只見線 2020年夏 投稿日時: 2013年08月01日 22:29 | 固定リンク | コメント (0) 2013年08月02日. 仙山線 2011年冬 | トラックバック (0) //-->. 今回の運行は4日まで4日間連続の運行と同行した「Wさん」「KNさん」とも俯瞰好き。, 特に「Wさん」は、みんなが「俯瞰症」というほどの俯瞰好きなので、2日以降は追っかけよりも「俯瞰」を中心とした撮影計画となりました。, また、「KNさん」は島根県在住が長く、たびたび山口には来られている「山口線スペシャリスト」なので案内はすべて「KNさん」にお任せです。, 私は「それほど登らないだろう」と高を括ったのが大失敗。最初は平坦な道も最後は急坂を登ります。, カーボン三脚にすればよかったものを、何も考えないで7Kgもあるプロ4を持って行ったのでタイヘン!, 息を整えながら辺りを見回し、セッティング場所を考えます。そして、やぶ蚊と闘いながら本命を待ちました。, 「二反田撮影地」はかつては有名撮影地だったそうですが、左側に電柱が立ったためと追っかけがなかなか難しくなるので、撮影者はほとんど来なくなったようです。, 案の定駐車場には5台ほど車は停まっていたものの、この地に来る人はいませんでした。もう一つのポイントと線路際の土留めの所で撮影されているようです。, 通過時間まで1時間以上はあったので、キハ40の普通列車「タラコ」を撮って待ちます。, 山深い中、ドラフト音を響かせて「D51200・SLやまぐち号」は通過していきます。, 左側に通信線の電柱が並んでいますが、この場所から被る事はないので私は気になりません。, D51200「SLやまぐち号」Ⅰ二反田俯瞰 | cavacho☆彡“きゃばちょこ”です。. 山陰本線 2016年夏 山口線 2014年冬 山陰本線 2019年冬 山口線 C571 <山口号> 撮影地ガイド 1994年に「レイルマガジン」誌に投稿した文章に手を加えてWeb用に改訂したものです。 作例とMapion上での場所(A~U)にLinkを入れてあります。(情報がかなり古いので、木々の成長や周辺の状況が大きく変わっているところがあります。 山口線 2013年春 | トラックバック (0) 四国地方各線 2013年夏 二反田俯瞰 . 大糸線 2010年冬 山口線 2015年秋 米坂線 2009年春 | コメント (0) Overview: The most popular steam locomotive for photographers in Japan is STEAM LOCOMOTIVE YAMAGUCHI which runs Yamaguchi line. 磐越西線 2019年春 中国地方各線 2012年冬 米坂線 2009年冬 山陰本線 2018年春 山口線 2013年秋 山陰本線 2017年夏 大糸線 2008年夏 津和野を抜けて. 只見線 2009年春 All rights reserved. 四国地方各線 2012年秋 山陰本線 2017年秋 羽越本線 2019年冬 北部九州各線 2011年夏 旅行・地域 北部九州各線 2014年冬 前回の記事で詳細が記載できなかった大引越に久しぶりに行ってきました。田代の直線と同じく仁保病院跡付近まで車で行き、そのあと徒歩で移動します。線路際に以前はなかったポールが立てられており、これを避けて撮影できる収容人数はほんの数人に限られます。, ただし、このスペースに行く際は道に張り出した木の枝などで車体がこすられそうですので、ご注意ください。, 両手が空いていないと登るのが大変ですので、荷物はリュックなどにまとめておくのが良いです。, このときはあまり煙は出ませんでした。(そして、私以外誰もいないということはいつもこんな感じなのでしょう。), 徳佐駅近くの国道9号線沿いにセブンイレブンが、津和野市街地にローソンポプラがあります。, また、セブンイレブンの向かいにあるスーパーマルキュウでは、お惣菜、弁当、お酒などが一通り揃っています。(そして、ドリンク類はコンビニより安いです), 山口と島根の県境にある道の駅願成就温泉と、津和野町にある道の駅津和野温泉なごみの里に入浴施設があります。なごみの里は、JAF会員証を見せると入浴料金が二割ほど割引になります。, スーパーマルキュウのはす向かいにある、えんうん徳佐SSが、このあたりでは一番安そうです。ただし、ここは価格が税抜き表示なのでわかりにくいです。(店内にも税込表示はなく、燃料を入れてレシートを受け取っても税込みでいくらなのかは表示されていません), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 磐越西線 2019年秋 磐越西線 2008年夏 山口線 2012年春 只見線 2010年春 | コメント (0) 日記・コラム・つぶやき 会津鉄道 2020年秋 | トラックバック (0) 山口線 2019年春 磐越西線 2019年秋 北部九州各線 2015年秋 中国地方各線 2012年秋 水郡線 2020年秋 山口線 2016年冬 山口線 2014年春 会津鉄道 2011年冬 只見線 2011年冬 只見線 2011年春 米坂線 2009年冬 山陰本線 2014年春 | コメント (0) 只見線 2015年秋 中国地方各線 2018年春 北部九州各線 2016年春 山陰本線 2016年冬 中国地方各線 2013年秋 山陰本線 2018年夏 会津鉄道 2011年冬 | コメント (0) 只見線 2020年春 北部九州各線 2014年冬 | コメント (0) 北部九州各線 2018年春 | トラックバック (0) | トラックバック (0) 山陰本線 2011年夏 只見線 2019年夏 只見線 2010年秋 羽越本線 2020年冬 四国地方各線 2019年春 北部九州各線 2011年冬 磐越西線 2011年冬 北部九州各線 2015年冬 中国地方各線 2014年冬 中国地方各線 2014年夏 | トラックバック (0) 中国地方各線 2013年夏 米坂線 2008年冬 document.charset : document.characterSet) + '&url=' + document.location + '&service=0&r=' + Math.floor(Math.random()*99999999999); 只見線 2020年冬 北部九州各線 2018年秋 只見線 2009年冬 山口線 2017年夏 只見線 2010年秋 中国地方各線 2014年冬 磐越西線 2008年春 中国地方各線 2016年秋 只見線 2009年冬 Tweet, 田代直線が望める俯瞰ポイントから撮った一枚です。 ここも次回のやまぐち号撮影候補地の一つなのですが、最近視界が悪い状態がずっと続いいますので、さてどうしたものかと現在思案中です。^^; でも、光化学スモッグ注意報は発令されるは、PM2.5の注意報は発令されるは、本当に何とかならないものですかね。↓画像は仁保~篠目間の特急おきです。 やはりちょっと霞んでいるのが分かるでしょうか。◆ 撮影日 2016年5月28日◆ 撮影地 山口線仁保駅~篠目駅間→こちら, 投稿者 ゆるリラッ鉄ちゃん 時刻 22時25分 山口線 2016年春 | 固定リンク 只見線 2020年秋 追加撮影地 (19)仁保-篠目間(大引越) 混み具合 1 空いている 収容人数 1 少ない 方向 下り(津和野方面行き) 前回の記事で詳細が記載できなかった大引越に久しぶりに行ってきました。田代の直線と同じく仁保病院跡付近まで車で行き、そのあと徒歩で移動します。 磐越西線 2009年夏 山口線 2014年秋 北部九州各線 2014年春 その他の路線(信越・羽越・etc) 中国地方各線 2013年春 四国地方各線 2012年夏 磐越西線 2011年秋 磐越西線 2009年冬 只見線 2009年秋 北部九州各線 2013年夏 羽越本線 2020年秋 磐越西線 2010年冬 只見線 2008年秋 北部九州各線 2016年秋 四国地方各線 2014年冬 平成筑豊鉄道 2012年冬 大糸線 2010年夏 中国地方各線 2013年秋 中国地方各線 2013年冬 北部九州各線 2017年夏 北部九州各線 2017年冬 山口線 2012年夏 北部九州各線 2016年春 岡見貨物 2012年秋 山口線 2017年秋 Tweet, いすみ鉄道 2015年秋 山口線 2014年夏 仙山線 2010年秋 北部九州各線 2014年夏 | コメント (0) 山口線 2011年夏 只見線 2019年秋 山口線 2018年春 磐越西線 2010年春 山口線 2018年夏 趣味・グルメ・日記 大糸線 2008年秋 只見線 2019年春 羽越本線 2020年春 大糸線 2009年秋 米坂線 2010年秋 米坂線 2019年春 山陰本線 2015年秋 米坂線 2008年冬 山口線 2018年秋 中国地方各線 2017年秋 米坂線 2009年秋 米坂線 2008年夏 北部九州各線 2015年夏 山口線 2013年冬 山陰本線 2016年春 山口線 2018年夏 var fc2footerparam = 'charset=' + (document.charset ? 中国地方各線 2018年冬 山口線 2014年春 山陰本線 2015年冬 北部九州各線 2015年夏 山陰本線 2017年秋 旅行・地域 大糸線 2020年冬 地福駅から長門峡駅までは山口線の営業距離で11.6キロメートルである。 撮影しながら、また途中の迂回路を考えれば13、14キロメートルくらいは歩いた計算になるだろうか。 長門峡駅前の紅葉は見応えがあった。 (つづく) クリックをお願いします 北部九州各線 2012年秋 その他の路線 米坂線 2009年春 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 中国地方各線 2018年春 羽越本線 2020年冬 山口線 2016年秋 山陰本線 2014年春 山口線 2017年春 北部九州各線 2018年冬 只見線 2009年秋 山陰本線 2012年冬 山口線 2012年秋 | トラックバック (0) 北部九州各線 2017年秋 山口線 2019年冬 山口線 2018年冬 (線路端の景色) 線路に沿ってススキの穂があり、また民家の佇まいにも風情があって、うまく切り取れば雰囲気のある画になりそうだ。列車本位ではなく、SLの煙などと絡めても面白いだろう。この先は山すそに沿って線路が敷かれ、午前中しか撮影できそうにない。尤も、この日の曇り空では光線状態はあまり関係ないのだが。, (山口方面、津和野方面) 山すそから集落に出る場所にある踏切付近で撮影を試みた。踏切の渡川駅寄りのカーブは、外側が陽に当たる時間だ。曇り空だったので下り特急列車はインカーブから広角で狙うことにしてセッティングした。ところが、直前に陽射しが出てきたので、慌ててポジションを踏切近くに変えて構えることにした。結局、列車通過時には雲がかかって陽は当たらなかった。(後追いで撮影)〔 キハ187系 : 9010D「スーパーまつかぜ10号」 山口線 渡川-三谷 〕この後、上り普通列車を撮影してから十分ほどで渡川駅に到着した。(渡川駅)この先にはトンネルがあり、線路に沿って歩くのは難しくなる。長門峡の駅までは国道9号線があって距離は短いが、交通量が多く歩道の整備状況も分からないので、遠回りになるが交通量の少ない県道を歩くことにした。, (川沿いの県道) 正午近くになって、ようやく陽射しが出てきた。県道から国道に出ると、国道に沿った線路が見えた。, (大野第2踏切) 国道端は危険なので、踏切を渡って車のない線路脇を歩くことにした。長門峡駅近くの鉄橋は、「SLやまぐち号」の撮影ポイントとしてテレビなどでも紹介されている。SL運転のないこの日、数人がカメラを構えていたので意外に思った。どうやらSLが来るものと思っているようだ。, (長門峡の鉄橋) SLが走るのであれば、もっと多くの撮影者がいるはずであるし、念のために時刻表を確かめれば、やはり運転は前日までである。小さな男の子を連れた母親がいたので、「今日はSLは来ませんよ」と言うと、「皆さんは、どうやってSLの運転を知るのですか」と聞かれたので、時刻表やJRのホームページなどに出ていることを説明した。「今日は汽車は来ないんだって」とその母親は男の子に言って、帰っていった。〔 キハ47 102 + キハ47 1066 : 2541D 山口線 長門峡-渡川 〕穏やかな気候で、随分とリラックスした中で列車を待った。昼過ぎの下り列車を撮影し、長門峡の駅に向かった。駅近くの国道沿いの道の駅は、昼飯時で大盛況であった。景勝地長門峡の紅葉も見ごろとあって、駐車場には車が溢れている。地福駅から長門峡駅までは山口線の営業距離で11.6キロメートルである。撮影しながら、また途中の迂回路を考えれば13、14キロメートルくらいは歩いた計算になるだろうか。長門峡駅前の紅葉は見応えがあった。(つづく)クリックをお願いしますクリックをお願いします, 〔 キハ187系 : 9010D「スーパーまつかぜ10号」 山口線 渡川-三谷 〕, 〔 キハ47 102 + キハ47 1066 : 2541D 山口線 長門峡-渡川 〕, 【鉄道写真】秋の山口県撮影行(6)~山口線沿線を歩く(後編)〔三谷~渡川~長門峡〕~. 山口線 2016年秋 羽越本線 2019年春 米坂線 2020年秋 北上線 2010年秋 山陰本線 2012年夏 Tweet, 今更って言われるかも知れませんが、クリトレが走る前日に「SLナイト・・・(以下省略(笑))号」が走るようです。 運転される時刻も通常のやまぐち号とは異なるみたいですが、地福駅ではイルミネーションとのコラボを撮ることは出来るのでしょうか。(@_@;) しかし良く考えると、ナイト+クリトレで皆勤賞となると三連荘・・・多分体と気力が持たないと思います。(笑)↓画像はラストランとなった20日の仁保~篠目間の往路のSLやまぐち号です。 この日は着いた時には二反田や田代の駐車場は既に満杯状態。(T_T)/~~~ のんびり撮影出来るところは往路では誰も見向きもしないここだけでした。◆ 撮影日 2016年11月20日◆ 撮影地 山口線仁保駅~篠目駅間→こちら, 投稿者 ゆるリラッ鉄ちゃん 時刻 22時22分 山口線 2016年秋 | 固定リンク 米坂線 2008年夏 磐越西線 2008年春 山口線 2011年春 四国地方各線 2014年冬 この日は着いた時には二反田や田代の駐車場は既に満杯状態。(T_T)/~~~ のんびり撮影出来るところは往路では誰も見向きもしないここだけでした。 撮影日 2016年11月20日 撮影地 山口線仁保駅~篠目駅間→こちら. 米坂線 2010年春 Tweet, 「その11」と同じ場所のモミジです。 陽が当っていればこんな感じになると言った一枚ですが、SL通過時にはほぼ100パーセント日陰になると分かっていても、淡い期待を抱いてしまうのは何故なのでしょうね。(笑) ↓画像は船平山~津和野間の特急おきです。◆ 撮影日 2016年11月12日◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略, 投稿者 ゆるリラッ鉄ちゃん 時刻 22時56分 山口線 2016年秋 | 固定リンク 磐越西線 2011年秋 中国地方各線 2018年秋 磐越西線 2009年春 山陰本線 2016年夏 大糸線 2010年春 只見線 2008年夏 只見線 2010年冬 只見線 2011年秋 米坂線 2019年秋 山陰本線 2015年夏 四国地方各線 2013年秋 大糸線 2008年冬 「二反田撮影地」はかつては有名撮影地だったそうですが、左側に電柱が立ったためと追っかけがなかなか難しくなるので、撮影者はほとんど来なくなったようです。 案の定駐車場には5台ほど車は停まっていたものの、この地に来る人はいませんでした。 中国地方各線 2018年秋 大糸線 2009年夏 Tweet, 長門峡でのラストランの一枚です。 秋らしい風景と言えば線路際のススキぐらいですが、まぁ、この構図ではこんなものでしょうね。^^; ↓画像は長門峡~渡川間の往路のSLやまぐち号です。◆ 撮影日 2016年11月20日◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略, 投稿者 ゆるリラッ鉄ちゃん 時刻 21時18分 山口線 2016年秋 | 固定リンク 北部九州各線 2011年秋 会津鉄道 2011年秋 只見線 2009年夏 米坂線 2011年冬 北部九州各線 2012年冬 Tweet, やはり紅葉の進み具合は今一つでした。(T_T) 長門峡から山口市側は公園や道路際の街路樹を覗いてほぼ零、長門峡から北側は色付き始めと言ったところでしょうか。 これはあくまでも個人的な感想ですが、今日時点で紅葉が一番進んでいたのは山口線沿線では津和野から白井周辺だったような気がします。 ↓画像は津和野~船平山間の復路のSLやまぐち号です。◆ 撮影日 2016年11月12日◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略, 投稿者 ゆるリラッ鉄ちゃん 時刻 23時50分 山口線 2016年秋 | 固定リンク 南部九州各線 2011年秋 Tweet, 明日から週末まで所用のため東北の方へ出掛けて来ます。 最近になって向こうの気温をテレビなどで見ているのですが、どうも九州地方とは10度程度の差があるようです。 明日、明後日は最低気温が1~3度となっているし、温暖な気温に慣れてしまったこの体が果たして耐えられるかどうか・・・。^^; まぁ、数年前には何度も通ったところだから、多分大丈夫でしょう。(笑)↓画像は渡川~長門峡間の特急おきです。 ここでは逆光のススキ狙いでしたが、猫の目のような天気だと通過まで結構ハラハラしますよね。◆ 撮影日 2016年10月29日◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略, 投稿者 ゆるリラッ鉄ちゃん 時刻 21時28分 山口線 2016年秋 | 固定リンク 山口線 2017年春 山口線 2011年秋 北部九州各線 2011年秋 山口線 2015年冬 米坂線 2009年夏  | トラックバック (0) 中国地方各線 2015年秋 Tweet, いすみ鉄道 2015年秋 磐越西線 2010年夏 磐越西線 2020年秋 | トラックバック (0) 山口線 2014年冬 中国地方各線 2014年秋 山口線 2018年春 磐越西線 2009年春 山陰本線 2018年夏 磐越西線 2020年春 四国地方各線 2013年秋 B, ‚²‚¦‚à‚ñ‚Ì“S•”‰®‚Ö–ß‚é 北部九州各線 2018年春 北部九州各線 2017年冬 只見線 2019年夏 中国地方各線 2018年冬 磐越西線 2010年夏 会津鉄道 2020年春 大糸線 2009年秋 北部九州各線 2018年冬 北部九州各線 2016年夏 只見線 2008年夏 只見線 2015年秋 米坂線 2011年春 平成筑豊鉄道 2012年春 | コメント (0) 会津鉄道 2019年秋 山口線 2015年夏 米坂線 (在りし日) 山陰本線 2018年春 磐越西線 2019年春 南部九州各線 2011年夏