレーク 5着(9番人気) 好きな騎手:田辺裕信ジョッキー 競馬予想スタンス:3連単5頭ボックス予想に特化し、人気薄を中心に人気馬を絡めた60点で競馬予想をします。2019年は多摩川Sで76万馬券的中の1本でしたが、2020年は葵S(重賞)で98,060円高配当をゲットも10万馬券に届かず…引き続き3連単10万馬券の高配当を目指します。競馬予想をするなら的中率より回収率!がモットー。 10.16: 京都 秋華賞 : GI 芝2000m(良) 18 1 2 0 3.9(2人) 0 4着 1:58.8 (33.5) -0.2 M.デムーロ 55 ヴィブロス: 繁殖牝馬時代. また私の予想は2、3、4、5、6着という情けない予想…(>_<) 【和む】妹「お母さんーこれかって!」母親「ダメ!戻してらっしゃい」→するとおねえちゃんが... 【競走馬】アーモンドアイ10位タイ フィエールマン13位タイ 「ワールドベストレースホース」最新ランキング, 【エリザベス女王杯】ノームコア・横山典「最初のコーナーまではゆっくり入れたけど、そこから気負ったのが…」, 「私もドームで野球観てみたい!今度連れてって!」と言われ連れて行ったら気分悪い観戦になった, 米国「トランプ応援!(大規模集会」トランプ「感涙」謎の勢力「飛び込めー!」CNN「だいたい平和(20人逮捕1人刺傷」トランプ「ワシントン市警出動しろ!市長は仕事しろ(憤怒」→. 母:シンハリーズ . キャロットクラブ会員で知らない人はいないであろう名繁殖牝馬。 ... 2013 シンハライト 父ディープインパクト → 6戦5勝 オークス. キャロットクラブ会員で知らない人はいないであろう名繁殖牝馬。 ... 2013 シンハライト 父ディープインパクト → 6戦5勝 オークス. Twitterフォロー、メルマガ登録もよろしく!, 【POG】モーリス産駒で母ムーンライトベイの2018となるシゲルピンクルビーの2歳情報, 【POG】ルーラーシップ産駒で母メジャーエンブレムの2018となるプレミアエンブレムの2歳情報, 【POG】ドゥラメンテ産駒で母ペルヴィアンリリーの2018となるダノンジェネラルの2歳情報, 【POG】ディープインパクト産駒で母リリーオブザヴァレーの2018となるエリカステラの2歳情報, 【POG】バゴ産駒で母オーマイベイビーの2018となるステラヴェローチェの2歳情報, 【POG】ドゥラメンテ産駒で母フィールグリュックの2018となるセイウンブリスクの2歳情報. 年明け緒戦は1月17日の紅梅ステークス。直線で豪快な末脚を繰り出して快勝。3月5日のチューリップ賞は最後の直線でジュエラーとの接戦となったがハナ差制してデビュー3連勝となった。4月10日の桜花賞に2番人気で出走、直線早めに抜け出すもゴール前でジュエラーにかわされ2着に敗れる。5月22 … 冠名が『ミッキー』で野田みづき氏が所有馬が気になります。 ミッキースピリットを紹介したいと思います。 重賞2勝の母からそろそろ走る馬が出てきても…と思うがなかなかですね^^;父はキングカメハメハで母レクレドールの2017となるバーグアンノールを紹介したいと思います。 苦手な騎手:横山典弘ジョッキー 馬名... どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。 管理... 【エリザベス女王杯 2020】ラッキーライラックVSノームコアで決まる!?そして気になる穴馬は…. 2015 シンハラージャ 父オルフェーヴル → 14戦2勝. シンハライト(英:Sinhalite)は、日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。主な勝ち鞍は2016年の優駿牝馬(GI)、ローズステークス(GII)、チューリップ賞(GIII)。, 馬名は宝石名で、輝かしい成績をおさめられるようにと、母名より連想されたものである[4]。, 2015年7月、函館競馬場でのゲート試験に池添謙一騎乗で合格[5]。その縁が元で、同年10月10日京都競馬場で池添を背にデビュー。道中3・4番手に位置取り、直線で先頭に立つとそのまま押し切り1番人気に応えた[6]。, 年明け緒戦は1月17日の紅梅ステークス。直線で豪快な末脚を繰り出して快勝[7]。3月5日のチューリップ賞は最後の直線でジュエラーとの接戦となったがハナ差制してデビュー3連勝となった[8]。4月10日の桜花賞に2番人気で出走、直線早めに抜け出すもゴール前でジュエラーにかわされ2着に敗れる[9]。5月22日の優駿牝馬はジュエラーの骨折による回避もあり1番人気に推され、道中後方に構えて脚を溜め、直線で馬群を割って抜け出しGI初制覇を果たした[10][注釈 1]。, 4か月の休養を経て、ローズステークスに出走。このレースでは、桜花賞馬のジュエラーとの再対決に注目が集まった[12]。レースでは道中中団に位置し、最後の直線で末脚を炸裂させて差し切り、前哨戦をものにした[13]。その後、秋華賞に向けて調整されていたが、10月5日に左前浅屈腱炎が判明、9ヶ月以上の休養を要する見込みとなり、秋華賞への出走を断念した[14]。, 北海道安平町のノーザンファームで経過をみていたが、良化がみられず、11月16日、所属するキャロットクラブから引退が発表され[15]、翌11月17日付で競走馬登録を抹消された。引退後はノーザンファームで繁殖牝馬となる[3]。, 第3回 ルーネラ / 第4回 テツバンザイ / 第5回 ロツクステーツ / 第6回 クリフジ / 第7回 ミツマサ / 第8回 トキツカゼ / 第9回 ヤシマヒメ / 第10回 キングナイト, 第11回 コマミノル / 第12回 キヨフジ / 第13回 スウヰイスー / 第14回 ジツホマレ / 第15回 ヤマイチ / 第16回 ヒロイチ / 第17回 フエアマンナ / 第18回 ミスオンワード / 第19回 ミスマルサ / 第20回 オーカン, 第21回 スターロツチ / 第22回 チトセホープ / 第23回 オーハヤブサ / 第24回 アイテイオー / 第25回 カネケヤキ / 第26回 ベロナ / 第27回 ヒロヨシ / 第28回 ヤマピット / 第29回 ルピナス / 第30回 シャダイターキン, 第31回 ジュピック / 第32回 カネヒムロ / 第33回 タケフブキ / 第34回 ナスノチグサ / 第35回 トウコウエルザ / 第36回 テスコガビー / 第37回 テイタニヤ / 第38回 リニアクイン / 第39回 ファイブホープ / 第40回 アグネスレディー, 第41回 ケイキロク / 第42回 テンモン / 第43回 シャダイアイバー / 第44回 ダイナカール / 第45回 トウカイローマン / 第46回 ノアノハコブネ / 第47回 メジロラモーヌ / 第48回 マックスビューティ / 第49回 コスモドリーム / 第50回 ライトカラー, 第51回 エイシンサニー / 第52回 イソノルーブル / 第53回 アドラーブル / 第54回 ベガ / 第55回 チョウカイキャロル / 第56回 ダンスパートナー / 第57回 エアグルーヴ / 第58回 メジロドーベル / 第59回 エリモエクセル / 第60回 ウメノファイバー, 第61回 シルクプリマドンナ / 第62回 レディパステル / 第63回 スマイルトゥモロー / 第64回 スティルインラブ / 第65回 ダイワエルシエーロ / 第66回 シーザリオ / 第67回 カワカミプリンセス / 第68回 ローブデコルテ / 第69回 トールポピー / 第70回 ブエナビスタ, 第71回 アパパネ・サンテミリオン(同着) / 第72回 エリンコート / 第73回 ジェンティルドンナ / 第74回 メイショウマンボ / 第75回 ヌーヴォレコルト / 第76回 ミッキークイーン / 第77回 シンハライト / 第78回 ソウルスターリング / 第79回 アーモンドアイ / 第80回 ラヴズオンリーユー, http://poginfo.ddo.jp/pogs/horseData/show/2013105906, http://www.hochi.co.jp/horserace/20161116-OHT1T50106.html, Halo 18.75% S3×M4、Northern Dancer 6.25% S5×M5. ルペルカーリア(母シーザリオ) レガトゥス(母アドマイヤセプター) 新馬6着 ルメール セブンサミット(母シンハライト) ブエナベントゥーラ(母ブエナビスタ) 新馬2着 レーン ゾディアックサイン(母レネットグルーヴ) 新馬2着 ルメール ジェラルディーナ(母ジェンティルドンナ) ディヴィーナ(母ヴィルシーナ) クルーク(母クロノロジスト) カランドゥーラ(母ラストグルーヴ) 新馬2着 ルメール コスモス2着 ルメール 未勝利2着 ルメール ブルメンダール(母ブルーメンブラット) ストゥーティ(母リラヴァティ) 新馬1着 福永 ベルエポック(母アドマイヤテンバ) ユリシスブルー(母アナスタシアブルー) 新馬16着 松山, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 私の予想は、 前走は切れ負けをした感じだが勝ち馬には0.3秒差。 その中でも特に目立ったのがボウリングをはじめとする複合アミューズメント施設で知られるラウンドワンの社長・杉野公彦氏。, その杉野公彦オーナー、1歳せりで母ホットチャチャ(父:ダイワメジャー)を名刺代わりに1億7000万円で落札。, 次に叔母が2016年のオークス馬シンハライトという母シンハディーバ(父:ハーツクライ)を2億7000万円で購入。, さらに、伯母に2007年阪神JF、2008年オークスとGⅠ2勝のトールポピー、2011年の秋華賞勝ち馬アヴェンチュラがいる母エンジェルフォールの牡(父:ロードカナロア)を1億5000万円で競り落としました。, 1歳馬の中でダイワメジャーとハーツクライはいずれもその産駒最高額、ロードカナロアも二番目に高い購買価格で3頭とも「億超え」し、絶大なる存在感を示しました。, これをみて例年セレクトセールで猛攻を仕掛けるカリスマ馬主、「サトノ」の里見治氏が「初めて競りに来た人が高く買っていた。隣にいたらやめていおけって言うのに」と目を丸くしていたとか…, セレクトセール2019の浮世離れしたお話はこれくらいにして、2019年7月13日(土)、注目の新馬戦レポートです。, センスの高さはあるが、このレースだけでは奥の深さまでは計り知れず、次戦に注目したい。, なぜ1200㍍戦でのデビューなのかは少々疑問でランクインは次走を見てからにしたいが、非常に可能性を感じる一頭である。, 以上が【2019セレクトセール】ピッカピッカの馬主一年生♪ラウンドワン杉野公彦社長の野望【2019年7月13日新馬戦回顧】でした。, 北島のサブちゃんがキタサンブラック産駒を競り落としたり、ハマの番長・三浦大輔氏が落札したりと話題満載。, 空前の活況に吉田照哉氏も「オーナーにとってもこのせりで買うことが面白いということなのでは」とコメントされたそうです。, 世界のトップ騎手12人で争われるチーム対抗戦シャーガーC(8月10日=英アスコット)に藤田菜七子騎手(21=根本)が出場することが16日、アスコット競馬場のホームページで発表された。この対抗戦は英愛選抜、欧州選抜、世界選抜、女性選抜の各3人、計4チームで争われる。今年で20回目となる世界トップ騎手の共演。過去には武豊、戸崎、池添、福永、岩田、内田騎手などの日本人騎手が世界選抜として出場したが、女性選抜への選出は藤田騎手が初めてとなった。, 藤田菜七子さんが世界の選ばれし名手12人が腕を競うチーム対抗戦・シャーガーカップ(8月10日、英国、アスコット競馬場)のメンバーに選出されました。, 先月の「ウィメンズジョッキーワールドカップ」優勝の次は男性騎手を倒して真の世界一を目指します。, トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「芯の部分でしっかりして来るには時間がもっと必要かもしれませんが、今のところは順調に乗れており、夏もしくは秋口くらいのデビューを考えても良さそうな状況です。それなりには動けていますが、ビュッと来るまでではないので、少しでも磨きをかけていきたいですね」(天栄担当者), 本年の募集も第1次募集開始までに会員登録を済まされた既会員優先の抽選とさせていただきます。 ご入会いただくには、必ず1口以上の出資が必要となりますが、2018年度募集馬は全頭完売となっており、現在ご入会の手続きを受け賜わることができませんので、ご注意ください。8月上旬に新規入会者向けの1歳募集馬カタログ請求の申込フォームを開設 しますので、そちらより資料請求のうえ、ご入会をご検討くだされば幸いです。, ・7月中旬・・・7月度のご請求明細書に【募集予定馬リストと※第1次募集における出資者決定方法のご案内】を同封, ・8月中旬・・・8月度のご請求明細書に【募集確定馬リストと※第1次募集における出資者決定方法に関する再度のご案内】を同封, ※上記日程は現時点での予定であり、変更となる場合もございます。予めご了承ください。, キャロットクラブ一口馬主コミュニティの馬鹿騒ぎをレポートします!