日立 会社概要 2019-2020 (pdf形式、3.29mバイト) 株式会社日立製作所の会社概要(pdf版)です。 日立製作所の概要のほか、日立グループの事業領域ごとの取り組みや研究開発分野など、グローバルな日立の活動をご紹介します。

2016年10月に、三菱UFJフィナンシャル・グループが株式の23.01%を、三菱UFJリースが株式の4.20%(いずれも議決権所有割合)を、それぞれ日立製作所から取得した。これにより日立製作所の子会社ではなくなり、同社及び三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社となった。, 日立物流は、システム物流・国際物流の両分野において業績を伸ばしていた。海外の販売子会社は営業拠点を拡大しており、日立グループの売上高に占める海外部門の比率は毎年増加していた。 多様化するニーズに応える最新・最適なシステム. 関連項目:日立グループ、Category:日立グループ。, 「お客様との協創による社会イノベーション事業への貢献」を事業方針として、システムインテグレーション、情報処理機器および通信機器等の開発(製造からは撤退予定[28])を行う。, 情報機器は、IBM互換の大型汎用機(ハードはIBMが提供)、PCサーバ・Unixサーバや擬似ベクトル型[29]スーパーコンピューター(IBMと協業のSRシリーズ)、産業用パソコン、ディスクアレイ装置を手がける。特に、IoTと連携するクラウドコンピューティング関連事業を強化している。オフィス用パソコンは、HP社よりOEM提供のフローラシリーズが2017年に生産中止となった。, 通信機器は、富士通やNEC、沖電気工業とともに、いわゆる電電ファミリーの一角として、グループ企業を含めNTTグループに交換機などの通信機器を納入しているが、沖電気と共に中堅の地位にある。金融機関向けのATM製造は、2004年10月に日立オムロンターミナルソリューションズを設立し分社化された。, 日立ソリューションズ、日立システムズは、システムインテグレーターとして、情報システムの開発やアウトソーシングの受託を行う。売上高に占める比率は19%、7万6,534名の従業員を抱える。関連企業に日立国際電気など。, 発電機、変圧器や電力設備を製造するほか、国内における3つの原子炉製造メーカーの一つであり、GEから技術導入した沸騰水型原子炉を東芝と共に東京電力を始めとする電力各社に納入している。原子力関係者の間では「紳士(または殿様)の三菱重工」「商人(または侍)の東芝」に対して「野武士の日立」として、それぞれ企業としてビジネスにおける意欲や積極性などの社風を物語るもので、日立が最も積極的な事を表す[注 1]。原子力発電についてはGEとの事業統合(日立GEニュークリア・エナジーを設立)を行っている。, 蒸気タービンや大型ボイラーは、三菱重工業との合弁会社であった三菱日立パワーシステムズ(現在は三菱重工業の完全子会社の三菱パワー)に移管された。, 2012年に富士重工業(現SUBARU)から風力発電機事業を買収し、主に陸上に設置する出力2000kWと、洋上向けの5000kWの2種類の風力発電機を開発・生産しているが、すでに新規の受注活動を停止しており、契約済みの製品の生産が終わり次第、埠頭工場(茨城県日立市)での風力発電機の生産を止める見通しで、風力発電機の生産から撤退することになった。今後は子会社が提携する独メーカーの風力発電機の販売と、保守や運転支援などのサービス事業に軸足を移す[30]。, 2020年7月、スイスの大手電機メーカーABBのパワーグリッド部門を買収し日立ABBパワーグリッド社を設立。ABBのパワーグリッド事業が世界首位の規模であったことから、この買収により、日立の送配電事業は世界首位の規模となっている。, 主な製品・サービスとして産業・流通ソリューション、水ソリューションを扱う。子会社の日立インダストリアルプロダクツにて、産業用機器を扱っている。, 昇降機(エレベーターやエスカレーター:関連会社の日立ビルシステムを扱う。2014年に開発部署と海外市場を除き全面移管)2010年には茨城県ひたちなか市に世界一の高さ213.5メートルのエレベータ研究塔「G1TOWER」を建設。エレベーターの国内シェアは2位。なお、海外市場が日立本体に残されたため、日立本体も日本エレベーター協会の会員である。, 鉄道車両や、これに搭載される電気機器、送電設備、座席予約・発券システム、信号・中央指令等の運行管理システムまで、鉄道に関わるもの全てを作ることが出来る世界で唯一の会社とされる。山口県下松市の笠戸事業所では鉄道車両の生産を行っている(電気機関車は除く。茨城県ひたちなか市の水戸工場で製造していたが、現在は製造車両がない)。新幹線車両の受注もしている。, 「A-train」と呼ばれる、アルミニウム押し出し型材を摩擦攪拌接合(FSW)工法により溶接したダブルスキン構造の構体をもち、また構体と別に内装をモジュール化して製作する自立型内装構造をもつ規格型車両を実用化し、低コスト・短納期での生産を可能にしている。過去には普通鋼製やステンレス鋼製[注 2] の車両も手掛けていたが、現在はアルミニウム製車両のみに特化している。, 車両に搭載する機器類でも独自の物が多く、1940年代には多段式自動加速制御器の原点である「日立MMC制御」を開発した。1952年に笠戸工場で制作された高松琴平電鉄10000形は日本初のワンハンドルマスコンを採用した。その他、相模鉄道では日立製作所オリジナルのブレーキ装置として「電磁直通弁式電磁直通ブレーキ(通称:日立式電磁直通ブレーキ)」が採用されている。, また、跨座式モノレールのシステムであるアルヴェーグ式モノレールシステムをドイツから導入し、東京モノレールなどに納入している。, 1988年には、(株)フジテレビジョン(現・フジ・メディア・ホールディングス)・東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)との共同企画として日本国内を走行したオリエント急行(オリエント・エクスプレス '88)の客車「ワゴン・リ」の国内走行仕様への改造を行う実績を残している。, 2009年12月、日立が製造した395形電車(クラス395)が英国の高速鉄道(CTRL)にて運行を開始した。, 2010年6月22日、海外向け鉄道システム事業において、三菱重工と協業することで基本合意したと発表した。, JR全社が国鉄時代から導入している座席予約・発券システム「MARS(マルス)」は日立製作所の製品である。即ち、我々が日常みどりの窓口で受け取る切符の大半は、日立製作所のシステムで発券されている(一部沖電気製)。, 山口百恵が『いい日旅立ち』(国鉄のキャンペーンソングともなる)をリリースする際、日本旅行(国鉄の券売機システムを使用)と日立製作所(国鉄の車両を製造)がスポンサーになった。タイトルに「いい日旅立ち」「いい日旅立ち」とそれぞれの会社の名前が入っている。, 医療機器などのヘルスケア事業、家電などの生活・エコシステム事業、自動車部品などのオートモーティブ事業を扱う。, 2016年に製造部門以外を本体が継承した旧・日立ヘルスケア・マニュファクチャリングは、渋谷レントゲン製作所、大阪レントゲン製作所などの買収を通じて成長した総合メーカーで、キヤノンメディカルシステムズや島津製作所と競合する。日製産業が改称した日立ハイテクノロジーズは、販売・営業を扱う商社として機能しているだけでなく、自身も電子部品・半導体の製造装置を製造している。, 冷蔵庫、洗濯機などの白物家電や空調システム製品、LED照明、住宅用太陽光発電システムなどの環境ビジネス製品を扱う。, 2019年4月1日に冷蔵庫、洗濯機などの家電製品(白物家電)の製造・販売を手掛ける日立アプライアンスと美容系家電やシェーバーなどの販売を手掛ける日立コンシューマ・マーケティングが合併し、日立グローバルライフソリューションズが発足した。, なお、日立コンシューマ・マーケティングが取り扱っていたWoooブランドのテレビの国内販売は2018年9月をもって終了し、地域家電店日立チェーンストールではソニーの薄型テレビ「BRAVIA」が販売されている[32]。, ルームエアコンなどの空調機器は日立ジョンソンコントロールズ空調にて生産されている。, 2016年3月期現在、売上高に占める比率は6%、1万1,997名の従業員を抱える。, オートモーティブシステム分野では、歴史的な経緯(日産コンツェルン)において日産自動車と関係が深く、日産系の有力部品メーカーであるユニシアジェックスを子会社化した後、同社のオートモーティブグループへ統合したり(現在は、同グループ傘下のJECSとして再分社化)、従来から日立グループの企業であったトキコを、オートモーティブグループへ統合するなど、日産と組んで系列自動車部品メーカーの子会社化や事業統合を進めている。, 同社の自動車用電子制御技術は実績があり、スカイラインGT-Rの4WDシステムやアウディのクワトロシステム、マーチやティーダ、マツダ・デミオなどのe-4WDシステムなども、同社の製品である。, 日立ハイテクノロジーズ、日立建機、日立金属については、それぞれの項目を参照のこと。, コンサルティング事業の集約を行い、日立コンサルティングを設立した。日立グループ以外でも、IBMのPwCC買収(日本ではIBMビジネスコンサルティングサービス設立)、NECのアビームコンサルティング、富士通の富士通総研など、電機メーカーがコンサルティング事業を集約する動きが活発化している。, アビームコンサルティング、アクセンチュアに続いて日本国内3番目にSAP認定コンサルタントの資格保有者数が多い。[33], 日立製作所中央研究所は、東京都国分寺市にある。1942年小平浪平により創立。1970年代は、厳密に評価を数値化したため研究業績が落ちた。そのため現在ではポートフォリオ・メソッド(研究開発テーマの評価手法)を使っている。情報、エレクトロニクス、ライフサイエンスの3分野が柱である。主な業績としては、初の国産大型計算機(HITAC 5020 1964年)、世界初の個体撮像素子(1978年)、64キロビットDRAM(1980年)、電子線ホログラフィー技術、スーパーコンピュータ(HITAC S-810 1982年)、超伝導トランジスタ(1986年)、DNA高速解析技術(神原秀記ら、1993年)、垂直磁気記録方式(2000年)、指静脈認証技術(2000年 - )などの開発である。, 日立鉱山で使う電動機(電動モーター)の修理事業が同社の源流となったためか、モーターに於いては同業の東芝や三菱電機と肩を並べるブランドの一つとなっている。それ故に、同社の異名として「モートル(モーター)の日立」とも言われ、多くの技術者、電気店に異名が浸透していた。現在モーターは、日立インダストリアルプロダクツ、日立産機システムなど各子会社で生産されている。, 日立キャピタル、日立保険サービスを通じて、自社製品を利用したリース事業や、住宅ローン、自動車ローン、クレジットカード事業を営んでいた。売上高に占める比率は3%、4,685名の従業員を抱えていた。 398 Mhutee 6, Nongraweang District, Amphur Muang Nakhon Ratchasima 30000 Thailand, 175A Bencoolen Street #11-11/12 Burlington Square Singapore 189650, Kawasan Greenland International Industrial Center(GIIC), Blok CE No.01 Kota Deltamas, Desa Pasir Ranji.

Yulchon Bldg. 76220, Queretaro, Mexico, Avenida del Parque No.8, Parque Industrial Lerma, C.P. 19, Yewlewadi, Kondhwa Road, Pune - 411048 India, 12th Flr. 700/357 Moo 6, Don Hua Roh, Amphur Muang Chonburi, Chonburi 20000, Thailand. 日立オートモティブシステムズ株式会社(ひたちオートモティブシステムズ)は、東京都千代田区大手町に本社を置く、自動車部品メーカー。トキコを吸収合併した日立製作所の自動車部門(オートモティブシステムグループ)が分社し、日立製作所100%出資の株式会社として設立された。日立化成グループの日立化成オートモーティブプロダクツとは別会社。, Tecnopark IV, Lohstrasse 28, 85445 Schwaig-Oberding, Germany, Aspinall Way Middlebrook Business Park, Horwich Bolton BL6 6JH, UK, Room1809, The Headquarters Building, 168,Xizang Road(M), Shanghai, 200001, 日精 - 日立ビルシステム - 日立システムズ - 日立ドキュメントソリューションズ - 東京証券代行 - 日立建設設計 - 日立リアルエステートパートナーズ - 日立保険サービス - 日立グローバルライフソリューションズ - 日立産機 - 新明和工業 - 日立オートパーツ&サービス - 日立ソリューションズ - 日立ソリューションズ・クリエイト - 日立アーバンサポート - 日立国際電気 - ALSOK昇日セキュリティサービス - 日立パワーソリューションズ - 日京クリエイト - 日立ICS - 日立SC - 日立MP - 日立オートモティブシステムズ - ニッセイコム - 日立産機ドライブ・ソリューションズ - 日立プラントサービス - 日立フーズ&ロジスティクスシステムズ - 共和真空技術 - 日立プラントコンストラクション - 菅原 - 昱 - ヤシマキザイ - グローセル - 瑞穂 - 日立システムズネットワークス - 関東日立, 損保ジャパン - 損保ジャパンDC証券 - SOMPOクレジット - SOMPOシステムズ - SOMPOリスクマネジメント - SOMPOアセットマネジメント - SOMPOケア - SOMPOコーポレートサービス - SOMPOひまわり生命, 東京日産自動車販売 - 日産フィナンシャルサービス - 日産ネットHD - 日産クリエイティブサービス - 日産自動車販売 - 日産プリンス東京販売 - 日産カーレンタルソリューション - ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル, 丸運 - レイズネクスト - NTTデータCCS - JX不動産 - ENEOSキャリアサポート - ENEOSサンエナジー - ENEOS - JXオーシャン - 昭和日タン - JX石油開発 - JX金属 - タツタ電線 - 東邦チタニウム - JX金属商事 - JX金属探開 - NIPPO, ニチレイフーズ - ニチレイフレッシュ - ニチレイロジG - ニチレイバイオ - ニューハウジング, 日立化成エレクトロニクス - 日本ブレーキ - 日立バッテリー販売サービス - 日立化成テクノサービス - 三国商事, 日立キャピタルサービス - 日立キャピタルオートリース - 日立トリプルウィン - 日立キャピタル損保 - 日立キャピタルNBL, 日立ハイテクソリューションズ - 日立ハイテクフィールディング - 日立ハイテクネクサス, UDトラックス - りんかい日産建設 - ロジスネクストユニキャリア - ビルネット - 日本マリン - 工機ホールディングス - マクセル, 日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社ケーヒン、株式会社ショーワ及び日信工業株式会社の経営統合に関するお知らせ, 鈴鹿サーキット、シケインとSF最終戦の名称をリニューアル…今季WTCCはフルコースで, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日立オートモティブシステムズ&oldid=80143289, 2010年 - 阪神エレクトリック㈱(現:日立オートモティブシステムズ阪神)を完全子会社化, 2014年 - 旭化成ホームズの重量鉄骨3階建て住宅「へーベルハウスFREX』向けに制震オイルダンパーを納入。, 2016年 - 執行役員制度を導入。茨城県内の公道において自動走行システムの走行実証試験を実施。情報安全システム事業部を新設。日立オートモティブシステムズステアリング㈱と日立オートモティブシステムズ九州㈱を吸収合併。茨城県内の高速道において自動走行システムの走行実証試験を実施。茨城大学と日立オートモティブシステムズが「連携事業実施協定」を締結し、自動運転関連技術の共同研究を推進。, 2018年 - 2018年4月1日より、日立製作所 東原社長付のBrice Koch(ブリス・コッホ)が同社代表取締役兼社長執行役員&CEOに就任することが発表。, 2019年 - KPSキャピタル・パートナーズ、Chassis Brake International(CBI)を買収発表。CBI社は、自動車向け安全システム分野において、ブレーキ技術を生かした幅広い製品ポートフォリオを展開する世界を代表するサプライヤーの一社で、2018年12月期の売上収益は9億ユーロ超。本社をオランダのアイントホーフェンに置き、欧州、アジア、インド、米州などにおいて、11拠点におよぶ開発センターと営業支店に加え、世界に誇る最先端の工場を12拠点で展開しており、約5,500人の従業員を有している。, 10月30日 - 日立オートモーティブシステムズを存続会社とし、本田技研工業が株主の.

134 78148 VELIZY Cedex France, Prmyslová zóna Triangle, Velemyšleves-Minice 60,438 01 1atec, Czech Republic, 3 Argent Court, Southfields Business Park, Basildon, Essex SS15 6TH, UK, Eugen-Gerstenmaier-Str.

34500 Grand River Avenue, Farmington Hills, MI 48335 U.S.A. 955 Warwick Road, P.O.Box510 Harrodsburg, KY 40330 U.S.A. 6200 Gateway Drive, Cypress, CA 90630 U.S.A. 1259 Reamwood ave. sunnyvale, CA 94089 U.S.A. 320 Cramer Creek Ct, Dublin, OH 43017, U.S.A. 1000 Unisia Drive, Monroe, GA 30655 U.S.A. 301 Mayde Road, Berea Industrial Park, Berea, KY 40403 U.S.A. Calle Piedra No.200, Col. Jardines del Pedregal, delegacion Alvaro Obregon Mexico, D.F., C.P. 52000 Lerma, Estado de Mexico, Av. 2016年3月、SGホールディングス及び佐川急便と資本業務提携契約を締結。同年5月に親会社であった日立製作所がSGホールディングスに株式を譲渡し、両社の持分法適用関連会社となった。, 2012年3月期まで、ハードディスクドライブ(HDD)、液晶ディスプレイ、情報記録媒体、電池などの事業をコンポーネント・デバイスとして区分していたが、HDD事業・液晶ディスプレイ事業の売却により、2012年4月から当区分は廃止された。, IBMのHDD事業を買収した「日立グローバルストレージテクノロジーズ」は全世界的に高いシェアを有していたが、発足当初は営業赤字が続き、再建が急務となっていた。その後業績は持ち直したものの、2012年3月、同社をWestern Digitalに売却。社名もHGSTに変更された。, 液晶ディスプレイ事業は液晶テレビ向けの大型液晶から撤退し、日立ディスプレイズにより携帯電話やアミューズメントを中心とする中小型液晶に特化して製造を続けていた。しかし2012年4月、ソニー・東芝と中小型ディスプレイ事業を経営統合。産業革新機構が大株主となるジャパンディスプレイの傘下に入った(2013年4月に旧日立ディスプレイズはジャパンディスプレイに合併)。, プラズマディスプレイ事業については、富士通と共同出資した富士通日立プラズマディスプレイに移管しソニーや三洋電機へもパネルを供給していた。2005年2月、プラズマディスプレイの開発面において松下電器産業(現・パナソニック)と提携することを発表した。部品関連の共同開発や原材料の共同調達、並びに特許管理会社を松下と合弁で設立する計画であった。同社は2008年4月1日付で「日立プラズマディスプレイ」に商号変更してプラズマディスプレイパネルを生産していたが、2009年度からはプラズマパネルの生産から撤退し、日立は回路の生産とテレビセットの組み立てのみを行っていた。, またかつては半導体事業も行っていたが、三菱電機との合弁であるルネサス テクノロジに移管した。同社はシステムLSIに強みを持ち、2005年の売上高では全世界7位に位置した。なお、ルネサス テクノロジは2010年にNECエレクトロニクスと合併し、ルネサス エレクトロニクスとなった。, 2014年4月1日より生活・エコシステムに変更され当区分は廃止された。当区分に含まれていた日立エルジーデータストレージ、日立コンシューマエレクトロニクス、日立メディアエレクトロニクスは「その他(物流・サービス他)」に区分された。, 2014年3月まで子会社であった日立マクセル(現・マクセルホールディングス)は、カセットテープ、MD、DVD-Rなどの磁気ディスクや光ディスク記録媒体も手がけ、自社ブランドのみならずOEM販売も行っていたが、現在では光ディスクの自社生産からの撤退と生産委託をし「maxell」ブランドで販売のみ行っている。, 携帯電話はDDIセルラーグループにHP401、IDOにD317を供給して以来、KDDI/沖縄セルラー電話のauブランドのみに供給していた。開発・設計についてはカシオ計算機と合弁会社カシオ日立モバイルコミュニケーションズ(後にNECモバイルコミュニケーションズへの改称を経て親会社のNEC本体へ吸収された)を設立し、事業を移管した。統合後のソフトウェアの設計はカシオ製品を継承したが、製造・販売は日立製作所で行われていた(2009年夏モデルの「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」(HIY01)より日立コンシューマエレクトロニクスが製造・販売していたが、2010年夏モデルの「beskey」(HIY02)を以って完全撤退)。なお、国際電気(現・日立国際電気)はNTTドコモ向けに供給したことがある。, 片倉工業 - キヤノンマーケティングジャパン - クオラス - クボタ - クレディセゾン - クレハ - グランドニッコー東京 - 京浜急行電鉄 - KYB - 五洋建設, サッポロビール(注1) - JFEホールディングス(注3) - 昭和電工 - 住江織物 - 損害保険ジャパン(注3)(注4)(注5), 大気社 - 大成建設 - 大成有楽不動産 - 大成ユーレック - 大成建設ハウジング - 大成ロテック - 太平洋セメント(注1)(注3) - 大陽日酸 - 宝ホールディングス - 帝国繊維 - TPR - 鉄建建設 - 東亜建設工業 - 東京海上日動火災保険(注2) - 東京機械製作所 - 東京建物 - 東京建物不動産販売 - 東武鉄道 - 飛島建設, 西松建設 - 日油 - ニチレイ - 日産自動車 - 日清製粉グループ本社 - 日清紡ホールディングス - ニッタン - 日本水産 - 日本精工, パレスホテル(注4) - 日立製作所(注3)(注4) - ヒューリック - 芙蓉総合リース, 前川製作所 - 前田建設工業 - 松井建設 - 松田平田設計 - 丸紅 - みずほ銀行(注3)(注5) - みずほ証券(注3)(注5) - みずほ信託銀行 - みずほフィナンシャルグループ - 明治安田生命保険(注2), 安田倉庫 - ヤマダホームズ (注6) - ユーシーカード - 淀川製鋼所(注6), 芙蓉 - 富士銀行 - 安田財閥 - 浅野財閥 - 根津財閥 - 日産コンツェルン - 森コンツェルン - 大倉財閥 - フジサンケイグループ(フジ・メディア・ホールディングス) - みずほグループ, 日精 - 日立ビルシステム - 日立システムズ - 日立ドキュメントソリューションズ - 東京証券代行 - 日立建設設計 - 日立リアルエステートパートナーズ - 日立保険サービス - 日立グローバルライフソリューションズ - 日立産機 - 新明和工業 - 日立オートパーツ&サービス - 日立ソリューションズ - 日立ソリューションズ・クリエイト - 日立アーバンサポート - 日立国際電気 - ALSOK昇日セキュリティサービス - 日立パワーソリューションズ - 日京クリエイト - 日立ICS - 日立SC - 日立MP - 日立オートモティブシステムズ - ニッセイコム - 日立産機ドライブ・ソリューションズ - 日立プラントサービス - 日立フーズ&ロジスティクスシステムズ - 共和真空技術 - 日立プラントコンストラクション - 菅原 - 昱 - ヤシマキザイ - グローセル - 瑞穂 - 日立システムズネットワークス - 関東日立, 損保ジャパン - 損保ジャパンDC証券 - SOMPOクレジット - SOMPOシステムズ - SOMPOリスクマネジメント - SOMPOアセットマネジメント - SOMPOケア - SOMPOコーポレートサービス - SOMPOひまわり生命, 東京日産自動車販売 - 日産フィナンシャルサービス - 日産ネットHD - 日産クリエイティブサービス - 日産自動車販売 - 日産プリンス東京販売 - 日産カーレンタルソリューション - ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル, 丸運 - レイズネクスト - NTTデータCCS - JX不動産 - ENEOSキャリアサポート - ENEOSサンエナジー - ENEOS - JXオーシャン - 昭和日タン - JX石油開発 - JX金属 - タツタ電線 - 東邦チタニウム - JX金属商事 - JX金属探開 - NIPPO, ニチレイフーズ - ニチレイフレッシュ - ニチレイロジG - ニチレイバイオ - ニューハウジング, 日立化成エレクトロニクス - 日本ブレーキ - 日立バッテリー販売サービス - 日立化成テクノサービス - 三国商事, 日立キャピタルサービス - 日立キャピタルオートリース - 日立トリプルウィン - 日立キャピタル損保 - 日立キャピタルNBL, 日立ハイテクソリューションズ - 日立ハイテクフィールディング - 日立ハイテクネクサス, UDトラックス - りんかい日産建設 - ロジスネクストユニキャリア - ビルネット - 日本マリン - 工機ホールディングス - マクセル. Manufacturas 501, Ampliacion Parque Industrial Queretaro 3a Fase, Santa Rosa Jauregui, C.P.