どんなタスクがあるか、どんな状態かを俯瞰して確認することができたかと思います。 弱点としては、時系列(タスクの順番など)はこのカンバン方式では管理することができません。 そういった場合は拡張機能や別ツールで対応するようにします。 デマリア・バリー氏が2011年に『Personal Kanban:Mapping Work | Navigating Life』を書いたことから始まります。, Personal Kanbanの基本である、タスクの見える化と優先順位づけは、古くからあるアイデアですが、この本は、システム全体の働きをわかりやすく解説し、タスクが多すぎる場合や、優先順位がうまくつけられないときの具体的な対策を教えています。, この2つのルールを基礎として、Personal Kanbanをいかに実装するかはあなた次第です。複雑なアプリやツールを使ってもいいし、シンプルな掲示板やポストイットやノートを使ってもいいでしょう。公式ツールや製品は特にありません。ベンソン氏とデマリア・ベリー氏は、始めるにあたっていくつかのアドバイスをしています。あなたもライフハッカーか、どこか他のサイトで目にしたことがあるかもしれません。, Personal Kanbanの始め方は簡単です。必要なのは、タスクを並べる「かんばんボード」だけ。ポイントはタスクをどう整理するか。まずは、かんばんボードに、シンプルに「未着手(To-do)」「作業中(Doing)」「完了(Done)」の3つのカラムを描けばOKです。, 「作業中」セクションには、現在進行中のタスクをすべて並べます。すぐに取りかかる予定のものもここに入れます。優先順位がつけられていれば、なお理想的。ぱっと見渡せば、次にどれをやればいいかすぐにわかります。また、まだ手をつけていないけれど、いつかはやらなければならないタスクは「未着手」セクションに並べます。, 「完了」セクションはわかりますよね? 完了分もボードに残しておいくことが大切です。どれだけ達成したかを見ることで、モチベーションと生産性が維持できます。, これがシンプルなやり方です。米LifehackerでもこれまでポストイットとホワイトボードでToDoタスクを管理するメリットをいろいろ紹介してきましたから、どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。, ホワイトボードはPersonal Kanbanにはぴったりです。カラムを描くのも簡単で、タスクもすぐに書き込んだり消したりできます。また、タスクをポスイットに書いてボードに貼ってもいいでしょう。, それならタスクを移動するのにわざわざ書き直す必要もありません。また、ポストイットはさまざまな色があって、優先度に合わせて使い分けられます。たとえば、黄色は中くらいの優先度で、紫は優先度低、赤は最重要のタスク、みたいな感じです。, そうすれば、ホワイトボードをひと目見るだけで、手持ちのタスクが全部でどれだけあって、最も重要なのはどのタスクかがわかります。時間ができたら、「未着手」のカラムからタスクを1つ選び、「作業中」に移動します。このやり方なら、タスクを詰め込みすぎかどうかを簡単に見極められます。, かんばんボードは重要なものですが、機能的にはタスクを見える化しているに過ぎません。, 2番目のルール、作業中のタスクを制限するのが重要です。タスクをひたすら貼っていけば、いずれ手に負えなくなって、見える化の意味がなくなります。また、ストレスや不安も増大するでしょう。ベンソン氏とデマリア・ベリー氏も、タスクを詰め込み過ぎないことが重要だと説いています。, 「作業中」セクションや、かんばんボード自体に貼るToDoタスクの数を厳格に制限してください。「未着手」のセクションからあふれたものは、バインダーに閉じるか、ポストイット・パッドにためておきましょう。そうすることで、かんばんシステムの秩序を保ち、有用性を維持できるのです。, Personal Kanban(Personal Lanban)の公式サイトに、詳しいTipsを教えるスライドショーが載っています。, 仕事場にホワイトボードを置くスペースがなくても、卓上ボードやコルクボードもかんばんボードとして使えます。他にもさまざまな代用品が考えられます。ウェブやダウンロードアプリを使いたければ、以下がお勧めです。, Trelloの視覚的なデザイン、カラム重視の整理方法、ToDoタスクをカードとして扱うなどの特徴は、Personal Kanbanに完璧にフィットします。あなたがやるべきことは、カラムを定義して、ToDoタスクを追加するだけ。ToDoタスクには、締切日、メモ、リマインダー、優先度を示すマーク、画像なども付加できます。, その他の特徴はおなじみのものばかり。ToDoタスクにメモやリマインダーを追加したり、優先度にしたがって視覚的に整理したり、作業中のタスク数を制限したり、必要なら、他者と共同作業も可能です。また、ポモドーロタイマーもついていて、集中力を高めるのに一役買ってくれます。, 後ほど紹介しますが、かんばん方式(およびKanbanFlow)のすばらしい点は、他の生産性システムとうまく統合できることです。さらに、KanbanFlowのサイトはスマートフォンやタブレットからもきれいに見れて、専用アプリは不要です。, そこで『Kanbanote』の出番です。KanbanoteはEvernoteのノートを視覚的なアイテムに変えてしまいます。もちろん、未着手、作業中、完了の3つのカラムも使えます。Androidアプリもあるので外出先でも利用できます。, もちろん、必ずしもアプリを使う必要はありません。デジタル好きはそれでも構いませんが、アナログなやり方が好みなら、スケッチブックやポストイットでかんばんシステムを作ればOKです。紙と鉛筆だってかまいません。, また、かんばん専用の黒板やホワイトボードも販売されており、必要な物が最初からそろっていて、机の上でも使えるサイズです。かんばんボードは大きくないといけないという決まりはありません。また、ポストイットを使えというルールもありません。自分のワークフローに合ったやり方を見つけてください。, Personal Kanbanはシンプルかつ柔軟なシステムです。壁の一部を使ってもいいし、アプリをダウンロードしたり、ノートに走り書きしてもOK。このシンプルさと柔軟性が、長期的な運用を容易にしてくれます。自分にあった方法を選んでください。ポイントは、あなたのワークフローを壊すのではなく、補強してくれるやり方を見つけることです。, また、ツールに使われるのではなく、ツールを使いこなすことが大切。オフィスのホワイトボードを使えば、振り返るだけで、次にやるべきToDoタスクがわかって便利です。移動が多い人は、TrelloやKanbanFlowを利用しましょう。そうすればホワイトボードを持ち歩く必要もなくなります。, 先ほど少し触れましたが、Personal Kanbanのもうひとつの素晴らしさは、他の生産性テクニックとうまく連携することです。あなたがGTDやポモドーロのファンだとしても、Personal Kanbanを諦める必要はありません。ToDoリストを使うどんなシステムも、Personal Kanbanの利益を享受できるのです。いま使っているメソッドを手放す必要はありません。少しリミックスを加えるだけです。, たとえば最近、ライフハッカー[日本版]でも、クリス・S・ペン氏の「付箋とマスキングテープを使ったToDoボード」を紹介しました。このやり方はアイゼンハワー元大統領の意思決定マトリックスを元にしています。, ペン氏はマトリックスを使っていますが、Personal Kanbanとの統合も簡単にできます。マトリックスを「作業中」セクションに流用して、左右に「未着手」と「完了」セクションを追加すればOK。あなたが今使っているToDoリストを調べて、どうすれば統合できるか考えてみましょう。, 守るべきポイントは、現在取り組んでいるタスクを「作業中」に、やらなければいけないがまだ手をつけていないタスクを「未着手」に配置することだけ。あとは、完了したタスクをはがしてしまわないで「完了」に移動すれば完璧です。とってもシンプルです。, この記事を参考にすれば、Personal Kanbanを始められるはずです。とはいえ、まだほんの基礎を触った程度に過ぎません。たとえば、このメソッドは個人のToDo管理だけでなく、チームのマネジメントにも効果を発揮し、準備も簡単です。もちろん、ベンソン氏とデマリア・ベリー氏の本『Personal Kanban: Mapping Work / Navigating Life』は必携ですが、さらに学びたければ、他にも参考となる資料は見つかります。, Personal Kanbanは、一種の生産性理論みたいに聞こえるかもしれませんが、コアな原則は非常にシンプルです。つまり、「常にタスクを見える化しておく」ということ。それと、「同時に多くのことをやり過ぎない」こと。それだけ守れば、あとは自分のワークフローに合わせて好きなように調整してください。. Copyright © var iNavInt_curYear = new Date().getUTCFullYear(); document.write(iNavInt_curYear); 起業ログ All Rights Reserved. タスク管理をしたいのはチームだけとは限りません。忙しく複数のプロジェクトを掛け持ちしているような方は、横断的にタスクを管理することが効率アップのポイントです。 > 生産管理を合理的に行うことができるカンバン方式は、タスクやプロジェクトの進捗を把握するのにも有効です。最近ではカンバン方式を取り入れたタスク管理ツール、プロジェクト管理ツールも多くみられます。今回はそんなカンバン方式を採用したツールを5つ、紹介します。 タスクの表示方法を「リスト」「ボード」「テーブル」の3種類から選ぶことができ、「ボード」表示がいわゆるカンバン方式です。, 特徴としては、タスクを「プロジェクト」と「フォルダ」という2種類の概念で管理することができることが挙げられます。それに加えて、エディタが充実しているため、表現の自由度が高いのも特徴です。, 有料プランでは、タスクの作業時間を計測・集計できるタイムトラッキング機能や、タスクを時系列で管理できるガントチャート機能をつかうことができるので、興味のある方は全ての機能が無料になっている14日間の試用期間を利用してみると良いでしょう。, 13万人が利用しているタスク管理ツールです。ボード2つ、ユーザー2名まで無料で使うことができます。, iOS・Android対応のスマホ用のアプリがあり、Windows・Mac OSにも対応しているため、パソコン、スマホ、 タブレット、どのデバイスからも接続可能です。, カードを色分けしてタスクの種類ごとにカテゴライズすることもできます。そのほか、サブタスクの設定やチェックリストの作成ができます。 タスクごとにタグや期限を設定することができるため「いつまでに、誰が、何をする」をチーム内で確認するのに役立つツールです。 タスクを上手に管理することは、効率アップへの第一歩です。とはいえ、「タスクをメモにリストアップしているが、雑多になりがちであまり役に立っていない」「タスクを管理しようとアプリを導入したが、使い勝手が悪く結局使っていない」という人も多いのではないでしょうか。, この記事では、使いやすく人気のあるタスク管理ツールを、チーム向け・個人向けそれぞれに分けてご紹介いたします。, タスク管理ツールとは、「やること」をひとつひとつの細かいタスクに分解し、それぞれの進捗状況や担当者、期日などをまとめて管理するものです。ツールによっては「ToDo管理ツール」などと呼ばれることもあります。, 手書きのメモやふせんなどでは、リアルタイムにチームで進捗を共有するということは難しいものです。また、個人のタスク管理として使用する場合でも、手帳やメモを忘れたり無くしたりしてしまうと取り返しがつきません。デジタルデバイスでのタスク管理には、こういった問題点の解決だけでなく以下のようなさまざまなメリットがあります。, この他にもリマインダー機能やガントチャート化機能などが搭載されているタスク管理ツールも多く、もはや仕事の効率化のためには欠かせないものとなっています。チーム内の情報共有や工数管理をもっとスムーズに行いたいと考えている方は、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。, いざタスク管理ツールを導入しようと考えても、数多く存在するツールの中からどれを選べば良いのか迷ってしまう方もいるでしょう。, 大切なのは、自分やチームのスタイルに合ったツールを選ぶこと。ここでは、タスク管理ツールを選ぶ際に注目すべき3つのポイントをお伝えします。, タスク管理ツールは仕事をスムーズにするもの。使いにくく、操作に時間が取られてしまうようなツールでは本末転倒です。, 使用メンバーがどの程度デジタルツールに慣れているのか、どの程度まで細かくタスクを管理したいのかなどをよく検討しましょう。また、「PCからだと使いやすいのに、スマホからは使いにくい」といったこともありますので、さまざまなデバイスからの使い勝手を確認してみるのも良いでしょう。, 個人で使うのか、チームで使うのか、チームの場合でも少人数なのか大人数なのかによって選ぶべきツールは変わってきます。個人で使う場合にはシンプルな機能のものの方が使いやすい傾向にありますし、逆に大人数の場合には細かく作り込めるツールの方が効率的な場合があります。, タスク管理ツールを選ぶ時には、どのくらいの規模で使用するのかの目安を事前に考えておきましょう。, 「せっかく導入したのに、使ってみたらやりたいことができなかった…」という残念な事態は避けたいものです。基本的な機能は一通り備えているタスク管理ツールがほとんどですが、後悔しないためにも「必要な機能があるかどうか」を確認しておくことは大切です。, 複数のデバイスからのアクセスが可能かどうか、ツール上でコミュニケーションが取れるかどうかなどはツールによって異なる点は要チェックポイントです。, この段落では、チーム向けタスク管理ツールのおすすめ7選をご紹介します。それぞれ特色のあるツールばかりですので、ぜひチームにぴったりのツールを見つけましょう。, チームで作業をする時、ついつい時間を取られがちなレビューやコミュニケーションの手間を最小限に抑えられることが特徴の「TeamHack」。, 他にチャットツールを使わなくても良いよう、タスクごとのチャット機能のほか、ワンクリックでレビューや確認ができる便利な機能を備えています。また、ツリー型のタスク管理で、全体の把握が簡単なのもポイントです。, 「Trello」は、全体のフローの中での進捗が把握しやすいことで評判の「カンバン方式」を採用しているツールです。, 「ToDo」「進行中」「確認中」などのボードを用意し、そこに貼り付けた付せんを順番に移動させていくようなイメージで、デジタルツールに不慣れな人でも直感的に使いこなすことができます。, GitHubやSlackとの連携も簡単に行え、プロジェクトの内容に合わせたカスタマイズが行いやすいのもポイントです。, 同じく「カンバン方式」を採用している「Asana」。使いやすいことはもちろん、特筆すべきは白を基調とした美しいUIです。, シンプルなUIだからこそ、必要な情報をひと目で把握することができます。またプロジェクトの進行には、「前工程が少し押したから、後ろの工程も少し後ろ倒しする」といった調整がつきもの。, 「Wrike」はプロジェクト全体を効率的に管理し、進めるのに向いているタスク管理ツールです。, タスクの抜け漏れを防止する「カンバン方式」の採用はもちろん、スケジュールの調整や意図しないバッティングを防ぐガントチャート機能などで、プロジェクトの障害になることを早めに発見できる作りになっています。, また、メンバーごとの持ちタスクとステータスをグラフとして表示させることができ、業務の偏りを減らすことができます。, チーム向けタスク管理ツールの中でも、比較的シンプルで過剰な機能を持たない「Jooto」。, 作り込んだ使い方をする人には向きませんが、逆にデジタルツールに慣れていないメンバーが多いチームや、誰でも簡単に使いこなせることを重視したい場合にはおすすめのツールです。, シンプルとはいえ、タグや担当者設定、コメントなどの基本的な機能はもちろん一通り搭載しています。, 比較的シンプルな作りのToDoアプリですが、パッと使えるチャット機能でコミュニケーションの多いチームにおすすめ。, また、タスクの並び替え機能に優れているため個人で使用するToDoリストとしても優秀です。, プロジェクトごとにメンバーを選ぶことができるので、用途に応じた使い分けがしやすいのもポイントです。, 「メールを使うのを止めよう」をモットーに作られたツールです。タスクごとにワンクリックでコメントを追加することができるほか、タスクの割り振りやファイルの共有もスムーズ。, 手軽な操作で便利な「Nozbe」ですが、モバイル版の操作がやや複雑な点や日本語未対応な点などがややネック。ある程度デジタルツールの操作に慣れている方向けといえるでしょう。, タスク管理をしたいのはチームだけとは限りません。忙しく複数のプロジェクトを掛け持ちしているような方は、横断的にタスクを管理することが効率アップのポイントです。, リッチな機能よりも、シンプルで簡単に扱えるものを求めている方におすすめなのが「Any.do」。, メモを残す感覚で手軽にタスク追加が行えます。また、「今日」「明日」「近日中」「いつか」というざっくりとした時間でタスクを分類できるため、仕事だけでなくプライベートのタスクも合わせて管理したい人にぴったりです。, 使いやすいことで人気を集めていたToDo管理アプリ「Wunderlist」に代わり、Microsoft社が新たに提供をはじめたサービスです。, スマホアプリ版では、起動すると初めに「今日の予定」を登録する画面が表示されます。朝、仕事に取り掛かる前にいったんタスクの整理をする習慣のある方や、効率アップのために整理を習慣づけたい人におすすめ。, Microsoft-to-do:https://todo.microsoft.com/ja-jp/, 「Todoist」は、頭の中にタスクを貯めておかないで書き出すことで、重要なことに集中できるようにすることを目指したアプリです。, そのため、素早いタスク追加や優先度の設定、タスク同士の親子関係の設定など、便利な機能がたくさん。タスク消化度をグラフで見ることができたり、その日の全てのタスクを完了するとメッセージが表示されるなど、モチベーション維持のための仕掛けが豊富なのもポイントです。, 「Google Keep」はもともとメモなどを書き溜めておくアプリですが、色分け・ラベリング・通知機能などを使用することで、タスク管理ツールとしても活用できます。, また、Googleアカウントさえあれば全ての機能が無料で使えるほか、ブラウザとしてChromeを使っている方の場合には機能拡張も手軽に行えるのもポイントです。, タスク管理ツールを使うメリットや選び方、おすすめのツール11選をご紹介してきました。, 1人でもチームでもタスクをいったんリストアップし可視化することは、効率化のために重要です。タスク管理ツールでどんなことがしたいのかをよく検討し、ぜひあなたやチームにぴったりのツールを導入してみてはいかがでしょうか。, TeamHackは、タスク管理とチャットが同時にできる「業務コミュニケーションのしやすさ」に特化したオンラインワークスペースです。コミュニケーションツールとタスク管理ツールを行ったり来たりして、二重に管理の手間がかかる問題をスッキリ解決します。, TeamHackers編集部/終身雇用制度の崩壊、副業禁止の終焉などから、働き方に多様性が生まれてきました。しかし、選択が増えた分悩むことも増えるでしょう。そんな悩みを抱えた人に、「もっと自由に、自分らしく働くために。」というコンセプトのもと、1つ1つ丁寧なコンテンツをお届けしています。TeamHackers編集部では、インタビューコンテンツに加えて、編集部のオリジナルコンテンツも掲載していきます。, タイムトラッキング(時間管理)ツール比較まとめ【2019年最新版】:アプリを使って時間を有効活用しよう, タスク管理・ToDo管理ツール比較まとめ【2019年版】〜デジタル管理で仕事をスムーズに進めよう, チームを最強にする読書術!「Kindle本のメモとハイライト」×「Evernote Web Clipper」を徹底活用しよう!, コロナ後のリモートワーク、社員のタスク見える化に便利な最強ツール「TeamHack」とは?, チャットやメッセージ機能を搭載しているものもあり、そのタスクに関するやりとりが一元化できる, 機能(無料版):担当者設定・共有・通知・ファイル添付・チャット・タイムトラッキング, プラン:無料版あり。ビジネスプラン(¥1200/月)では、セキュリティの強化と容量の増加が可能。, 主な連携可能ツール:Evernote/Github/Salesforce/Slack/Google Drive/Dropbox, プラン:無料版あり。ビジネスプラン($9.99/月)では、複数の外部ツールとの連携やセキュリティ強化が可能。, 主な連携可能ツール:Slack/Google Drive/One Drive/GitHub/Jira Cloud/, プラン:無料版あり。プレミアムプラン(¥1,475/月)など3つの有料プランがあり、セキュリティ強化やタイムライン機能などの使用が可能。, 機能(無料版):担当者設定・共有・ファイル添付・絵文字機能・表示形式(リスト/ボード/テーブル)の変更, 主な連携可能ツール:Slack/Google Drive/One Drive/GitHub/Salesforce, プラン:無料版あり。プロフェッショナルプラン($9.80/月)を含め3つの有料プランがあり、セキュリティの強化やガントチャートの使用などが可能。, プラン:無料版あり。スタンダードプラン(¥500/月)を含め2つの有料プランがあり、セキュリティの強化やデータ量の拡充が可能。, 機能(無料版):チャット・担当者設定・共有・ファイル添付・リマインダー・タグ付け・優先度設定, プラン:無料版あり。ビジネスプラン($5.00/月)では、 容量の増加や他のカレンダーアプリとの連携が可能。, 機能(無料版):チャット・共有・担当者設定・ファイル添付・チェックリスト・優先度設定, 主な連携可能ツール:Googleカレンダー、Evernote、Dropbox、Box、Google Drive、OneDrive, プラン:無料版あり。スモールビジネスプラン(¥1980/月)では、チーム(8人以内)内での共有機能やカスタマーサポートが提供される。, 主な連携可能ツール:カレンダー/Slack/Gogle Drive/Drop box, プラン:無料版あり。プレミアムプラン(6か月継続で¥300/月)では、タスクに色や優先度を設定可能。, 主な連携可能ツール:Windowsのメール・カレンダー/Skype/Word等のMicrosoft Office製品, 機能(無料版):タグ付け・優先度設定・繰り返し設定・サブタスクの設定・生産性チャートなど, 主な連携可能ツール:カレンダー/Zapier/Slack/Gogle Drive/Drop box, プラン:無料版あり。プレミアムプラン(¥340/月)では、リマインダー設定やコメント追加が可能。. プロセス管理に優れていることから、人事や財務、法務、マーケティングなど様々な部門で利用されています。, 月額10ドルの有料プランでは10ユーザーまで利用ができます。関心のある方は、まず7日間の無料トライアルに申し込んではいかがでしょうか。, カンバン方式のツールはドラッグ&ドロップで動かせるので直感的に操作でき、ボードによって全体を把握できるのが特徴です。, この方式で管理することで、タスクやプロジェクト、顧客の状況を漏れなくチームメンバーと確認することができます。, 従来のようなリスト形式の管理方法に課題を感じている方は、今回ご紹介したようなツールを取り入れてみるのも良いかと思います。, コミュニケーションの接点、リード獲得の入り口である入力フォームは顧客データの取得には欠かせない存在です。重要性は理解しているもののエンジニアやデザイナーの工数や費用上の都合から、UI/UXの悪いフォームを使っている方も多いようです。本記事では無料から簡単に使える入力フォーム作成ツールを6つ紹介します。, 今回は、新人だけではなく、「もっと業務効率をアップさせたい!」という社会人の方全てを対象に、タスク・スケジュール管理ツール・アプリ22選をご紹介します。 手帳やノートでも管理はできますが、抜けや漏れ無くやるべきことを管理するためにも専用ツールをぜひ活用してみてください。, 【無料オンラインイベント】第4回MarkeMedia Days!マーケターの「今聞きたい!」を揃えた日本最大級のマーケセミナーイベント, 初めてのウェビナーで失敗しない準備は?Web会議ツールのウェビナーオプションの使い方は?【ferret読者様限定ウェビナー】, これまで営業・コンサルタントとして5,000社以上のホームページ担当者のお悩みに寄り添ってきました。 タスクを管理して個人・チーム作業の効率を高めるために欠かせないのが操作性や機能性です。 UIの ... 「Jooto」の特徴は、操作しやすいカンバン方式の画面とタスク管理機能の使いさすさです。 タスク管理, チームや個人でもタスクを管理したり、ほかの人がどんな仕事をしているのかを可視化することで仕事の生産性は異なるため、ここ最近ではタスク管理ツールを導入する企業が増えてきます。, そこで今回は、おすすめのタスク管理ツール14選を比較し、選ぶ際のポイントやメリット・デメリットなどをご紹介します!, タスク管理ツールとは、タスクをリストに記入して進捗状況に応じて整理するツールです。必要に応じて、期限や担当者なども一箇所に設定できるため、今まで煩雑になっていたタスク管理をまとめることができます。, タスク管理をする型としては、カンバン形式が主流です。カンバン形式とは、タスクを書いたリストを進捗状況に応じてドラック&ドロップして管理する方法です。, 下の写真のように「to do」「進行中」「完了」の3つのボード間でタスクリストを動かすことでタスク管理の効率化を図ることでしょう。, ここでは、タスク管理ツールとして有名な「Trello」を参考例に、どんな機能が搭載されているのかご紹介していきます。, 今回はTrelloに搭載されている機能をご紹介しましたが、多くのタスクツールは以上の機能を兼ね備えており、ツールごとに特徴も異なります。, そのため、まずは無料プランで機能や操作性を試してから、本格的に導入を検討してみるという方法もおすすめです!, タスク管理ツールを使用することにより、今まで個人で管理していたタスクをチーム内で可視化することができます。これにより、誰がどのくらい作業が進んでいて、進捗状況は良好かどうかを、瞬時に判断することが可能です。, また、タスクのリストアップを行うことでやることが明確になり、仕事の優先度付けや無駄な作業を削減できるなど、チームの生産性も上がることでしょう。, 時々、自分が行うはずだった仕事を忘れてしまい、タスク漏れが発生してしまうことはありますよね。特に、忙しいときは後から依頼された仕事を忘れがちになり、「あの仕事どうなった?」と聞かれてから気づいた、なんてことも少なくありません。, タスク管理ツールでは、仕事が発生した都度ボードにカードを追加できるので、タスク漏れを防止し、後から依頼された仕事にも対応することが可能です。, さらに、カードには「担当者」「期限」「カードの種類」「メモ書き」など、多くの情報が記載できるため、「誰の仕事?」「いつまでの仕事?」といった情報共有のミスも防ぐことができるでしょう。, 多くのタスク管理ツールは複数のボードを作成できるので、プロジェクト部門やカテゴリーごとにタスク管理を行えます。, 例えば、「新プロジェクト」のボードを作って該当するメンバーだけを招待したり、他にも「新人向けボード」を作成して、社内ルールや社員プロフィールをストックしておくことで、新しく入った人が社内情報を一覧することも可能です。, 部門やカテゴリごとにタスク管理することで仕事が複雑化せず、スムーズに仕事を進めたり、情報共有を円滑にすることができるでしょう。, 多数あるタスク管理ツールの中から最適な物を一つを選びたいときに、導入しても間違いなしというツールを紹介していきます!, Backlogはタスクをただ管理するだけでなく、グラフ化して分析するための材料を用意してくれます。責任の所在がはっきりしないタスクがあるという状況によく陥るチームにこそにオススメなツールです。, また、「ガントチャート機能」では、各課題のはじまりから完了までの流れを一目で把握することができたり、「バーンダウンチャート機能」では、プロジェクトが計画的に進んでいるかどうか、を確認することも可能です。, 他にも多様な機能が準備されているため、使い勝手やUIが気になる方は、無料のフリープランや有料プランの30日間無料トライアルに申し込んでみることをおすすめします!, 以上の有料プランは30日間無料トライアルがあり、その他無料のフリープランもあります。, Backlogは、会社のプロジェクト管理だけでなく、家事と仕事の両立にも使われている方もいるので、初心者の方でも簡単に使いこなせます。, チームの仕事の進捗管理に悩んでいる人にお勧めのツールです。メンバーの選択、タスクの依頼、進捗報告依頼などがシンプルな画面で簡単に進みます。, スタッフ側も、依頼されたタスクが期日順に並ぶため、ToDoリストが自動的に作成されている状態になります。ツール自体がとてもシンプルなため、使い方を習得する手間もなく、ダッシュボードを開くだけで、期日を意識した作業ができます。また、「仕事の見える化」機能で各メンバーが今どのような仕事がしているかが、リアルタイムでわかります。, シンプルな機能や設定で、使い方を学ぶ必要もなくスタートできます。遅延やモレをなくし、仕事の効率や生産性を上げるにはうってつけです。, ユーザー数が世界で2000万人と業界では一番多く利用されているのがTrelloです。その理由としては、無料で全ての機能が使えること、また同じボードを利用できる人数に制限がないことがあげられます。, 無料でも不自由なく利用できるのは他のツールと比較してもTrelloだけで、費用対効果が高いのが特徴です。機能面では、他のツールには劣りますが、Trello専用のChrome拡張機能が100個以上あるので必要に応じてカスタマイズができます。, まだ、タスク管理ツールを導入したことが一度もない方、ツール選びで失敗をしたくない方にはオススメです。, 無料で十分使える点が気に入っています。また、自分のタスク管理とチーム共同で行うタスク管理を分けて使うことが出来るのも利点でしょう。Trelloを使うことで煩雑になっていたタスク管理が…, Asanaは料金や機能面が平均的なタスク管理ツールで、企業で初めて導入するには一番オススメです。導入をして失敗だと感じることはまずないでしょう。, 特徴としては追求されたUIや操作性です。あまりこのようなツールに慣れていない方でも、すぐに慣れるように作り込まれており、カンバン形式やリスト形式を選べるなど、自身が使いやすいようにカスタムすることも可能です。, また、Google Chromeと連携することで、タイムトラッキングツールの「Toggle」を使うことができ、タスク消化に費やした時間を可視化できます。, ・Basic・Premium:1,200円/月・Business:2,700円/月・Enterprise:お問い合わせ, 白と黒を基調としたUIでユーザーを飽きさせない作りになっています。チームと共同で使うことによって、生産性が上がること間違いなしのタスク管理ツールです。, ChatworkはサイバーエージェントやKDDIなど、現在225,000社以上の企業で導入されている人気の社内SNSで、日本発の企業のため、国際的なセキュリティ基準を満たしており安心して使用できます。, Chatworkのタスク作成では、自分のタスクはもちろんのこと、相手のタスクも作成することができるので、誰がどのタスクを持っているのかを可視化できます。チャット機能もあるため、社内SNSとしても利用可能です。, ・フリー:無料・パーソナル:400円/月/ユーザー・ビジネス:500円/月/ユーザー・エンタープライズ:800円/月/ユーザー, インターネット接続があればスマホやタブレットからでも利用ができるので、気軽・タイムリーにやり取りが可能です。タスクやファイルの管理も可能なので、より効率的に仕事ができます。, Wrikeはタスクの優先順位付けやスケジュールの進捗管理などをチームメンバーと共同で利用できるツールです。米国カルフォルニアで2007年にリリースされ、Airbnbをはじめ15,000社以上が導入しています。, またWrikeの特徴は何と言っても、ビジネスに特化したタスク管理ツールということです。, 料金プランも5つあり、分析機能やガントチャートなど状況を可視化するのに役立つ機能が満載です。料金プランに関してはやや相場よりも高いですが、安さよりも機能の充実さを求める企業にはオススメのツールと言えます。, ・無料プラン・Professional:9.80ドル/月/ユーザー・Business:24.80ドル/月/ユーザー・Marketing/34.60ドル/月/ユーザー・Enterprise:お問い合わせ, Taskworldとは、アイディアや仕事を「タスク」として作成し、ドラッグ&ドロップをしながらプロジェクト全体を管理するツールです。, プロジェクト管理に特化しており、プロジェクトを進めるうえで必要な機能は全て含まれています。, また、Taskworldは機能が豊富で「タイム計測」「アナリティクス機能」「ガントチャート」「チャット機能」「セキュリティ」など、数多くの機能が搭載されています。, ・プロフェッショナル:10.99ドル/月・エンタープライズ:カスタム価格・15日間無料トライアル, この記事ではAmazon、SONYなどの大企業も導入しているTaskworldとタスク管理ツール最大手の「Trello」と比較しながら徹底解説していきます!, Todoistはタスク管理ツールの中で一番シンプルな作りです。赤と白を基調とした表示画面で、タスクが完了したらチェックを押して消化していきます。, 特徴としては、100個のアプリと連携することができる点です。Google DriveやGoogle MAP、時間管理のToggleなど自分の好きなようにカスタマイズができるので、個人のタスクを管理するのにも役に立ちます。, 他にもタスクを管理・整理するだけでなく、そこから読み取れることをグラフ化でき、Excelでグラフを作り分析する手間を省ける優れた機能を備えたツールになっています。, タスクを管理・整理するだけでなく、そこから読み取れることをグラフ化してくれます!Excelでグラフを作り分析する手間を省ける優れた機能を備えたツールです。, Jootoとは、2014年にシンガポール在住の日本人が立ち上げたクラウド型のタスク管理ツールです。「日本のオフィスワーカーの低生産性をなんとか変えられないか?」という思いから開発されました。, また、使い方は仕事や作業を入力した付箋のようなタスクカードをドラッグ&ドロップで動かします。イメージとしてはタスクを書いたポストイットを貼ったり、剥がしたりする感覚でタスク管理することが可能です。, Jootoは使える機能も充実しており、UIも見やすいです。しかし、チーム共同で使う場合は費用対効果が低いと感じるかもしれません。, Redmineはタスク情報をリアルタイムで共有でき、情報が一箇所のデータベースで集中管理されているので整理しやすいです。, エンジニアの方向けに作られたツールなので、非エンジニアの方は使い方に慣れるまでには時間がかかってしまうでしょう。ただ、他のITツールにはない「チケット」を用いてタスク管理をするのが特徴的です。, Jira Softwareの特徴は、タスクの進捗状況を可視化するためのレポート数が多いことです。, そのため可視化するのが難しいチームのタスク進捗状況を、手間をかけずに分析することができます。, また、多くの機能を備え、高度なカスタマイズも可能。またアップデートが頻繁にあり、問題点の改善や新機能の追加が行われています。, ・10ユーザーまで:10ドル/月・100ユーザーまで:7ドル/月/ユーザー・150ユーザーまで:5ドル/月/ユーザー・251エージェント以降:1.10ドル/月ユーザー, Jira Softwareを使えば、プロジェクトを一体として管理することができます。拡張性の高いツールなので、社内全体で課題を管理したい、またはプロジェクトを細かく管理したいと考えている会社におすすめです。, Torioは2018年7月にリリースされた比較的新しいサービスで、大人数でのプロジェクトを運用している企業におすすめのタスク管理サービスです。, Torioは、これまで従業員1人1人が管理していた作業タスクをプロジェクトメンバー間に「見える化」して共有することで、チームとしての作業効率を向上することができるサービスと言えます。, ・フリー:30日間無料・ベーシック:980円/月・シングル:1,280円/月・エンタープライズ:お問い合わせ, マンモスプロジェクトは、タスクの見える化を追求した新しいプロジェクトマネジメントツールです。必要な情報をまとめてプロジェクトの全体像を効果的に共有できるようデザインされています。, Bizer teamはタスク管理が目的ではなく、チームの生産性を上げることを目的として作られたツールです。メンバーとリアルタイムで進捗共有を行い、今誰が何をしているのかが明確になります。, Bizer teamは、仕事のプロセスを改善し、チームをより働きやすくしてくれるでしょう。, 「Bizer team」は、誰がどの作業をどれだけ進めているのかをリアルタイムで把握できるツールです。Bizer teamの特徴や評判を解説します。, 競争が激しいタスク管理ツールの機能は、もはやタスクを管理するだけに留まりません。タスクを管理をした結果、どういった動向が見えるのかを分析・グラフ化してくれる機能も標準装備になってきました。, また、社内に導入するツールが増えてしまうと、情報が分散してしまい整理が難しくなります。情報を分散させないために、Slackなどの代表的な他ツールとの連携が取れるようになっているかも選定をする上では大切になってきます。, 1つ目が「無料でどれだけの機能が使えるか」です。そもそも無料プランがないツールもありますが、無料で使えても機能に制限が掛かっている場合があります。可能であればツールにはあまりお金をかけたくないという方は、まずは無料プランがあるかをチェックしてはいかがでしょうか。, そして、2つ目は「1人あたりの課金か、買い切りか」です。タスク管理ツールのホームページは少し分かりにくく、導入前に課金をして買い切りをすると勘違いする人もいます。, しかし、ほとんどのツールでは1人あたりの料金が決まっています。そのため、社員が1人増え、ツールを使うようになればその方の分の料金が上乗せされることに注意が必要です。, タスクを管理する方法は、ツールによって大きな違いはあまりないため、インターフェースが見やすいか、または操作性に優れているかどうかが選定のポイントになります。, タスク管理ツールの比較をしてきましたが、社内で使い慣れている従来の管理方法を変更するか悩む、という方もいるのではないでしょうか。, しかし、今回紹介してきたタスク管理ツールは多くの企業が既にに導入している事例が沢山あるので、導入して失敗することはないでしょう。, 気になった場合は、無料トライアル期間もあるので、是非試してから検討してみてはいかがでしょうか。, ITツールを使い慣れていない人でも簡単に使えるようシンプルな作りになっています。その上、無料で使えるので費用対効果は抜群に高いです。, Asanaは白と黒を基調とした見やすいUIが特徴的です。チュートリアルが充実しており、ITツールを使い慣れていない人にも親切です。, タスクの割り振りはしたけれど、期日までに終わらない、進捗管理がうまくいかないなどで悩んでいる人にはおすすめのツールです。シンプルな機能や設定で、使い方を学ぶ必要もなくスタートできます。遅延やモレをなくし、仕事の効率や生産性を上げるにはうってつけです。, 巷で話題になっているビジネスチャット「チャットワーク」。社内外コミニュケーションを潤滑に進める役割があるとして最近注目され始めています。インターネット接続があればスマホやタブレットからでも利用ができ、気軽・タイムリーにやり取りが可能です。タスクやファイルの管理も可能なので、より効率的に仕事ができます。, 機能面ではどのタスク管理ツールよりも優れています。しかし無料プランがないので、ベンチャー企業など資金に余裕がない会社には導入ハードルが高くなります。, 個人でタスクを管理するには十分でしょう。使える機能も充実しており、UIも見やすいです。しかし、チーム共同で使う場合は費用対効果が低いと感じるかもしれません。, 料金体系が多様化しており、会社の状況に応じてプランを決定することができます。しかし、プランによっては1人2,000円以上と他のタスク管理ツールより高いと感じるかもしれません。, JiraSoftwareはタスクの進捗状況を可視化するためのレポート数が多いのが特徴です。可視化するのが難しいチームのタスク進捗状況を手間をかけずに分析することができます。, Torioは大人数でのプロジェクトを運用している企業におすすめのタスク管理サービスです。一方、無料プランが用意されていないこともあり、Trelloなどと比べると導入ハードルは上がるでしょう。, 「Lucidchart」は低価格で数多くの充実した機能を搭載していることで人気。連携できるクラウドサービスも豊富で、既存のシステム環境を維持しながら導入できます。どんなフローチャート制作ツールよりもデザイン性・操作性共にシンプル。導入後すぐに活用できる点も魅力の1つです。, 「マンモスプロジェクト」は、タスクの見える化を追求した新しいプロジェクトマネジメントツールです。必要な情報をまとめてプロジェクトの全体像を効果的に共有できるようデザインされています。仕事をスムーズに、効率よく進めたいと考えている企業におすすめです。, Bizer teamはタスク管理が目的ではなく、チームの生産性を上げることを目的として作られたツールです。メンバーとリアルタイムで進捗共有を行い、今誰が何をしているのかが明確になります。Bizer teamは、仕事のプロセスを改善し、チームをより働きやすくしてくれるでしょう。.