──該当座標は学園都市第七学区のほぼ中央点。 佐天「その、あれって学園都市で作られた魔術?みたいなモノなんですよね……?」 上条当麻は追われていたので建物と建物の間に身を隠して居たのだが そこは本来なら若者向けのデパートやレストランで賑わっている所だ 佐天「そのお陰っていったらアレかもしれないけど範囲指定の時止めで何とか激突の衝撃は免れたかぁ……」 御坂「──ん?」 光の中心点の僅か数十メートルに佐天涙子はいた。 翼は止まったが、いや止め切れなかったのだろう。 上条「それだ、そうすればわざと挑発するような言動とかに説明がつく!」 上条「!!(来た、待ってろヴェント……俺たちがお前の幻想をぶち殺してやる!!)」 佐天「まだヴェントには言い足りないことがあります。彼女の憎む科学なんて幻想と──」 佐天「んー、さっきの天使は当麻さんの知り合いなんですか?」 佐天「死にかけてた弟さんは、お姉ちゃんを助けてくださいって……、命がけで頼んだんでしょう……?」 乱雑に振るわれているハンマーを時を遅くして避けたのか、いつの間にか至近距離に彼女が居た。 上条「──もう、二度とだって?」 アックア「どの道ヴェントはもう天罰術式を使えん。昏睡した人々もそのうち目を覚ますであろう」 ヴェント「へぇ、あんなものに情が沸くんだ。とんだ博愛主義者よね、そこらの変態でもアレは受け付けないと思うケド?」 上条「どうやって風斬に学園都市が利用して天使に仕立て上げたのかは知らねぇ」 上条「俺はあの天使の所にいって決着を付けに行く、インデックスAIM拡散力場について分からなければ御坂に聞いてくれ」 ──だが 佐天「えっと、あたしじゃダメだと思うんですけど、御坂さんなら分かるんじゃないでしょうか」 しかし今は散々な状況だった。 ヴェント「おやおや、そろいも揃って大罪人同士、傷でも舐めあってたってところカシラ?」, 上条「……っ!!ヴェント!!風斬はやらせない!!」 ──そんな街の一角で、莫大な閃光が溢れる。 上条「──る、涙子ちゃん……?な、なにを……」 彼女の二つ名の一撃は路地の左右を削り轟音と閃光を撒き散らしながら黒服の元へ衝撃波を飛ばす。 ハンマーを佐天涙子に突いた。 【弟】【人形】……。 インデックス「ある感情を鍵にしてその感情を抱いたものに罰を与える。距離も場所も関係ない!って魔術だと思うんだよ!!」 アックア「嫌な世の中だ」 轟ッ!!という先ほど高校生くらいの女の人が居た地点から無数の翼のようなものが吹き荒れる。 佐天「────!」ピクッ ヴェント「もしかして、その後ろの冒涜の塊に救援を求めちゃったりしてる?だとしたら無駄よ、ソイツには意思なんか無いんだから」 佐天涙子の右手はヴェントのハンマーを掻い潜り、彼女に届いた。 佐天涙子が風斬氷華のコトを人形ではなく人間として扱うには訳があった。 上条「なんだって?」 御坂「はぁーあ、罰ゲーム、こんな事に使っちゃうなんてなぁ……」 lost butterfly, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=天気の子&oldid=80443131, この項目では、日本のアニメーション映画について説明しています。本作のサウンドトラックについては「, 「愛にできることはまだあるかい」 - エンディング(Movie edit もある). そういうとヴェントは上条当麻へハンマーを振り上げる。 ヴェント「──黙れ」 ──近づいてどうする?この右手で彼女を触ってしまったらそれで彼女は死んでしまう。 佐天「はぁ、こっそり……ですか?モロバレだと思うんですけど」 上条「そうか、御坂ッ──」 何らかの異能の力を持つことが多い登場人物のなか、超能力に憧れながらも何の力も持つことが出来なかった無能力者(レベル0)の少女。上条当麻と違い、正真正銘何の能力も無い。, 基本的に明るく友人想いで、初春飾利とは挨拶がわりにスカートをめくるほどの仲。しかし、初春や御坂美琴、白井黒子のような能力者に対し強いコンプレックスを抱く。, 原作漫画ではあくまで一脇役に過ぎなかったが、アニメではメインキャラに抜擢され、「無能力者」としての学園都市を描くのに一役買った。あと、水着回では中学1年生にも拘らず、おっぱいがけしからんことになっていた。しかし原作の漫画では実はそれほどでも無い。, その後は原作漫画でも着々と出番を増やしていき、モブ扱いだった原作禁書目録の方も新約にてようやく本文にも登場した。, 一時的に本来秘めたる能力を使えるようになったことがあり、その時は空力使い(エアロハンド)の能力で葉っぱを動かしていた。もちろん第四波動ではない。, またアニメの影響でバット使いとしての印象も強く、原作漫画でも逆輸入的に扱われている。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://yaruo.fandom.com/wiki/佐天涙子?oldid=96615. 分かるのは桁違いの速さという事だけだった。 佐天「──、そのお医者さんも初めから死なせたくなかったに決まっているでしょう……」 佐天「きゃ、きゃあああぁぁぁぁぁぁぁ!!」 『天気の子』(てんきのこ、英題:Weathering With You)は、新海誠監督による日本のアニメーション映画作品。2019年7月19日公開[6][7]。キャッチコピーは「これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」。, 前作『君の名は。』から3年ぶりとなる、新海の7作目の劇場用アニメーション映画。離島から東京に家出してきた少年、帆高と、“祈るだけで晴れにできる“力を持つ少女、陽菜が出会い、運命に翻弄されながらも自らの生き方を「選択」していくストーリー。, 翌年4月9日には予告編が公開[8]。完成したのは公開直前のため、試写会は一切行われなかった[9]。, 東宝配給作品史上最大級の359館448スクリーンの規模での公開となり、初日には午前0時に世界最速上映が行われ、午前9時に全劇場で一斉に初回が上映された[10]。, 9月14日には劇場パンフレットの第2弾が発売された[11]。9月27日から4D版(MX4D、4DX)が上映開始された[12]。, 2021年(令和3年)6月。神津島で暮らす高校1年生、森嶋 帆高(もりしま ほだか)は家出し、フェリー「さるびあ丸[13]」で東京にやって来た。ネットカフェで暮らすが、アルバイトにも就けないまま所持金ばかり減っていき、フェリーで知り合ったライターの須賀 圭介(すが けいすけ)の元を訪ねる。圭介は姪の夏美(なつみ)と2人で雑誌[注 2]に記事を寄稿する零細編集プロダクションを営んでいた。帆高は住み込み・食事付きの条件に惹かれ、そこで働き始める。, その夏の関東地方は、異常気象により長期間にわたって雨の日が続いており、その中、一時的な晴天を呼ぶ「100%の晴れ女」の都市伝説が流れていた。帆高はある事件[注 3]で天野 陽菜(あまの ひな)という少女と出会う。彼女こそが「晴れ女」であり、祈ることで短時間、局地的だが確実に雲の晴れ間を作る能力を持っていた。, 陽菜は小学生の弟、凪(なぎ)と暮らしており、2人が経済的に困っている様子をみた帆高は、晴れ女の能力で商売をすることを提案し、依頼用ウェブサイトを作成した。「晴れ女」のサービスは次第に評判を呼び、順調に仕事を増やして行った。しかし、神宮外苑花火大会[15]を晴れにする依頼の際、テレビに映ってしまい依頼が殺到したため、休業することにした。, 帆高には家族により捜索願が提出されていたことと、陽菜と出会った時の事件[注 3]での拳銃の発砲が警察に知られたことから、圭介のもとに刑事が捜査に訪れた。これを機に帆高は圭介から退職金を渡されて事務所を追い出されてしまった。それとほぼ同時に、子供2人だけの天野家に児童相談所が介入することが重なったため、互いが引き離されることを恐れた陽菜と凪とともに、帆高は3人で逃げ出した。, 逃避行中に異常気象が進み、夏でありながら雪が降っていた。3人はラブホテルに泊まり、インスタント食品やカラオケで一夜を過ごす[16]。一方で能力の代償としてなのか、陽菜の身体は薄く透明になり始めていた。そして「天気の巫女が人柱として犠牲になる」という伝承のとおり、夜が明ける前に陽菜の身体は消失してしまった[注 4]。, 翌朝、ホテルの部屋に警察が踏み込み、凪は児童相談所へ、帆高は警察署へと送られるが、2人ともそれぞれ脱走し、陽菜が「晴れ女」としての能力を得た代々木の廃ビルへ向かう。一方、東京は数か月ぶり[注 5]の晴れとなった。, 警察が追跡している中、夏美、圭介、凪の3人の助けで廃ビル屋上の神社にたどり着いた帆高が祈りながら鳥居をくぐると、彼の身体は遥か上空へとワープし、積乱雲の上に囚われていた陽菜を救い出すことに成功した。2人が神社の場所に戻されると同時に再び雨雲が東京を覆った。帆高は再逮捕された後、高校卒業までの期間の保護観察処分を受け、神津島に戻された。, 陽菜救出後に降り始めた雨は2年半の間、止むことなく続き、東京の荒川、江戸川下流域の広範囲が徐々に水没していった[注 6]。2024年(令和6年)の春、帆高は大学進学[注 7]を機に東京本土へと再び渡り、陽菜と再会を果たしたのだった[注 8]。, 前作『君の名は。』で、瀧と三葉が再会したのは2022年以降だが、本作で東京の連続降雨が始まったのは2021年の初夏からである。よって、前作の瀧と三葉が再会した場面で空が晴れていたことは本作の世界線とは矛盾する。なお、前作『君の名は。』にも前々作『言の葉の庭』のキャラクターが登場しているが、こちらでも2作品の設定が矛盾する形となっている。, なお、『君の名は。』の人物を登場させた理由として、新海は「個人的に、再会する前の瀧と三葉の姿を見てみたかったという気持ちもあります」と答えている[37]。, 『君の名は。』に引き続きRADWIMPSが音楽を担当しているが、ボーカルの野田洋次郎は前作以上にストーリー展開を決める話し合いにも参加しており、音楽監督としての職務も担っている[8][40]。 上条「だからお前にも分からない事もあるかもしれない。でも俺ならそっちのほうは手伝える俺達なら風斬を助けられる」 上条「(終わった、か……そうだインデックスのほうは──)」 普段の学園都市とは違い九割の人間が昏倒しているので道路に車といった照明といったものは乏しい。 ヴェント「あぁ?」 佐天「無理です、あたしだってヴェントを止めたい理由があります!」 ヴェント「ッ!!」 アックア「後方のアックア。ヴェントと同じく神の右席の一人である」 ヴェント「なっ……!?」 ヴェント「小さな子供の意見なんて、そこに価値なんてあるわけないじゃない!!」