リコール隠しで社会問題になったが、三菱は被害者遺族に謝罪していない。 (U-NEXTの無料トライアルについてもっと詳しく見る), 自分の会社を守るためなら、人の命を奪っても平気なら超許せない気持ち。 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. 通称『三菱自動車リコール隠し事件』 この事件こそ「空飛ぶタイヤ」のモデルです。 ※「空飛ぶタイヤ」の詳しいストーリーはコチラでチェックできます! 関連記事:「空飛ぶタイヤ」のあらすじとネタバレ!感動の結末とは? 三菱自動車リコール隠し事件とは? 前述のとおり、自動車メー� 昔はランエボの呼び名で親しまれた「ランサーエボリューション」がラリーを中心に車好きを沸かせていました。ホンダと張り合っていた時代もあります。そんな三菱自動車が、なぜ日本で売れない企業になってしまったのか。ここまで落ちてしまった原因はなんなのか。 三菱自動車の燃費不正問題といえば、まだ記憶に新しいと思います。三菱自動車は、軽自動車4車種で燃費を実際よりも良いと公表していたとし、不正があったことを公表しました。意図的に不正を働いていたのは、なんと25年も前からというのです。新入社員が訴 2018/4/3 U-NEXT(ユーネクスト)は無料トライアル期間でもポイントがもらえるお得な動画配信サービスです。見放題の動画数は他の有... 動画配信サービス(VOD)には2週間~1か月程度の無料お試し期間があります。当たり前なんですが、期間内に解約すればお金は一切かか... ※配信情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。. 今頃ドラマ版一気見した。, プライムビデオで視聴し、実話っぽかったので検索してみました。 やはり実話でしたか…。 三菱のリコール隠しを内部告発者がいた? 空飛ぶタイヤの実はを基にこの物語は、横浜の事故を起こしてしまった運送会社が利用するトラック の製造元の自動車が整備不良という名目で闇に葬ろうとした自動車会社の不正。 4月20日、燃費試験のデータについて、燃費を実際よりもよく見せるために社内で不正な操作があったことを発表した。走行試験で得た「走行抵抗値(走行時のタイヤなどの転がり抵抗や空気抵抗)」のうち、小さい数字を意図的に国土交通省に提出し、燃費や排ガスを計測していた。それにより、カタログ上の燃費が5~10%水増しされた。, 不正が明らかになったのは4車種。そのうち三菱自動車の「eKワゴン」と「eKスペース」はこれまで累計で15万7000台を販売。日産自動車に供給している「デイズ」と「デイズルークス」は46万8000台が該当する。いずれも両社の軽自動車のラインナップの主力で、2015年度の販売台数は三菱自動車の「eK」シリーズが4万3297台、日産の「デイズ」シリーズが14万413台となっている。, 該当車種について、既に水島製作所(岡山県倉敷市)での生産と販売をストップしている。日産の販売店でも20日から対象となる軽自動車の販売を停止しており、同社のホームページからも姿を消している。「デイズ」は2015年度の軽自動車の販売台数ランキングで3位に入る人気車種だが、日産は当面の間、販売できなくなる。, 三菱自動車は今回の数値の不正について、「第一性能実験部」が関与したとしている。どのレベルの担当者が関与していたかを調査している最中で、外部の有識者のみによる委員会を設置し、不正に至った経緯や全貌を解明していく。, 不正の発覚は、軽自動車事業で提携している日産自動車からの指摘がきっかけだった。日産が昨年11月、三菱自動車が開発した軽自動車の燃費を試験したところ、走行抵抗値が国交省に提出されていた数値と明らかな開きがあった。今年2月に両社で調査を始め、4月に不正が判明した。, あの社長を選ぶ経営体質では、同じことを繰り返すでしょうね。体質というやつはなかなか替えることが出来ない。大企業だから生き残るでしょうけど。直接の原因は技術力の無さ。各社多様で困難な要求を満たすためしのぎを削っている。エンジニアには相当な負荷がかかっているだろうけど、到達できなかったときギブアップするか嘘をつくか?嘘をつかせる体質は、変われない。, 度重なる確信犯的行為です。この様な事案は企業の存在自体に価値がないという事です。三菱自工は直ちに会社解散し、一切車は作らないと宣言すべきです。この会社が今日本からなくなっても他の自動車会社で十分日本の自動車産業は成り立ちます。トップ以下過去の失敗を繰り返した訳ですから。電気産業でも、三洋、シャープ、東芝と淘汰が進みました。自動車もこれを機に淘汰されるべきです。三菱に次はもうありません。, 社内や販社の人間も多くが裏切られたに違いないだろうが、それよりももっと大問題なのは、消費者を騙して購入させたということだ。車を購入するにあたり燃費という要素は大きい。これは犯罪ではないのですか?, 欠陥対策費用よりも賠償金を支払う方が安いとの判断で危険な車を販売した「フォード・ピント事件」を思い出した。不正を防ぐには多額の賠償金を課すなりしてメリットをつぶさないとだめだ。リコール隠しの件でまったく懲りていない。, 「忸怩たる思い」は誰に対する「思い」なのでしょう?三菱という看板にふんぞり返っているだけにしか見えない。経営者が他人事のように言う限りだめでしょう。問題の全容が見えた時点で辞任ですね。解決は別の人が担当すればいい。, 今回の件はリコール対象にはならない案件だ。本文中にもあるように人身に危害を及ぼさないし、排気ガスの有害物質の値が変わるわけでもない。にもかかわらずなぜ日産はこのことを三菱に公表させたのだろう。公表すれば日産も軽自動車が売れずに被害を被ることはわかっていただろうに。無論ユーザーにとってみれば公表されるべき事項ではあるが。何か裏があるような気がする。三菱をつぶす、もしくはどこかのメーカーが安く買い取るための手段ではないかと穿ってしまう。例えば中国政府の意向を汲んだ中国の自動車メーカーが買収するなど考えられないだろうか。今後を見守りたい。, 三菱は実際の燃費(試験値)に5%から10%下駄を履かせたそうだが、試験値より実燃費が悪い車は他にもたくさんあると思う。そこは良いのだろうか?, この会社は、底辺に流れる思想は殺人企業ともいえるのではないか。 以前から隠ぺい体質があったが、三菱グループが支援して生き延びてきている。私は、三菱グループの会社が防衛の名のもとに、兵器を製造しそれを海外に輸出していることに大きい不安を持っています。 戦前のように、軍国主義に戻りつつある中で、三菱グループの各社が透明性を維持せず、むしろ悪事を懲りずに行っている。 このことは、世界各国とりわけ中国や韓国から、日本は後ろ暗いことをする国だから信用できない と言いがかりをつけられる口実を与えることになるのに違いない。三菱自動車ような会社は日本に不要ではないか、トヨタや日産、ホンダ、マツダのような世界トップレベルの会社に迷惑が掛かっている。三菱グループの各社はどのように責任を取るのかを注視したい。, 大学校などに校風があるように、多くの企業にも社風があります。三菱グループは現場を重視してきた社風があるので本件については不思議な思いです。現場と経営者の中間に位置する管理部門が弛緩していたのでしょう。歴史ある大きな企業の中間職は、どうしても上層部の御機嫌を伺いながら上目遣いで泳がざるを得ないのではないでしょうか。, エコカー減税は買い替え促進の為の方策であり、その根拠は定置燃費という非実用的な指標です(役人さえだませば良い)。消費者は実用燃費はずっと悪いと知りながら(あの手のクルマは実用燃費12-15Km/Lぐらい)、エコカー減税の恩恵目的のみを受けようとしている、いわば構造的なものです。, 2年前、それまで4半世紀日産車(5台)を乗り継いできたのですが、HONDAのFit3(Hibrid)に乗り換えました。東日本大震災の後だったので、どうしても燃費の良い車にしたかったのですが、ずっと付き合ってきた日産車ディーラーの提案はEVと軽自動車でした。私はマンション住まいなので、自宅で充電できないEVは対象外で選択肢は軽自動車だけになったのですが、どうしても三菱が作った自動車は選択できず、HONDAへの乗り換えになった次第です。あの時ディーラーとのつながりを優先させていたら、モロに今回の対象車だったかと思うと・・・・・!(ディーラー個人とのお付き合いは今も続いています)その時のディーラーとのやり取りは下記です。 D : 軽はダメですか? 私 : 三菱のOEMでしょ、三菱が作った車は嫌だ! D : やっぱり、例のリコール隠しですか? 私 : そうだよ。あれだけのことをやった体質が簡単に変わる訳ないよ!, 三菱自動車は国内の同業他社と比べて不正が圧倒的に多い。世界で競争するには小さすぎるが、これといった特徴もない。これが結果的に背伸びをする姿勢として現れやすいのだと思う。マツダやスバルも会社は大きくないが、それぞれ特徴あるクルマ作りに徹している。嘗ては「四駆の三菱」と呼ばれた時代もあったが、今ではその四駆でさえ他社に比べて際立ったものはない。この会社が自動車産業で単独で生き残ること自体無謀とさえ言える。トヨタ、日産、ホンダの何れかに吸収合併してもらうのが一番だ。そして、過去に不正を行った部門は全廃するのが良い。それ以外組織を残す方法はないと思う。グループ企業による支援は薬にもならないですよ!, 東芝問題も含めて氷山の一角だと思います。こういう手段で経営目標を達成しても数代先の経営者に負の遺産を残していずれ破たんすると考えねばなりません。再発防止(自浄システム)の結論だけ書きます。1.自分だけ良ければいいと考える人を経営者にしてはならない。特にカリスマ性が強い人はそういう傾向がある。アルフレッド・スローンのような滅私奉公精神で謙虚で実行力がある人を選ぶこと。そういう人は社内外に必ずいるので彼らを発掘すること。ジム・コリンズ『ビジョナリー・カンパニー』を参考のこと。2.経営者は、社内に対しては性悪説に立って「経営目標の実現結果だけを確認する」マネジメントスタイルを「実現結果が得られたプロセス(どういう手段で実現したのか?)も併せて確認する」こと(プロセス管理)。3.社員は経営目標実現の見通しが立たないときは自分のふところで丸め込むのではなく、目標未達の要因は会社の仕組みにあるのだとの認識に立って正直に報告すること。4.経営者は現場の悪い情報は告発システムも含めて必ずトップまで上がるシステムを確立すること。5.経営者は科学的経営法を修得しておくこと(豊田章男氏のマネジメントにはバブソン大学で取得したMBAが生きている)。, 日々、生み出される膨大なニュース。その本質と意味するところは何か。編集部が選んだ注目のニュースを、その道のプロである執筆陣が…, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. ‚邽‚ߍ‘“yŒð’ʏȂɁu®”õ•s—Ç‚É‚æ‚é–€–Õ‚ª‹T—ô‚â”j’f‚ÌŒ´ˆöv‚Æ‹•‹U‚Ì•ñ‚ðs‚¤‚±‚Æ‚É‚È‚Á‚½B, ‚»‚ÌŒãAŽO•HŽ©“®ŽÔ‚Ì–ðˆõ‚â‹ZpŽÒ‚ÌŠ²•”‚Í‹Æ–±ã‰ßŽ¸’vŽ€ßA“¹˜H‰^‘—ŽÔ—¼–@ˆá”½A‘¹ŠQ”…ž¿‹‚ÌŒYŽ–‚Æ–¯Ž–‚Ì–@“IÓ”C‚ª–â‚í‚ꂽ‚±‚Æ‚È‚Ç‚ª”­Šo‚µAÓ”C’Ç‹y‚ª‚È‚³‚ê‚Ü‚µ‚½B. 今回の事例(三菱自動車リコール隠し事件)は,技術者が伝統ある企業組織で「技術者倫理」を実行することが困難となり,ざまざまな不祥事を起こした事件で,その内容,背景および教訓について解説し … “運送会社”の経営者様、ならびに従業員様の方々が御健康に過ごされ、何かの容で生活を立て直している事を切に願います。, アマゾンプライムで視聴しました。国が許可して販売しているのに、これが実話はあり得ないですね。政府叩きとしか思えませんでした。, かつて系列企業に勤めておりました。組織が大きければ大きいだけ風通しも、動きも悪いもの。これくらいのことは、大丈夫、隠してしまえばわからない。失敗作のあべのマスクと同義の事件です。, ボルトのサイズが合っていませんでした。