日本人歴代最強投手って誰なのでしょうか?やっぱり、ダルビッシュ有ですかね?それとも、田中将大でしょうか?いやいや、あのピッチャーの全盛期を知らないのか!と、熱心なプロ野球ファンから怒られてしまいそうですが・・・という事で今回は、様々な時代のあの人が最強じゃない? 1985年のヤクルトスワローズ(1985ねんのヤクルトスワローズ)では、1985年のヤクルトスワローズにおける動向をまとめる。, 1985年のヤクルトスワローズは、土橋正幸監督の2年目(途中就任の1984年を含む)のシーズンである。, 前年5位からの浮上を図るチームだったが、開幕から引き分けをはさみ5連敗、1つ勝った後また5連敗という有り様で早々と最下位が定位置となった。チーム打率・防御率ともにリーグ最下位、チーム盗塁数がリーグ盗塁王の高橋慶彦(広島)の73の半分にも届かない29という状況の中、自己ベストの成績を挙げた杉浦享と、捕手として球団初の3割打者となった八重樫幸雄の2人がベストナインに入り、優勝の阪神に次ぐ人数となった。また、ドラフト1位で明治大学から入団したルーキーの広沢克巳は打率2割5分ながら18本塁打を放つ活躍を見せ土橋監督の期待に応えた。シーズン終了後に初優勝時のバッテリーである松岡弘と大矢明彦が共に引退、ボビー・マルカーノも現役にピリオドを打つなど世代交代が進んだ。対戦成績では前年優勝の広島に11勝14敗1分と健闘し、5位中日に11勝11敗4分と互角で全球団負け越しだけは免れた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1985年のヤクルトスワローズ&oldid=78333388. 芸能人ブログ 人気ブログ. 1985年のヤクルトスワローズは、土橋正幸監督の2年目(途中就任の1984年を含む)のシーズンである。 ヤクルトファンの作家か芸能人かだったかな。実は僕もヤクルトと神宮球場が好きです。周りにもヤクルトファンは多い。, 挑戦者として王者西武に挑み、92、93年日本シリーズでの合計14戦に渡る死闘の末に西武黄金時代を終わらせた野村ヤクルトの姿は子供心にとてもカッコよく映ったものです。, しかし、この『最強チームを作ろう』はただ単に作ってそれぞれのファンが悦に入るって企画ですが、もし作ったチームでシーズンを戦って優勝を決めるルールならば開幕投手は西村龍次にしたい。西村には『開幕投手を務めたシーズンはチームが優勝する』というジンクスがあり、西村の5回の開幕投手中4回優勝、そのうち2回が日本一に輝いています。, 石戸四六(20勝14敗 119奪三振 防御率2.84)も先発ローテ候補です。スワローズでシーズン20勝以上を記録したのはカネやんと松岡と石戸だけ。無類の酒好きで試合後はステテコ姿で日本酒を飲んでいたらしい。体調を崩して29歳で引退し、肝硬変のため38歳で逝去。, 「史上最高のスライダーを投げた投手は?」の議論で必ず名前が挙がるのが伊藤智仁。何が凄いって伊藤が本領を発揮できたのはルーキーイヤーの前半3ヶ月だけってこと。新人ながら1試合16奪三振を記録するなど大暴れしたが、7月中旬に肘を痛めそのまま戦線離脱。その後も故障との戦いが続きました。しかしファンの眼には, その高速スライダーは鮮烈に焼き付いており、彼はたった3ヶ月で平成の伝説になったのです。2003年、現役最後の2軍戦登板でのストレートは109キロ。物語のラストとしてとても美しい1球でした。, 18勝9敗17S 72奪三振 防御率3.15)のチーム入りを考えましたが、それって先発の勝ちを消して打線が勝ち越して自分が勝利投手のパターンて事なのでそれはちょっとね(笑), 最速158キロの五十嵐と日本人左腕最速155キロの石井(弘)の『ロケットボーイズ』に、サイドスローで160キロの林という速球自慢トリオで終盤を抑え、最後は通算最多セーブ記録保持者の高津。, 93年日本シリーズ最終戦、西武球場で王者ライオンズを仕留めた高津のシンカーは、秋の夕焼けの鮮やかさも相まって球史に残る名シーンだと思います。, 巨人キラーな投手が多いですね。金田が対巨人戦通算65勝、松岡が34勝、川崎が29勝。同じ在京チームのライバル心でしょうか。そこに『月見草』野村克也監督が就任して、巨人と西武に対する挑戦者の意地と魂が球界を席巻したんでしょう。. ホーム ピグ アメブロ. 昔、誰かが言っていた。「東京生まれならヤクルトファンになるべきだ」ヤクルトファンの作家か芸能人かだったかな。実は僕もヤクルトと神宮球場が好きです。周りにもヤク… 球団別歴代最強チーム ヤクルト 投手編 | Purple Jelly. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 1985年のヤクルトスワローズ(1985ねんのヤクルトスワローズ)では、1985年のヤクルトスワローズにおける動向をまとめる。.