display: none !important; トヨタ「4ランナー」に2021年モデルが登場 トヨタ自動車の北米法人がSUV「4ランナー(Runner)」の2021年モデルを発表しました。 ハイラックスサーフ・ディーゼルの中古車に関する情報が満載。ハイラックスサーフ・ディーゼルの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。ハイラックスサーフ・ディーゼルの中古車が様々な条件で検索可能。 トヨタが、改良新型「ハイラックス」の登場を予告しました。デザイン面のフェイスリフトに加えて、エンジンが欧州市場でも2.8lディーゼルに変更。アロンソもテストに参加し、2020年にデビューします。 新型ハイラックス、マイナーチェンジ情報を紹介します。新型ハイラックスのマイナーチェンジは、2020年7月15日と予想されています。新型ハイラックスのデザインがリークされています。 新型トヨタ・ハイラックス・サーフは、トヨタ・ハイラックス・ピックアップトラックのsuv車化した車です。しっかりとした走行性能と強固な車体で海外の過酷な環境でも適用できる車です。海外では「4ランナー」として人気があります。悲しいことに日本では }. 新型ハイラックスとハイラックスサーフは13年という月日の流れがあり、まったく異なる車種になっています。特に全長は約50㎝も長くなっており、ハイラックスサーフのオーナーが見たらその大きさに驚 … トヨタ ハイラックスサーフの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。 塗りたい色がきっと見つかる!この記事では車のブラック系のボディカラーとカラーコードを写真付きでまとめています。オールペイント・全塗装時に参考になること間違... 事業用として使用されることの多い日産NV350キャラバン。DIYカスタムによって快適な車中泊が可能です。今回はキャラバンのキャンパーカスタムを紹介します!. 取・査定, "カーセンサーは安心"その理由, ハイラックスサーフ・ディーゼルの中古車. トヨタが、改良新型「ハイラックス」の登場を予告しました。デザイン面のフェイスリフトに加えて、エンジンが欧州市場でも2.8Lディーゼルに変更。アロンソもテストに参加し、2020年にデビューします。, トヨタは、ピックアップ・トラックの人気モデル「トヨタ・ハイラックス」の改良新型を、年内に初披露する見込みだ。, その登場を予告するコンテンツが今回発表され、F1ワールド・チャンピオン経験者で、ダカール・ラリーで完走も果たしたフェルナンド・アロンソが、悪路で走行試験をする様子が公開された。, 改良新型ハイラックスの試作車は、厚いカモフラージュが施されているものの、そのスタイリングは大きな変更を受けないことが、発表されたイメージから判断できる。, 具体的なスタイリング変更は、フロント・グリルが新しくなり、新型ヤリス、ハイランダー、RAV4と同じ方向性の新デザインに。, 最大の変更点は、これまで地域によって採用されていなかった2.8Lディーゼルの追加だ。現行型の2.4Lディーゼル・ユニット(150ps/40.8kg-m)と比較して、パワーアップと環境性能の向上を果たすことになるだろう。, 新たなパワートレインを支える新設計のサスペンションは、ジオメトリーが変更されている。主要なメカを刷新し、ワールドクラスのクオリティ、耐久性、信頼性というハイラックスの強みを、一層確かなものにすることが期待される。, 初出時にフェルナンド・アロンソ選手の記載に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。, 【ジャイアント・キラー】MG J4レーサー ブガッティやアルファに挑んだベビーK3 後編, 【シンプルなオープン2シーター】 TVR Sシリーズ 英国版クラシック・ガイド 泣き所はシャシー 後編, 【ジャイアント・キラー】MG J4レーサー ブガッティやアルファに挑んだベビーK3 前編, 【運転すればわかる良さ】BMW 4シリーズ 420d Mスポーツ・クーペへ試乗 マイルドHV 前編, 【新型マツダ6】新開発の直列6気筒エンジン採用か ガソリン/ディーゼルともに 欧州導入は不明, 【シンプルなオープン2シーター】 TVR Sシリーズ 英国版クラシック・ガイド 泣き所はシャシー 前編, 【ミュンヘンのオープン・スポーツ】BMW Z 全モデルを振り返る 30年以上の歴史, 【ハイテクの旗艦SUV】新型BMW iX 発表 510psの次世代EV 発売は2021年後半を予定, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 後編, 【詳細データテスト】アルピナB3ツーリング 圧倒的なパフォーマンス パフォーマンスカーでは異例の快適性 アルピナの最高傑作. 美しく整ったトランクはキャンプ上級者の証拠。実際に積載テトリスを行なっているユーザーの実例をレポートします。積載テトリスをマスターして、周囲から一目置かれ... オレンジ車両のオーナーによる、オレンジ車両のオーナーのための”オレンジMT”。会場では付近の紅葉に負けないたくさんのオレンジの車が駐車場を彩っていました。... 塗りたい色がきっと見つかる!この記事では車のオレンジ系のボディカラーとカラーコードを写真付きでまとめています。オールペイント・全塗装時に参考になること間違... ##4runner #4runners #4runneroffroad #4runnermafia. Sponsored Links (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2代目ハイラックスサーフ ワゴン 2.4DT SSR-X ワイド 4ドア (中期型), 2代目のトヨタ・ハイラックスサーフですね。2ドアから4ドアに変更。駆動方式は4WD。トランスミッションは4AT/5MT。排気量は3.0L。, この車は、トヨタ・ラウンドクルーザーとよく勘違いするんですよね。名前を見て、「ああ、これがハイラックスなんだ」と感心します。この2代目は、個人的によく見かけます。2代目からSUV車として肩書がついています。, 3代目のトヨタ・ハイラックスサーフですね。ガソリン2.7L+ 4AT、日本国内向けモデル初のFR車、「スポーツランナー」を追加。, 全体的なデザインとして2代目よりか若干、ラインが丸くなった気がします。ちょっとインパクトにかけるかなと思います。, 4代目のハイラックスサーフですね。排気量は3.4L/2.7L/3.0L/4.0L。直4気筒とディーゼルターボ(海外仕様)。駆動方式はFR・4WD。トランスミッションは、4AT-5AT。, 2009年、日本ではトヨタラウンドクルーザー・プラドに吸収されて形でハイラックスとサーフの歴史が幕を下ろしました。, 5代目のハイラックスサーフですね。5代目からトヨタハイラックスサーフは、日本市場から撤退し名前も完全消滅。海外専用SUV車となって名前も4ランナーとなりました。, 日本で売れ行きが悪かったのでしょうか。車を見てみますとかなり大きいことがわかります。ですから、日本の環境よりも海外の広い環境で思いっきり羽ばたいたほうがいいとトヨタが判断したんでしょうね。, 新型トヨタ・ハイラックスサーフの発売日が気になりますよね。実は、北米で名前を「4ランナー」として現在販売されています。, 4ランナーは2009年~発売ということで、時期的にはそろそろ新型フルモデルチェンジではないかとささやかれています。日本でも今空前のSUV車です。トヨタも手ごまがあったほうが、売り上げに繋がるかもと計算しているのではないでしょうか。, 4ランナー北米の新型フルモデルチェンジは、2017年3月のジュネーブショー、あるいは4月のニューヨークモーターショーでお披露目されるのではないかといわれています。, もし、日本での発売が決まればモーターショーの後の半年から1年先となります。2017年、8月かといわれていますが、本当にトヨタ・ハイラックスサーフが復活するかはわかりません。, 実はトヨタ・ラウンドクルーザー・プラドも新型が出るんではなかろうかといわれています。吸収された車です。2018年ごろだと言われていますので、本当にどうなるか。カテゴリーの棲み分けが決まってはいませんのであくまでも参考程度で考えておいた方がいいかもしれませんね。, 日野自動車とトヨタが共同で作ったトラックからきています。日野自動車といえば、トラックやバスを専門に開発・生産している会社でトヨタと提携しています。ダイハツと同様にトヨタの子会社となっています。, ですから、トヨタ・ハイラックス・サーフのプラットフォームは、日野自動車の技術が入っています。, トヨタでは、TNGA(Toyota New Global Architecture)があります。今回もし、新型トヨタ・ハイラックス・サーフを復活させるのであれば、このTNGAを元に作られるのではないでしょうか。いわばトラックTNGA版プラットフォームですね。, 要は日野自動車で培ったトラック技術でトヨタの小型SUV車を作るわけです。あくまでも推測ですが、トヨタの技術と日野自動車との合作で作られたサーフです。かなりいい形SUV車ができるのではないでしょうか。, *DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成, トヨタ・ハイラックス・サーフのエンジン表ですね。日本仕様のみです。ラウンドクルーザー・プラドと比較していますが、最終的には吸収されています。プラドもSUV車に人気のあやかって新型を出すという話が出ています。, もし、差別化をすれば、ハイブリッド搭載かターボ・海外用ではディーゼルとなる可能性があるかもしれません。同じエンジンを使っても馬力はでない、燃費は悪いとなると販売ができません。プラドとサーフのエンジンの棲み分けをどうするのかが勝負ですね。, トヨタ・ハイラックス・サーフのボディーサイズ表ですね。サーフの方が若干大きいことがわかります。新型フルモデルチェンジでは、この大きさはキープするのではないかと思います。大型SUV車です。, ただし、これ以上大きくしますと日本では走れなくなります。そこが日本仕様の厳しいところですね。海外仕様なら、土地柄もありますが、車体を大きく作れます。これに比べて日本は、道が狭い上土地も小さいです。だから日本仕様は販売を止めたんですね。それをあえて復活させようとするのですから、ボディーサイズが重要になってきます。, *NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド・D/t:ディーゼルターボ・EV:電気, トヨタ・ハイラックス・サーフの燃費表ですね。昔の燃費計測です。10モード/10・15モード燃費8.3~8.9km/Lです。, エンジンのところでもいいましたが、ハイブリッド搭載かターボ・海外用ではディーゼルとなる可能となった場合、かなり燃費(JC08モード・km/L)が向上すると思われます。, ハイブリッド搭載(特に日本仕様)なら、軽く10.0km/Lは越えるのではないでしょうか。もし新型トヨタ・ハイラックス・サーフを開発・生産するとなれば、新しい技術も必要です。, トヨタ・ハイラックス・サーフのボディー色です。けっこういろいろな色があります。過去の色使いで最新技術の塗装するのもいいですね。, 大型SUV車の部類に入りますから、汚れの目立たない色がいいのではないでしょうか。しかも、キズがつきにくい加工すればかなり色も気にしなくて買いやすくなるのではないかと推測します。ただし、これらの価格は高くなるでしょうね。, トヨタ・ハイラックス・サーフの内装です。昔、販売していた車の内装です。かなりシンプルなつくりとなっています。あくまでも機動性と丈夫さをモットーに作られた車です。飽きのないデザインとなっています。もし、新型フルモデルチェンジでのサーフ復活ともなれば、さらに高級感漂う内装となっていくかもしれませんね。, 出典 グーネット カタログ トヨタハイラックス サーフ SSR-X Vセレクション, トヨタ・ハイラックス・サーフの外装です。トヨタ・ラウンドクルーザー・プラドに似ている感じがあります。サーフの方が若干大きいので外観のシルエットは、都会的というよりもサバンナとかジャングルが似合いそうですね。今回の新型フルモデルチェンジでのサーフでは、これに都会的なデザインが施されるとけっこう日本仕様にはいいかと思います。, 出典 You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】, トヨタ・ハイラックス・サーフの安全性能ですね。基本的な装備だと言えます。もし、新型フルモデルチェンジでトヨタ・ハイラックス・サーフが復活することになれば、おそらくトヨタ・セ―フティセンスPを搭載するはずです。ラウンドクルーザーでも搭載していますから、これはありだと思いますね。, 2005年8月から発売された価格です。4代目ハイラックスサーフの後期型にあたります。トヨタ・セ―フティセンスPを搭載すれば、価格は10万円~20万円~高くなります。, 他にも日本独自の装備、例えば室内空気清浄機のような装置でもつけたら、また価格がぐんと上がります。, あくまでも推測ですが、装備は、メーカーオプションでいくらでもつけられます。あとは、購入予定者が、装備をどの場所で何をつけるかで金額は変動します。, 現行車のトヨタ・ランドクルーザー・プラドです。実は、ハイラックス・サーフはもともとトラックからSUV車へ変わりましたので、極端な話ライバルはいません。あえて、同じトヨタのランドクルーザー・プラドにしてみました。ライバルというよりも兄弟ですね。, プラドはランドクルーザーのコンパクトSUV車になり、サーフはハイラックス・ピックアップトラックを小型化してSUV車に作りかえています。とくにサーフはいったん生産が終了しています。今、空前のSUV車人気なのでてこ入れとしてブランド力のあるハイラックス・サーフをを復活させて、購入予定者の選択枠を増やすためだと思いますね。もちろんプラドより本格的なSUV車としてですが。, ( ˘ω˘ )大事に大切に長い間乗っていた愛車が天寿を全うされて廃車が決まりました。, 真冬の雪山や真夏の釣り場など色んな場所に連れて行ってくれて良い思い出を沢山有難うね。#ハイラックスサーフ pic.twitter.com/ZyAtIVldmN, ハイラックスとハイラックスサーフの新型出るらしいじゃん!?ハイラックスは名古屋港にめちゃおるけどサーフもでるの???8月でるらしいって噂だけどまじなら今の売ってリースで買いたい。(笑)てかこんな事みとったら寝れん(°_°), 日本では、空前のSUV車ブームです。それにあやかりたいのか、とうとう昔のハイラックス・サーフまでひっぱり出してきて、復活をさせようとしています。私としては、各社のSUV車がたくさんあっても魅力的な車でないと売れない気がします。, 今回のトヨタ・ハイラックス・サーフの復活のうわさも、どこまでが本当なのかもわかりません。ただ、SUV車の購入予定者には選択の余地が生まれるわけで、かなり値引き合戦となりそうです。, 特にトヨタ・ハイラックス・サーフのボディーサイズは、大きいです。駐車場のスペースや近所隣り、屋外立体駐車場へは入れるかを考えないといけません。, 魅力的なトヨタ・ハイラックス・サーフです。復活の際は、しっかりと使いこなして本格的なSUV車を楽しみましょう。. 新型トヨタ・ハイラックス・サーフは、トヨタ・ハイラックス・ピックアップトラックのSUV車化した車です。しっかりとした走行性能と強固な車体で海外の過酷な環境でも適用できる車です。海外では「4ランナー」として人気があります。, 悲しいことに日本では販売が終了していたのですが、昨今SUV車が人気がうなぎのぼりとなって、トヨタ・ハイラックス・サーフを復活させようという動きが出てきたようです。, では、新型トヨタ・ハイラックス・サーフの日本の発売日や特徴、価格や燃費や装備、ライバル車や評価など、今わかっている情報を元にお話ししたいと思います。, 初代のトヨタ・ハイラックスサーフですね。元々、トヨタ・4代目ハイラックスの派生車として生まれました。その後北米用トヨタ・タコマ(ハイラックスの北米仕様)に吸収されます。, このサーフは、日野自動車との共同開発による大型SUV車として「4Runner」(フォーランナー)と名づけて北米など世界に向けて販売した車です。1984年5月には、日本でも販売開始。同年11月にはディーゼルターボを追加。. 新型ランドクルーザー・プラドは、ランドクルーザーを一回り小さくした車です。今、日本では空前のSUV車が人気でランドクルーザー・プラドも例外で... 2009年、日本ではトヨタラウンドクルーザー・プラドに吸収されて形でハイラックスとサーフの歴史が幕を下ろしました, 4ランナー北米の新型フルモデルチェンジは、2017年3月のジュネーブショー、あるいは4月のニューヨークモーターショーでお披露目されるのではないかといわれています, 新型トヨタ・ハイラックス・サーフを復活させるのであれば、このTNGAを元に作られるのではないでしょうか, ハイブリッド搭載かターボ・海外用ではディーゼルとなる可能となった場合、かなり燃費(JC08モード・km/L)が向上すると思われます, プラドはランドクルーザーのコンパクトSUV車になり、サーフはハイラックス・ピックアップトラックを小型化してSUV車に作りかえています, You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】, 【新型スバルレヴォーグ&STIスポーツ】D型ビッグマイナーチェンジで燃費は?口コミや価格は?, デリカD-2新型(ミツビシ)ハイブリッド化で燃費や評判は?ソリオとの違いや比較は?, 【VWフォルクスワーゲン新型ティグアン・オールスペース】価格や特徴は?比較や違いは?, 【新型フォルクスワーゲン・ティグアン】フルモデルチェンジで価格や燃費は?ディーゼル車?, 【レクサスLC500/LC500hクーペ】超ハイブリッド搭載で価格や評判は?最高級車の特徴!, フレアワゴン新型(マツダ)2017マイナーチェンジで価格や燃費は?スペーシアとの違いは?, 【日産新型エルグランド】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日やライバル車比較?, パジェロミニ 新型2018年にフルモデルチェンジか?価格・燃費・性能・ライバル車の比較!. 2017年9月に13年ぶりに復活したピックアップトラックのハイラックスですが、かつて発売されていたハイラックスには、乗用モデルとして高い人気を誇ったSUVモデルのハイラックスサーフというモデルがありました。そこで、今でもカスタマイズのベース車として人気のあるハイラックスサーフはどんな車だったのか、歴代モデルをご紹介するとともに、新型ハイラックスとの比較をしてみたいと思います。, トヨタ 新型ハイラックス、内装も普通に良いし、結構売れてるみたいですね!! pic.twitter.com/FC2bxlLYHZ, 新型ハイラックスは、エクステリアは迫力と躍動感を表現したダブルキャブスタイルで、青色で統一した室内イルミネーションなどが、洗練さを演出。2.4Lディーゼルエンジンを搭載し、駆動方式はダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステムとなっています。低回転域でも高トルクを発揮する動力性能と優れた環境性能を実現し、走行燃費11.8km/Lを達成するなどそのサイズにかかわらずエコな面もあります。, >ピックアップトラックありきでSUV

そうそう、そもそもハイラックスサーフだって、ハイラックスにキャノピー付けただけ、みたいなもんだから(・∀・)
初代のハイラックスサーフは屋根が取り外し可能だったそうですよ( ̄ー ̄) pic.twitter.com/21sJ7mZI4U, 初代のハイラックスサーフは、ピックアップトラックのハイラックスにFRP製リムーバブルトップを装着、フロントキャブ屋根上にはチルト式のサンルーフが付く、多用途レジャー仕様でした。設定されたエンジンは、ガソリンが直列4気筒2.0L、ディーゼルは直列4気筒2.4Lの2種類からなり、のちにディーゼルターボが追加設定されています。SUVという呼び名がなかった時代ですが、このハイラックスサーフがその元祖といってもいいでしょう。, 先代の2ドアに加え、4ドアボディをラインナップし、先にフルモデルチェンジしたハイラックス4WDとインパネ、ドライブトレインなどを共有することとなりました。, 日本仕様では4WDのみの設定となり、エンジンは、当初5ナンバーのワゴンが従来型と同じガソリン2.0Lとディーゼルターボ2.4L、4ナンバーのバンはディーゼル2.8Lエンジンが搭載され、1990年にはV型6気筒3.0Lガソリンが追加されています。, デザインに大きな変化はなく、先代の良さを引き継ぎながら進化させ、積載性や運動性能に加え、SUVに求められる快適性も獲得しました。サスペンションにコイルスプリングが採用され、オンロードでの走行性能も向上。専用エアロパーツなどが装備された2WDモデルのスポーツランナーが設定されました。, 1983年から2009年まで発売されていたハイラックスサーフですが、国内最終モデルとなり、今でも多くの方が所有しているのが、2002年から2009年までの間に生産・販売された4代目モデルN210系です。, この4代目モデルは、エンジンは2.7L 直列4気筒ガソリンエンジン、3.4L V型6気筒ガソリン、3.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボが設定され、2005年7月のマイナーチェンジでは、V型6気筒4.0Lガソリンエンジンのみの仕様になった日本市場向けの最終モデルとなっています。, かつてはピックアップトラックであるハイラックスをベースとしていたサーフですが、最終モデルでは、海外専用モデルのタコマや日本でも発売されているFJクルーザー、そしてランドクルーザープラドとフレームの基本部分や、サスペンション、エンジンなど多くを共有しています。, 駆動方式はFRと、マルチモード4WDというセンターデフ付パートタイム4WDシステムを採用。センターデフには、トルセンL.S.D.を採用し、全モードの切り替えが可能な走行モード切り替えダイヤル式スイッチを設置しています。, CARTUNEからユーザーさんのハイラックスサーフをピックアップしてみました。SUVの中でも群をぬいてアグレシップな車種だけに、その特徴をいかに生かすかがポイントになっているようです。さすがに、外観ではエアロというより、ホイールやタイヤが主となり、サスペンションなどのカスタマイズが多いようです。, さすが、北海道だけあって、太いタイヤが似合います。カスタマイズもファッションだけではなく、機能性重視というところでしょうか。, サーフ2台持ちのユーザーさん登場。ボディリフトにシュノーケル!サーフのカスタマイズの見本みたいな出来栄えです。, 新型ハイラックスとハイラックスサーフは13年という月日の流れがあり、まったく異なる車種になっています。特に全長は約50㎝も長くなっており、ハイラックスサーフのオーナーが見たらその大きさに驚くでしょう。, しかし、ハイラックスの持つ頑丈で、どんな道でも走り抜けるパワフルなエンジンというイメージは損なわれておらず、次々とカスタムモデルが発表されています。また、ハイラックスサーフも3代目、4代目モデルであっても古さは感じられず、カスタマイズすることでさらに魅力的な車種に変身するはずです。, CARTUNE(カーチューン)は、自動車のカスタム・ドレスアップ・整備やDIY、パーツのレビューや口コミ・評判を共有しあう、クルマ好きが集まるコミュニティサービスです。. 新型トヨタ・ヴォクシーは、トヨタ・ノアと兄弟車となります。簡単に比較しますとヴォクシーは、ノアよりも少しおしゃれをした感じの車となります。ま... 日産の中で主力として人気なのがコンパクトカー日産ノートですね。価格も1.5Lクラスでは安くなっているので、手が届きやすい車です。 もと... 新型トヨタ・スぺイドは、小型のミニバンとして販売されています。いまいち人気がありません。2015年4月~2016年3月にかけての販売台数は、... スズキワゴンRの兄貴的な存在として、生まれてコンパクトカースズキソリオ。サイズと価格が売りでちょっと、軽自動車の扱いに近い車でありましたが、... スバルレヴォーグは、レガシィツーリングワゴンの後継車として生まれ2015年にはSTI スポーツ(Sport)最上級のグレードを販売しました。... アウディの中での高級セダンとして、君臨していますのがA8です。おもに、企業の社長さんや政治家クラスが乗る車ですね。品があって、流れるような車... スズキ・ハスラーは軽自動車にも関わらず、軽の規格で本格的なクロスオーバーSUV車として2014年1月から販売を開始。 おもにアウトドア... 新型ミツビシ・デリカD-2が2017年1月26日、グレードを追加発売しました。デリカD-2は、スズキ「ソリオ」のOEM車として作られた車です... マツダは、新技術の「SKYACTIV」を2012年に完成させて、それを搭載したのがクロスオーバーSUVのCX-5です。発売から爆発的な販売数... トヨタ・センチュリーといえば、社長や政治家さらには皇室御用達の車として君臨しています。大衆車とはかなりの差がありますが、まさに日本を代表する... 1  ×  9  =  .hide-if-no-js {