特に目上の人や社外の人に「教えてほしい」と依頼をする場合は、より丁寧な表現でお願いをすることを心がけましょう。, 相手にお願いをするときに使用する丁寧な表現としては、尊敬語を使用するという方法があげられます。 ✓「お教えください」「教えていただけませんか」とすると丁寧  など, 「ご紹介に預かりました」の意味と社内・結婚式での使い方、「ご紹介頂きました」との違い, 「教えてください」は丁寧さに欠けるので社外宛メールはもちろん社内でも使用を避けるべし, 「知らせる」の英語は「inform 人 of」「let 人 know」「tell 人」など, 「teach」は「(学問など)を教える」、「advise」は「助言する、忠告する」, 「I would appreciate it if you could...」だとより丁寧, 「その通りでございます」の意味と使い方、敬語と類語、英語「exactly」の使い方, 「大丈夫です」の敬語への言い換えを意味ごとに解説!【例文付き】英語表現も紹介します, データを送らせていただきますので、お気づきになった点がありましたら、ご教授ください。, 先週はお休みをいただき申しわけございませんでした。来週からまた引き続きご教授ください。, 何かと至らぬ二人ではございますが、今後とも今までと変わらずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。. 「ご指導ご鞭撻」の意味は、目上の相手からの自分に対する教育や指導のことであり、それらを敬っていう表現になります。 「鞭撻」 「〜ませ」には深い意味はなく、表現を柔らかくするためにつけている言葉です。 記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ビジネス関係の仕事をされている方は、敬語表現を考えながら上司や相手方と話すことが必須となってきます。ここではビジネスにおける「教えてください」の敬語表現を詳しくご説明しています。「教えてください」の正しい敬語表現を理解し、ビジネスでの成功を目指しましょう。, 皆様もご存じの通り、ビジネスにおける言葉遣いというのはとても大切です。同じことを伝えようとしても、ほんの少しの言い方の違いで上司からの見られ方や信頼の程度、また時には契約がとれるかとれないかさえも大きく異なってきます。ここでは上司や契約先の方に対して頻繁に使う機会があるであろう、「教えてください」の正しい言い方について各分野別にご説明していきます。, ビジネスの世界では頻繁に契約先の人に対してビジネスメールを送る機会があります。そんなときに「教えてください」の誤った表現を使ったせいで相手方からの自分に対する評価が下がってしまい、後々の契約に問題が生じてしまった場合、後悔してもしきれません。いつもビジネスメールを送っている人はもちろんのこと、これまで送ったことがない人であってもビジネスメールの言葉遣いの知識は今後間違いなく必要となってくるので、ここでしっかりと正しいビジネスメールにおいての「教えてください」の表現を覚えておきましょう。, まず「教えてください」の丁寧な表現としてあなたはどのような言葉が思い浮かびますか?真っ先に思いつく「教えてください」の丁寧な表現としては、「教えていただけませんか」であったり、「お教えください」であったりが出てくることでしょう、しかし、このような表現は、比較的固い表現が適するビジネスメールにおいては適しません。では、どのような表現が良いのでしょうか?それは「ご指導ください」です。この表現はとても使いやすくわかりやすいという利点があり、だれでも大変使いやすい表現です。ただし、もっときっちりとしたかたい表現を使いたい人は「ご教授ください」といった表現を使うのが良いでしょう。しかし、この表現に似た表現に「ご教示ください」という表現があります。この使い分けに注意しなくてはなりません。, どちらも「教えてください」を丁寧にした表現ということには間違いないのですが、「ご教授ください」と「ご教示ください」を使う際には、やはり正しく使用するために2つの表現の違いを正しく理解しておく必要があります。, 「ご教授ください」という表現は、専門性の高いことについて教えてもらいたい際に使うことが適しています。そのため、契約の相手方に「教えてください」と言いたい場合にはどのような契約であるかにもよってきますが、相手方の方が専門的な知識を持っていることが多いと思われるので、この「ご教授ください」を使うことが適しています。, 一方で「ご教示ください」という表現は、一般的なことについて教えてもらいたい際に使うことが適しています。例えば会社の上司に教えてほしいことがある場合は、その教えてほしいことというのはその会社の者にとっては一般的なことである場合が多いと思われるので、この「ご教示ください」を使うことが多くの場合は適しています。, 次はビジネスメールではなく、実際に対面している場合の「教えてください」の正しい表現を社内、取引先、社外の三つの場面別にご説明していきます。ビジネスメールと、実際に対面しての「教えてください」の表現の大きな違いとしては、ビジネスメールは書き言葉であるためやや固い表現を使うことが適しているのに対して、対面している場合は話し言葉になるので比較的簡易的な表現を使うことが適しているという点があります。この点を踏まえた上で、対面している場合の「教えてください」の正しい表現を考えてみましょう。, まずご説明していくのは社内における「教えてください」の正しい表現方法です。社内で気を付けることとしては直属の上司に対しての「教えてください」なのか他の部署の上司に対しての「教えてください」なのかなどと自分との関係性を考慮した上で表現を選択する必要があるということです。まず、直属の上司など自分と深い関係性があり、信頼関係もそれなりに構築されているといった場合には「教えていただく」といったような比較的簡単な表現を使うことが最も適しているでしょう。関係性が深い上司に無理にかしこまった表現を使うと逆に違和感を与えてしまうことが考えられるからです。一方で、他の部署の上司のように関係性が希薄な場合には「お教えいただく」のようにより丁寧な表現を使ってもよいでしょう。, 次にご説明するのはビジネスにおいてもっとも重要な場面である、取引先での「教えてください」の正しい表現方法です。社内の上司とは大きく異なり、取引先ではお互いの関係性が希薄であることが多く、また少しの言葉遣いのミスがビジネスチャンスをなくしてしまうという最悪の事態につながってしまう可能性もあり決して失敗することはできません。そのため「教えてください」の表現方法としては、「ご指導ください」であったり、「ご教授、ご教示ください」であったりとかたい表現になってはしまいますが、できるだけ丁寧な表現を使うことが無難といえるでしょう。この際、前述した「ご教授」と「ご教示」の違いによる使い分けに十分注意して使いましょう。, 派遣で働いている皆さんは、今の時給に満足していますか?もう少し欲しいなと思いますか?実は、派遣で働いている人の中には時給交渉をして、時給アップに成功した人もいます。彼らは一体どうやって時給交渉をしたのでしょうか?今回は時給交渉を成功させるコツをご紹介します。, 面接が苦手という人は多く、緊張するものです。しかし就職を勝ち取るには避けて通れないのが面接です。そこで面接で使う一人称について語りましょう。一人称はあなたの第一印象を決定づける重要な意味を持ちますので、基本的なビジネスマナーを紹介しましょう。, 二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。, 就職活動や転職活動などを行っているときに必ず必要となる履歴書。しかし、どんな履歴書を用意すればいいか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は履歴書の紙質についてご紹介します。シチュエーションに合わせた紙質の履歴書を使用して、活動の参考にしてください。, 就職や転職をするとなれば自分を売り込むために自己PRを考える必要があります。不動産業界は人気も高いので入念に自己PRを練り上げる必要があります。今回は不動産業界の自己PRの作成のコツを例文を挙げながら新卒や未経験、転職などに分けてご紹介していきます。.