大内 義昭(おおうち よしあき、1960年3月14日 - 2015年5月22日)は、日本の男性歌手、作曲家。アイム・ヒアー所属。配偶者はnhkの番組で共演した元nhkアナウンサーで現在フリーの重松亜紀。 人物

「心に音をたずさえて~大内義昭の旅名人紀行~」音楽プロデューサーでシンガーソングライターの大内義昭が音楽と旅をテーマにした旅番組 / 「感動の舞台をそのままご家庭のテレビでご視聴いただける」をコンセプトにスタートした演劇専門番組「on broadway」 ‹µ‚Ì‚¤‚¿‚ɏI‚¦‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚µ‚½B‚²—ˆê‚¢‚½‚¾‚¢‚½ŠF‚³‚܁A‚Ü‚±‚Æ‚É‚ ‚肪‚Æ‚¤‚²‚´‚¢‚Ü‚µ‚½B. シンガーソングライターの大内義昭が音楽と旅をテーマに出身地の九州を中心に毎月様々な場所に伺いました。

(画像は大内義昭氏が代表取締役社長である、アイム・ヒアーの公式サイトより)アイム・ヒアー公式サイト音楽プロデューサーの大内義昭氏が、食道がんのため亡くなったという…。享年55歳という若さ。何と早すぎる死だろうか。「愛が生まれた日」で紅白出場、大内義昭さん死去(Yahoo! 2013年9月「毎秒100ギガビット通信光ファイバーケーブル実用化にめど」日刊工業新聞に掲載される。 2014年10月 100gbps edr aocをリリース。 2017年4月 「kt groupが 今 実現したいこと」展にpofカメラ … 北九州の夏フェスでは滅多にテレビに出演しない“シーナ&ザ・ロケッツ”さんにもご出演いただきました。, 〔放送期間〕 2008年7月~12月 小劇場のミュージカルから、話題のイケメンが出演する大劇場の舞台までお楽しみいただきました。, 〔放送期間〕 2007年5月~08年4月 〔放送チャンネル〕 iTSCOM TV CH Access C114ch 大内 義昭(おおうち よしあき、1960年3月14日 - 2015年5月22日)は、日本 の歌手、作曲家。アイム・ヒアー所属。妻はnhkの番組で共演した元nhkアナウンサーで現在フリーの重松亜紀。 人物 福岡県八幡市(現・北九州市八幡西区)出身。 * 株)大内義昭ミュージックアソシエイトは「北九州の企業人による小学校応援団」に参画いたします。 様々な内容のコンサートを、小学校へ出前授業としてお届けします。 〔放送チャンネル〕 iTSCOM TV CH Access C114ch, 2クール(6ヶ月)に渡ってお送りした『心に音をたずさえて ~大内義昭の旅名人紀行』の名場面をまとめた総集編。今回が最終回です。, 福岡県に位置する手作りの里、星野村から工芸品(手作り家具工房)や温泉、地ものを使ったおいしい食事をお届けします。, 九州への鉄道の表玄関でもあり、焼うどんや焼きカレーなどの発祥の地でもあり、ミュージシャン 大内義昭さんの故郷である北九州のルーツを探る旅をお届けします。. 〔パーソナリティ〕 大内義昭  重松亜紀, 「感動の舞台をそのままご家庭のテレビでご視聴いただける」をコンセプトにスタートした演劇専門番組。

〔放送時間〕  12:00~14:00 (毎日)

1994年には歌手デビューも果たし、大内義昭とのデュエットソング「愛が生まれた日」がミリオンセラーとなる大ヒット。年末恒例の第45回nhk紅白歌合戦にも初出場となった。 堀越中学校(廃校)→東京都立代々木高等学校(廃校)卒業。 エピソード 大内 義昭(おおうち よしあき、1960年3月14日 - 2015年5月22日)は、日本の男性歌手、作曲家。アイム・ヒアー所属。配偶者はNHKの番組で共演した元NHKアナウンサーで現在フリーの重松亜紀。, 福岡県八幡市(現・北九州市八幡西区)出身[1][2]。北九州市立引野中学校、八幡大学付属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)卒業。, 1980年代から、本格的な音楽活動を開始。自ら歌うほか、多くのミュージシャンに楽曲を提供。DU-PLEXというバンドのメンバーとなり、「サイキック・マジック」(G.I.オレンジのカヴァー)などをリリース。1994年の第45回NHK紅白歌合戦に、女優の藤谷美和子とのデュエットという形で初出場。曲目は『愛が生まれた日』。, その後帰郷し小倉に在住。地元に本拠を置いて活動を続けるとともに、「九州アーティスト学院」を開校して若手の育成にも乗り出す。, 1996年に開校した北九州市立あやめが丘小学校の校歌の作詞作曲を担当した[3][4]。, 地元のNHK北九州放送局との関係を強めており、同局の番組にも2年間レギュラーとして出演したほか、様々な番組のテーマ曲などを手掛けた。, NHKの番組で共演した元NHKアナウンサーの重松亜紀と2009年の4月に結婚。子供が2人いる。結婚式の際に大内義昭は重松亜紀へ「I LOVE YOU AKI」という自作曲を披露した。[5] 重松亜紀は大内義昭が校長を勤めていた上記の音楽学校でも講師として勤務していた。, 2014年に食道癌が見つかった後、治療しながら音楽活動を続けていたが、翌年2015年5月上旬に体調が急速に悪化。22日に入院していた北九州市八幡東区の病院で死去した。55歳没[6][7]。しのぶ会には北橋健治や引田香織をはじめ、ファンなど約200人が参列した[8][9]。, シングル発売日直前に阪神・淡路大震災が発生したため、この曲を聴いて神戸復興に取り組もうという内容のキャッチコピーがシングルのジャケットに記されている(初版シングルでは封にシールが貼られている)。, いっしょにハレピョン(2014年、NHK北九州のキャラクター“ハレピョン”のテーマソング), © 2007 - 2020 杭州阿里巴巴音乐科技有限公司 版权所有 阿里巴巴旗下公司.

〔放送時間〕  12:00~13:30 / 月~金