恋人のみどりをライバルにとられてしまった憎しみからマイナスエネルギーを発生させ、ホーを誕生させてしまう。 一方で矢的の恋人気取り(逆玉のゆり輿だなあ)の部分もあり、矢的が他の女性と親しそうにしていると焼きもちを焼くことも。身体能力は高く、それを目の当たりにした城野隊員は、オリンピックに出たら絶対優勝だと発言した。身体能力と柔軟性が高いので水泳や新体操が得意。, オオヤマ一樹 イトウチーフ参加前は副隊長格だった。元アマチュアボクシングの日本チャンプという設定があり、野外を走り回っているのが似合うと自称する。 動画を報告. !」ではウルティメイトブレードを手にジャッカル大魔王と戦った。また80の代わりにメビウスと共にダブルパワーを使用している。, 矢的先生が「郷に入っては郷に従えといってだな…」と言うと「郷ひろみなら知ってるわ」と勘違いする場面が妙に印象的だったw -- 名無しさん (2020-05-09 00:11:42), ウルトラの国に王族がいるという何気に重要な設定の持ち主なのに、現代に至るまで全く掘り下げられていない。 -- 名無しさん (2020-05-09 00:23:11), ウルトラの国とかいう政体不明、聖人しかいない(そんなことはない)から警察もいらないとかいいながら宇宙秩序に首を突っ込みまくる軍事力はありハグレものだろうが地球に攻め込んできた宇宙人を勝手に処刑する謎の民族の正体に迫る設定なんだけどなあw -- 名無しさん (2020-05-09 00:34:31), ダブルパワーはメビウスの漫画版でメビウスと組んで使ったな -- 名無しさん (2020-05-09 00:43:00), 円谷エイプリルフール企画では中々にお腐り遊ばれておいででした -- 名無しさん (2020-05-09 00:57:03), まだ記事無かったのか…まだまだ先だけどyoutube配信で活躍が見れる日が楽しみだ -- 名無しさん (2020-05-09 02:55:53), 城野隊員に憑依してれば助かったんじゃないか説 -- 名無しさん (2020-05-09 09:03:14), キングの血縁とかではないんだよな -- 名無しさん (2020-05-09 09:52:46), 「私も地球人になりたかった・・・(うろ覚え)」そう告げて立ち去る彼女に、猛は声をかけてやる事すら出来なかった・・・ -- 名無しさん (2020-05-09 14:15:33), 49話、後味悪いな… -- 名無しさん (2020-05-09 16:22:44), 49話を初めて見た時、80が「お前が来ても一緒にやられるだけだから来るな」って、ユリアンの実力を過小評価してるように見えた。あのまま80がやられたら、バックルビームも効かない2大怪獣相手にユリアン1人で戦う羽目になってたんだから、助けに行ったユリアンの方が正しいとしか思えなかったよ。80は怪獣と自爆でもするつもりだったのかな -- 名無しさん (2020-05-14 11:26:15), 超闘士だとドンドンやべー女に -- 名無しさん (2020-05-14 19:00:56), ギャラファイだとキャンデリラに -- 名無しさん (2020-09-24 20:51:41), ↑ユリアンとパワードでキャンデリラとトリン(もしくはアスナと菊岡さん) -- 名無しさん (2020-09-24 21:08:34), ↑あぁ、そういや坂本監督の関わった作品に出演してたっけな… 起用はその縁もあるのかな? -- 名無しさん (2020-09-28 23:00:32). 『メビウス』では直接の登場はなかったが、同窓会に顔を出していた可能性はある。, 作詞:山上路夫/作曲・編曲:木村昇/歌:TALIZMAN

ただし、話のなかで猛が敬語を使い、フジモリが命令口調でしゃべるシーンがあったり、猛のことを「オイ、矢的」と呼び捨てにしていることから、猛よりも先輩であるということが伺える。 ポケットモンスター XY:以前に登場した仲間が殆ど登場しないアニメ作品。, 島本須美:スーパーの姉・広子(第4話) いずれにせよ、ゴールデン枠での放送ができなくなったことで、ライバルであるアニメ作品と放送枠の確保を巡って競合することとなり、これが結果として21世紀以降にTBS枠及び4クール分割無しでの放送ができなくなることに繋がっていき、ウルトラシリーズの放送枠の大幅な縮小を齎した遠因にもなってしまった。

CD-ROMソフト『ウルトラマン図鑑3』(講談社・1998年)『ウルトラマン80』「基本設定・造形データ」の「変身人形」解説文p.1. だが、そんな空白期を支えただけあって、ウルトラシリーズが「もっとも派生作品が多く作られたテレビドラマ」としてギネスブックに認定された際には、1980年代を背負って他のウルトラ戦士(60年代代表、70年代代表、90年代代表、2000年代代表、2010年代代表)と共に授賞式に登場した。
ファッション !マチャアキ - 笑ってポン!

イトウ順吉 思い出の先生:『ウルトラマンメビウス』第41話。ファンの間では『80』の真の最終回ともいわれている客演回。 校内で猛のUGM勤務を承知している唯一の人物。 「遠くの星から来た男も知っていたんだ涙の味を」 ?」と仲間たちから詰問されていた。 HAL Tokyo.



演:久野みどり(80)/奏谷ひろみ(メビウス) また、最近では『80』出身の怪獣であるザンドリアス・ノイズラー・ギマイラの着ぐるみが新規造形され、新世代シリーズにゲスト出演して活躍を見せるなど、少しずつではあるが『80』やそこに登場したキャラクターたちにも注目が集まるようになってきている。 収録がバトルホーク同様に東宝スタジオを使用している関係か、効果音は『メガロマン』からの流用も多い。, 激しかった怪獣との戦いが過去のものとなって平和が続く中、桜ヶ岡中学校に新人教師・矢的猛(やまと たけし)が新しく赴任してきた。1年E組を受け持つことになった彼は一所懸命をモットーに教壇に立つが、怪獣復活を確信して個人的に調査を続けていた。彼こそ、M78星雲から秘密裏に地球へ派遣されていたウルトラマン80だった。人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、それを根本から断つために、教師として働いていたのである。 相原京子 『メビウス』では直接の登場はなかったが、同窓会に顔を出していた可能性はある。 父親と姉・広子の三人暮らしだったが、姉が安心して結婚できるようにと再婚話を受けたふりをした父を誤解したこともあった。 ウルトラマン80 - アンサイクロペディア, 80本編が放送されたのは、1980年。ウルトラマンレオでいったんウルトラシリーズが終了したものの、『ザ☆ウルトラマン』での成功を機に5年ぶりに実写での制作が行われたのが今作である。 演:秋元美智恵

『ウルトラマン80』(ウルトラマンエイティ)は、1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までTBS系列で毎週水曜19:00 - 19:30(JST)に全50話が放送されたTBS・円谷プロダクション製作の特撮テレビ番組、また、その劇中に登場するヒーローの名。ウルトラシリーズ通算第9作であり、第3期ウルトラシリーズの2作目にあたる。, そんなある日、桜ヶ岡中学校に新人教師・矢的 猛(やまと たけし)が赴任。「一所懸命」をモットーとする彼は1年E組を受け持つ一方、5年ぶりとなる怪獣復活を確信して密かに調査を続けていた。矢的こそ、ウルトラマン80(エイティ)の仮の姿だった。M78星雲から秘密裏に地球に派遣された彼は、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すことに気付き、それを根本から断つために教鞭を取っていた。, 5年ぶりに出現した怪獣クレッセントを倒した後、矢的は地球防衛軍の極東エリア・UGM(ユージーエム)のオオヤマ一樹キャップからのスカウトを受け、UGMに入隊。UGM隊員や教師、そしてウルトラマンを掛け持ちしつつ、地球平和のために奮闘する。, 1975年、『ウルトラマンレオ』の放送終了をもってウルトラシリーズは一時中断していた。しかし、1970年代後半の児童から青年層によるウルトラシリーズの再評価の影響から、1979年、シリーズ初のアニメーション作品となる『ザ☆ウルトラマン』に続き、満を持して実写新作である本作品が製作された[1][2][注 1]。実写作品としては5年ぶりで、80という名は「1980年代の新たなウルトラマン」を由来とする。[要出典], 「新しいウルトラマン」としての新機軸として、主人公が中学校の教師となり学校が日常の舞台とされた。企画書では児童の殺人や自殺といった暗い世相に言及し、「“生命の尊さ”、“愛の美しさ”、“勇気の誇らしさ”を啓蒙し、“ウルトラ文化”と呼ばれる子供文化を作り上げていきたい」とし、その手段として「ウルトラマン=先生というドラマ設定とした」と記されている[3]。こうして、当時の子供たちを取り巻く不穏な世相を象徴する形で、「地球人の憎しみ、悲しみなどの邪悪な心(マイナスエネルギー[注 2])が怪獣を生み出す」という設定を導入し、ウルトラマン80は怪獣と直接戦うだけではなく、「怪獣を生み出す人間の邪悪な心を正すため、教師として子供たちの教育に取り組む」というドラマ作りが行われた[1]。, 主人公が学校教師である点は、当時流行した同局のテレビドラマ『3年B組金八先生』や日本テレビ系列のテレビドラマ『熱中時代』などと共通しているが、このコンセプトは『ウルトラマンレオ』終了時にはすでに存在していた[5]。湯浅監督は、賛否両論のあるこの「主人公を単に防衛チームの隊員ではなく、教師にした」という設定は、安易に当時の「先生物」のブームに便乗したわけではなく、プロデューサーの「なぜいま、ウルトラマンを作らなければならないか」という問いかけに応じたものであり、「万能」のウルトラマンに「先生」という肩書を加え、「昼間、授業中に怪獣が出たらどうするのか」といった葛藤から生まれるドラマに主眼を置いたものだったとしている。, 本作品の企画は、TBSの赤坂の寮で週に1回会議が行われて進められた。テーマは「いま、ウルトラマンを復活させる意義は何か」というもので、円谷プロ側は「従来のスタイルでやりたい」と希望した。これに対し、TBS側でも「安全策をとるべきである」という意見もあったものの、「80年代のウルトラマンが以前のものと同じでいいはずがない」というプロデューサーの権限により、「教師設定」が導入された[6]。そして、TBS側によって湯浅監督や平野靖司、土筆勉ら円谷プロ系でない外部の新しい監督や脚本家が集められ、「新しいウルトラマンをどうするか」との論議は放映開始後も熱く戦わされた。, 本編監督には、大映で昭和期の「ガメラシリーズ」全作を担当し、大映倒産後は『刑事犬カール』(東京映画、1977年)などのTBS系のテレビドラマを多く手がけた湯浅憲明がメインに迎えられた。湯浅は本作品に携わる前に、大場久美子主演版のテレビドラマ『コメットさん(第2期)』(制作した国際放映と、当時の円谷プロは共に東宝系列の会社であった)で、ウルトラマンタロウやウルトラマンレオがゲスト出演するエピソードを局と組んで監督している。そのほか、松竹出身の広瀬襄や、大映テレビの作品を数多く手がけている合月勇が演出陣に加わっている。, 学園ドラマの設定を導入したことは、生徒が学園生活で出会う問題と怪獣の発生を絡めた佳作を複数送り出した。しかし、放映時間30分ではいじめや不登校、異性交遊などの当時の教育問題と怪獣を並立して描くことに限度があるうえ、当時実在していた学校施設を借りてのロケ撮影の日程(主に日曜日)を組むことが制作スケジュール上の制限となっていった。, やがて、「学園物」設定を主張していたプロデューサーが放映途中でラジオ部に異動。これを受け、TBS編成局は「やはり昔のスタイルでいこう」と円谷プロ側に伝えてきた。こうして、第13話以降は「学園物」の設定とともに矢的猛の「学校教師」としての設定は切り捨てられ、UGMを舞台として隊員たちの活動を描く従来のウルトラシリーズのドラマに路線変更された[3]。設定上、第13話以降も矢的猛は教師を続けていたのかについては劇中で語られておらず[注 3]、湯浅監督は後年に「ウルトラマンの力に対する制限は、結局、円谷プロ側が許さなかった」、「中途半端になって、後悔の多い作品になった」と述懐している。, 設定変更後は、初期ウルトラシリーズを彷彿とさせるシリアスなSFドラマが志向されたが、視聴率は設定変更前より下がったうえ、物語の路線は第31話で再変更され、「毎回子どものゲストが登場して怪獣と絡む」というコミカルでファンタスティックな作劇に変化している[3]。それと同時に、番組の構成も番組タイトルからアバンタイトルを挟んでオープニングへ移る形式に変化している。, また、第43話からウルトラシリーズ初の女性戦士[1][注 4]のユリアンが登場し、80とユリアンの2人を中心に据えた作劇がなされた。変身後の姿は第49話・第50話のみでしか見せていない。, 監督の満田かずほが当初、書き込んでいた最終回の草案にはユリアンは登場せず、前後編で構成されていた。しかし、放送枠が特別番組で押されて足りなくなり、実際の最終回(第50話)での80の登場は、過去の怪獣との戦闘場面を流用したダイジェスト的な場面が大半となった。, このようにストーリー全体が4つのパートに分けて考えられることから、第1話 - 第12話を「学園編」、第13話 - 第30話を「UGM編」[3]、第31話 - 第42話を「少年ドラマ編」、第43話 - 第50話を「ユリアン編」などと呼称する文献もある。ただし、この呼称は公式のものではなく、第43話以降も「少年ドラマ編」と作劇イメージは同一であるため、「ユリアン編」は「少年ドラマ編」の後半部とも言える。第31話以降でも、比較的SF色の強い話やシリアスな話も存在した(第32話、第35話、第49話など)。, 当初、80は「苦しい戦いと人間たちとのふれあいを経てウルトラ兄弟の仲間入りを果たす」と設定されており、番組宣伝ポスターにもゾフィーからレオまでのウルトラ兄弟が掲載されており、過去の作品とのつながりが明示されたが、後半のウルトラの父を除き、歴代ウルトラマンの客演はなかった。初代ウルトラマンやウルトラセブンは、過去作品の映像の流用による回想で登場している。, こうした数々のテコ入れも功を奏することはなく、平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ関東地区調べ)と低迷し、『レオ』のそれ (10.9%) をさらに下回る結果となった。, TBS側の意向を取り入れて失敗に終わったことに不満を抱いた当時の円谷プロ社長の円谷皐がTBSへ抗議したことで当時の編成局長と対立し、円谷プロの幹部はTBS役員室への出入りが禁じられるまでに至った[6](もっとも、TBS側の意向を取り入れた序盤より、当初は円谷プロ側の希望でもあった「教師設定」削除後の方が視聴率は低かった)。これにより、TBSとの共同制作によるゴールデンタイム枠のウルトラシリーズは本作品で終了した[6]。国内テレビ番組としての「ウルトラシリーズ」は、1996年に『ウルトラマンティガ』(毎日放送)が製作されるまで15年半に渡って休止することとなったうえ、1966年制作の『ウルトラQ』から本作品まで連続してきた物語は、25年後(2006年)の『ウルトラマンメビウス』(中部日本放送)で再開するまで待たされることとなる[注 5]。, アメリカの特撮映画『スター・ウォーズ』(1977年)や『未知との遭遇』(同年)は、世界的なSFブームを呼び、日本の特撮界にも大きな影響を与えた。円谷プロが翌年に製作した『スターウルフ』ではミニチュアの表面処理や演出に影響が見られる。続く本作品も同様で、第6話のUFO出現シーンも、特技監督の高野宏一によれば、わざと『未知との遭遇』そっくりに撮影しているという。高野はこういったカットについて、『スターウルフ』での特撮と併せて「アメリカほど金をかけなくともTVでこれくらいの画は撮れる」との円谷プロ特撮スタッフの「自信の現れで一種の挑戦」だと語っている。特撮班の撮影日数は週に4、5日というペースであり、高野は「もう2、3日あればもっと内容の濃い特撮を撮れた」とコメントしている。, 本編監督として参加した湯浅は、特撮スタッフと衝突することが多かった。円谷プロは本来、特撮技術者の集団であり、本編フィルムと特撮フィルムの編集権をめぐって、激しいやり取りもあったという。湯浅はウルトラシリーズでの防衛チームの存在意義が薄い印象を持っていたため、「怪獣をUGMが倒したところでウルトラマンが現れる」というストーリー案を出したところ、円谷プロ側から「ウルトラマンを馬鹿にしてるのか」と神を冒涜したかのような怒りを受けたという[注 6]。, 湯浅によると、一度撮影中に怪獣のぬいぐるみが火薬の引火で全焼してしまったことがあったという。あっという間のことで、スタッフともども何もできなかったそうで、撮影を見学していた小林千登勢から「あれでいいのか?」と聞かれ、湯浅は「あれでいい」と必死でごまかしたという。, UGM基地は野外滑走路が設けられていて、スカイハイヤーやシルバーガルなどの離陸シーンでは、実在の戦闘機を改造した主力戦闘機が多数周囲に駐機していたり、現実にある管制塔での作業シーンが合成されるなど、現実感重視のミニチュアワークが見られる。基地自体が厚木付近に所在している設定であり、リアルな描写となっている。高野は放映当時、「『ウルトラマン』の怪獣の魅力みたいなものと『ウルトラセブン』のメカニックな面白さをうまく組み合わせてみたい」と意気込みを語っていた。, 合成場面における新技術として、従来のリアプロジェクションよりも画質が鮮明なフロントプロジェクションを多用しており、コストを低減させながらも人物と特撮情景の融和に効果をあげている。, 見せ場である都市破壊も、極めて精巧なミニチュアが製作され、特にナイトシーンなどでは優れたライティングで迫真の効果を挙げた。円谷プロとしては「ウルトラシリーズ」自体は数年のブランクがあるものの、『恐竜3部作シリーズ』、『メガロマン』など他社作品を含め、現場制作を絶やさなかったスタッフ陣の実績がこれを支えた。, 作品全体のデザインは、円谷作品ほかで池谷仙克の美術助手を務めた山口修。山口は本編・特撮両方の美術を担当し、80や宇宙人・怪獣、UGMのヘルメット、隊員服、基地セットなどを手掛けている。当初山口はUGMのメカも手がけたが、デザインが終わった段階でバンダイの担当者から「山口のデザインでは玩具が売れない」とクレームがつき、結局NGとなった[7]。, 本作品を放映していた時期は保護者層による、子供番組の内容についての問題提起運動がさかんになっていた。その一環として当時の円谷プロに、本作品の内容を問題視する冊子が届けられた。その内容は、第7話における暴力的な表現の回数や内容が、細かい統計データとして集計されており、さらには「主人公が軍人であり共感できない」「サイレント作戦は戦時中の灯火管制を想起させ悪印象である」といった細部の演出への批判が記されていた。この冊子については、1993年に関連書籍[8]でその存在が紹介されファンの知るところとなった。ただし、同冊子は同時期に放送された他の子供向け人気番組についても作成され、特に本作品を狙って批判する運動があったわけではない。この冊子のような指摘が実際の番組制作に影響を与えたという公式発表や証言は特に公表されていない。, 戦い方はアクロバティックな跳躍と多彩な光線技が特徴。作中において、ほかのウルトラ戦士からの助太刀を受けることはほとんどなく、劣勢に立たされることはあったが、怪獣や宇宙人を相手に全勝している。ただし、第49話でのプラズマやマイナズマとの戦いでは、敗北寸前のところをユリアンの助けで辛勝している。これ以前に80はユリアンに「自分が倒されたら代わりに地球を守れ」と自分の戦死を想定した発言をたびたびしている。, 劇中では語られなかったが、80は宇宙警備隊の新人であり、地球での活躍いかんによってウルトラ兄弟入りが認められる「ウルトラ兄弟候補生」という設定があった。作中で80がウルトラ兄弟入りを果たしたのかどうかは明らかにされなかった[注 7]が、円谷プロの公式見解では本編終了後の80はウルトラ兄弟の一員になったとされた。映像作品で兄弟の一員と明示されたのは2006年の『ウルトラマンメビウス』が初となる。2010年10月9日に開催されたイベント『ウルトラマン80 30周年記念 "奇跡の"ファン感謝祭!』のステージにおいてウルトラの父から正式にウルトラ兄弟の一員と認められた[11]。, 矢的猛が常に携帯している水晶棒状の変身アイテム。全長約23cmの棒状の特殊装置で、スティック内部には水晶状の発光部クリスタルバーが内蔵され、変身エネルギーが宿っている。基本的に変身する場所に制限は無いが、唯一バム星人が四次元空間に作り出した前線基地の中では変身できなかった(ただしコントロール装置を破壊後は変身できた)。, ブライトスティックは銃口に装着する銃のアタッチメントとしての使用も可能である。これを利用して地球人に変身したゴルゴン星人の正体を暴いたり、ザタン星人を射殺した。また、バリアーを張ることも可能で、ギマイラが角から放った光線を弾き飛ばした。, 猛が正拳突きのように両拳を右・左の順に連続して突き出したあと、「エイティ!」と叫びつつ右手でブライトスティックを頭上に掲げて、スティックのボタンを押すとクリスタルバーが伸長・発光し、変身エネルギーが猛の身体を包み変身する。最終回で地球を去る際の変身では「エイティ!」と叫ばなかった。, 変身バンクには従来のウルトラ戦士のように光の渦から飛んでくるパターンと巨大化するパターンと2通りある。, 美術の山口修によるデザイン[3]。シリーズを追うごとにウルトラマンのデザインが装飾過多になったため、高野らの意見もあり、この80は初代ウルトラマンをイメージしたシンプルなものにされた。また人間っぽさを仮面で表現しようと努めたそうで、これを強調するために鼻梁が設けられ、また顔面のアクセントとして、トサカ部分が赤く塗られた。手足の赤ラインを手袋とブーツにデザインとして閉合したことで、従来の「いかにも手袋、ブーツを履いている感じ」が軽減されている。また、腕とブーツのファスナーも上からテープを貼って塗装して隠すようにし、出来る限りのイメージ保持の配慮を見せている。, マスクとスーツの造形は開米プロダクションが担当[12]。両目のふちを盛り上げ、のぞき穴を目立たなくしたり、口の呼吸スリットをマスクの正面からではなく、口モールドの厚みの下から上に向かって開け、正面から見た際に目立たなくしているなどの工夫がみられる。背中のファスナーを隠すため、従来とは違った手法が採られ、マスクはFRP製で後頭部まで作られ、前後分割形式の仮面となったため、後頭部のウェットスーツ地はこれに隠れる形となった。また、ウェットスーツの素材改良と、ファスナーが金属からプラ製になったことでファスナーが目立たなくなり、隠すための背びれがなくなった。, NGスーツではマスクの鼻梁が平面の四角[12]で(決定マスクは三角)、手甲の赤部分が長い。『ウルトラマンメビウス』に客演したスーツではこの長い手甲でスーツが制作されている。また、山口デザイナーは80の胴体素材にスキーウェアを試してみたが、アップ撮影で布地がばれてしまうため、従来のウェットスーツ地に戻している。, 変身シーンの人形と飛行用人形の造形は、特撮班の美術チームが担当[12]。変身シーンで拳を突き上げたポーズの80のミニチュアは、同じポーズのウルトラマンタロウの3尺模型を改造したものである[注 13]。飛行用人形は通常よりも大きな縮尺で製作されており、怪獣との遠近感によって怪獣とのサイズの差が大差ないようになっている[12]。, 矢的猛の姿で登場した作品は◎、矢的の姿で登場していないが矢的役の長谷川初範が80の声を担当した作品は●を付記。, ウルトラの星の王女で、80の幼馴染。ガルタン大王が80を狙っていることを知らせに地球にやってきた。地球では星涼子というヒューマノイドの女性に変身している。デザインモチーフは弥勒菩薩とされている。, 第43話のサブタイトルや第49話の会話などでは、ウルトラの戦士であるとも言われているが、カラータイマーは付いていない。プラズマとマイナズマに苦戦する80には、「もし自分が戦いに負けた時は、新しいウルトラの戦士として代わりに地球を守れ」と告げられていた。, 涼子の姿になっている時、右手首に装着している変身ブレスレット。中央部にブライトスティックのクリスタルバーと同質のものらしき宝石が埋め込んである。ウルトラの星の王家の一員の証でもある。このブレスレットには涼子のイヤリングと共鳴する力もある。第43話で記憶を失っていた涼子は、友情の証として城野にブライトブレスレットを送るが、これが原因で城野隊員はユリアンと間違えられてガラガラ星人に捕らえられてしまう。, ブライトブレスレットを装着した右腕を胸の前に構えた後、高く掲げながら「ユリアン!」と発声すると、ブレスレットの宝石が光り輝き、その光が涼子を包んでユリアンに変身する。80同様、第50話で地球を去る時の変身には「ユリアン!」とは発声しなかった。, この他、格闘戦でもユリアンチョップ、ユリアンキック、ユリアン投げなどを披露している[37]。, 矢的猛が赴任した東京都世田谷区内にある区立中学校[注 15]。第13話から生徒も教師も劇中に登場していないが、『ウルトラマンメビウス』第41話で生徒たちのその後が描かれ[注 16]、この時点では統廃合で廃校となることが明かされており、校舎も取り壊しが決まっている[12]。, UGM(ユージーエム)とは「Utility Government Members」の略称で、世界各国の軍隊を総括する国際連合直轄の総合軍事組織地球防衛軍UNDA (United Nations Defence Army)に所属する対怪獣・怪奇現象対応部隊[12]である。UGMを含むUNDAの基地はカナダ、アメリカ、北ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、アジア、極東(日本)、オーストラリア、アフリカに点在する(劇中ではUNDAの一般隊員と一般将兵の区別は明確ではない)ほか、月面にもムーンベースが存在する。, 東京近郊にある広大な基地[注 19]。敷地内には、最先端科学の粋が結集した電子機器が設置されたUGM隊員の司令室・通称「パドック」を要するUGM専用の基地を始め、全宇宙の情報を持つ宇宙観測センターや分析室、UGM・防衛軍両隊員のためのトレーニングセンターや野外射撃場など、充実した人員用の設備は勿論、地上と地下にある各メカの格納庫や戦闘機用の滑走路、管制塔、スペースマミーの発進ゲート、敵の襲撃時に使用される戦車や砲台まで備える[12]。第14話で、ザルドンに一部破壊された。物語中期以降からUGMの基地機能は、新たに建設されたUGMの文字を形取った建物へと移設された。第25話のナレーションではUNDA極東エリア基地で働く隊員は二千名、うち三割が女子隊員。, この他、白の半袖カッターシャツに隊員服と同様の図柄が付いたものに、濃紺のネクタイとズボンという組み合わせの服が存在する(第14・17・18話でイトウが外出する際に着用した)。その他、最終回でオーストラリアゾーンから駆けつけたハラダとタジマが黄色の制服を着用している。, また、セラ・ユリ子ら広報勤務の隊員は専用の制服や作業服を、UNDAの一般将兵は当時の自衛隊員に似た戦闘服を、ナンゴウ長官ら高級幹部は専用の礼服を、それぞれ着用している。, UGMの車両はその他に、ホンダ・クイントの5ドアHBやジープ、トラックなどが登場している。, これら以外に、イトウチーフがヨーロッパからの着任時に搭乗したF-16 ファイティングファルコン、第22話でゴモラIIを攻撃したF-4ファントム戦闘機、第24話でロボフォーを相手に対空戦闘を行った戦車レオパルト1などの西側陣営現用の実在兵器も多数登場している。また、UNDA一般隊員はM16A1を携行している。, 音楽は、本作品でも流用される『ザ☆ウルトラマン』の追加録音分と挿入歌の作曲を担当した冬木透が続投。木村昇による主題歌アレンジも含め、お馴染みの管弦楽編成で楽曲を提供している。また、一部の曲では当時の特撮作品の音楽としては珍しく、シンセサイザーも取り入れられているが、まだ楽器としての完成度が低かった時代のため、効果音的な用い方にとどまっている。また、怪獣が倒れる音などの効果音の作成にもシンセサイザーが用いられていた。なお、第18話や第49話ほかでの使用が印象的な女声スキャット曲は『宇宙戦艦ヤマト』などで知られる川島和子の歌唱によるもの。作曲者は別だが、ブリッジ音楽は『バトルホーク』の曲が流用されている[注 23]。, また、UGMの出動テーマ曲ではワンダバコーラスが復活。放映当時に発売された本作品のサントラ盤『ウルトラマン80 テーマ音楽集』に「ワンダバUGM」という曲名で収録され、それまで通称だった「ワンダバ」がここで初めて正式な曲名に昇格した。この曲は劇中のほか、第31話以降の次回予告にも使用された[注 24]。, 4曲ある主題歌を担当したTALIZMANは当時、新進気鋭のロックバンドとして同年3月にレコードデビュー。ヴォーカルは、TALIZMANのメンバーで、HARRY・ハーリー木村の名前でのソロ活動も多かった木村昇。, 円谷作品の顔とも言えるオープニングタイトルは、画面奥から無数のガラスの破片が渦を巻いて手前に迫り、「ウルトラマン80」の文字を構成する。これは強化ガラスの上に粒状のガラスと、アクリル製の文字を配置しておき、これをパチンコ(スリングショット)で打ち抜き、落下する様子を真上からカメラを回転させて撮るという手間の掛かった映像となっている。また、第3話より作品タイトルのロゴが赤く着色された。第31話からは大幅に省略され、メインタイトルの直後に本編アバンタイトルに入る構成へ変更された。, オープニング映像については、前半は『Q』から『A』までの流れを汲む80のシルエット映像を使った物になっている。このシルエットは従来の作画による映像ではなく、実際にアクターが動いている姿を撮影したフィルムをモノクロネガにして使用したもので、コマ落ちやスローモーションを光学合成で配したアクロバティックな演出となっている。(5話から背景が変更されている)第33話からは、矢的猛の活躍場面と特撮のスペクタクルシーン(『ウルトラマンレオ』の第1、2話の津波シーンや本作品の第2話、9話の市街地破壊シーン)を織り交ぜたものに変更されている。, それまでのウルトラシリーズでは、その回に登場する怪獣や宇宙人の紹介を主にOPの最後に「○○怪獣(星人)××登場」といった形式の表記を行っていたが[注 25]、本作品ではこれが無くなり、代わりに基本的に劇中で怪獣などが登場する際に「クレッセント」というような名前のみのテロップが画面下に表示される形式を採っている。, 実写作品のウルトラシリーズとしては初めてエンディングパートが設けられた(前作『ザ☆ウルトラマン』の流れを汲んだものでもある)。エンディング映像は最終回を除き、こちらは『タロウ』『レオ』のオープニング同様にUGMのメカニックを全面的に押し出した映像であった(スカイハイヤーのスペースマミー内カタパルトからの発艦シーン、各UGM航空機の雲海上の飛行シーン、スカイハイヤーとシルバーガルの格納庫出走シーン、シルバーガルα号と同β号の滑走路離陸シーン、スカウターS7の走行シーン)。, 放映当時の小学館の学年別学習雑誌や、コロコロコミックの連載漫画では80の過去が描かれている。, 新人時代は素行が悪く、ゾフィーの言うことも聞かなかった。しかし、怪獣に両親を殺され、失意に沈んでいたところをウルトラマンレッドに出会って励まされ、サクシウム光線を習得する。両親の仇を討ったあと、ゾフィーの命令によって地球へ赴任することとなった。, Q OV - 初代マン(宇宙探検 - TVゲーム大冒険 - VS仮面ライダー - 怪獣伝説) - 平成セブン, ウルトラ作戦 - 初代マン(怪獣帝国の逆襲 - 出撃科特隊 - 91年版 - PS2版) - 倶楽部 - セブン - ウルトラ警備隊AC - ウルトラ警備隊MA - 闘魂伝説, コスモス(映画 - 映画2(新世紀伝説) - 映画3(新世紀03伝説)) - ネクスト 映画(ULTRAMAN) - メビウス 映画 - 超8兄弟, 列伝・新列伝(ゼロファイト - ギンガ - 大怪獣ラッシュ - ギンガS - ファイトビクトリー - X) - オーブ - ゼロ CHRONICLE(ファイトオーブ) - ジード - オーブ CHRONICLE - R/B - ニュージェネクロニクル - タイガ - クロニクル ZERO&GEED - Z, ゼロ THE MOVIE - サーガ - ギンガ(映画 - 映画2) - ギンガS 映画 - X 映画 - オーブ 映画 - ジード 映画 - R/B 映画 - タイガ 映画, ゼロ(OV1・OV2) - オーブ ORIGIN - ウルトラギャラクシーファイト.
本名は「ススム」。虫歯が多いらしい。 第12話では転入生の青山ミリー(ビブロス星人)と心の交流を持った。血液型はO型。 きくち英一(第42話), ウルトラマン80 - Wikipedia 人間の憎しみや悲しみなどのマイナスエネルギーが実体化して誕生し、80と地球で最初に … 明るく生徒からも人気のある桜ヶ岡中学の若い女性事務員で、姓は「山口」。 1980年4月~1981年3月にtbs系にて全国放送され、ウルトラマンシリーズの新たなファンを急増させた人気特撮作品「ウルトラマン80」。 同作品の大きな魅力の一つである、石田えりが演じたugm・城野エミ隊員にスポットをあてたオールカラー写真集が、放送40周年を記念して刊行決定! しかし、扱いの悪さが完全に払しょくされたかというとそう言い切ることもできず、2016年にシリーズ放送開始50周年という大事な節目を記念してNHKで放送された「祝ウルトラマン50 乱入LIVE!怪獣大感謝祭」のアンケートでは、アニメ作品の『ザ☆ウルトラマン』共々、昭和シリーズでありながら選択肢から外されてしまうという非道い憂き目にあっていたりする……, さらには、アーケードゲーム『ウルトラマンフュージョンファイト!』にも参戦したものの、彼だけ特撮TVシリーズで主人公を務めたウルトラ戦士の中で唯一、自分の力をお貸ししたフュージョンアップ形態やフュージョンライズ形態を用意してもらえていない。 星涼子という人間の姿でUGMの隊員として地球に滞在しており、戦闘時には右腕に着用している「ブライトブレスレット」を使用してウルトラウーマンの姿に変身する(というか元の姿に戻る)。, 初登場は43話で、ガルタン大王が自分と80の命を狙っていることを知り、80に危機を知らせるべく、危険を冒しつつ宇宙船に乗って地球へやってきた。, 記憶喪失の状態でUGMに保護されていた際、世話をしてくれた城野エミ隊員と打ち解け、友情の証としてブレスレットを譲った。, 記憶を取り戻した後の素顔は、王女ということもあってか世間知らずのお嬢様で、非常にお転婆なところがある。, 基本的に、猛が80が変身して戦いに出る姿を見守るのがお約束となっており、80が苦戦している際、自分も変身して加勢しようとするも「自分が戦死したら君が地球が守れ」と制止されていた。, 80からは制止されたものの、やはり絶体絶命の彼を放って置けず、涼子はついにユリアンの姿へと変身したのであった。, 結果的に連携プレーで事なきを得たとはいえ、後から言いつけを守らなかったことを咎められ、涼子は, 最終話ではオオヤマキャップによって80共々行動を牽制され、UGMが自力で怪獣を倒す様子を基地から見届けた。, 47話にて人間態で使用。赤外線のビームらしいが、グロブスクを過度に刺激することに繋がり、怪獣を巨大化させてしまった。, 46話で人間態のときに使用。バルタン星人が使用していた宇宙バリアα光線を探知した他、異次元空間の出口を探知し、そのエネルギーに気分を悪くした。, 49話で使った80との合体技。80とフォーメーションを組んで横に回転しながら体当たりを食らわせる。, 昭和ウルトラシリーズでウルトラ戦士の人間態を演じた役者としては文句なしの最年少記録であり、変身するウルトラヒロインの先駆けである。, 放送終了後、萩原佐代子が星涼子として再出演したことはないが、2010年の映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! 演:無双大介 誤解されがちだが、企画は『80』の方が先で、『3年B組金八先生』は後から持ち込まれた。, 『80』は数字の面でも苦戦が続き、(綺麗な言いかたでは)試行錯誤と路線変更が繰り返された。特に上記の“学校の教師”という設定は、生徒役の子役の(リアルな)学業との兼ね合いから、収録の日程やロケが極度に制限されるなどの困難を最後まで克服できず、結局1クールで断念せざるを得なかった。スタッフ内でも教師という設定には賛否両論で、物語の幅を狭めかねないのでやめようという判断もあったという。 鶴田忍(第42話)⇒『スペクトルマン』に出演。(詳細はこちら。) ※現在Amazonビデオなどの配信サイトで視聴することができ、なかなかレンタルできないことへの救済策になっている。しかし現在は視聴することが不可能。 放送開始40周年を迎えた"ウルトラマン先生"の魅力に迫る (3) 秀逸なサブタイトルの宝庫”, https://news.mynavi.jp/article/20200524-1042157/3, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウルトラマン80の登場怪獣&oldid=80416755, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第2話では、新条アカネの部屋の棚にギコギラーのフィギュアが飾られている, 第10話監督の冨田卓は、ザンドリアスの新造型スーツがあることを聞いて登場を即決したという, 漫画『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』に登場。何もしていないのにしゃっくりが止まらなくなり、友人のバキシムに「しゃっくりが100回出ると死ぬ」と言われ、それが原因でとんでもない状況に巻き込まれたり、メフィラス星人二代目のTシャツを「微妙」と言ったばかりにマンダリン草で刺されるなど、登場するたびに何かと酷い目に遭わされることが多い、薄辛の少女。原典とは異なり、親と喧嘩しているかは不明。, アニメ『怪獣娘(かいじゅうがーるず) 〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』では、ザンドリアスの魂を受け継いだ怪獣娘として登場する。, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第2話では、新条アカネの部屋の棚にザンドリアスのフィギュアが飾られている, 2017年には、上記の『ウルトラ怪獣擬人化計画』での人気を経て行なわれたクラウドファンディングプロジェクト「ザンドリアスをもう一度地球へ呼ぼう」により、新規スーツが制作された, 『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』に登場。ゴモラとベムスターと同学年。バリヤーを展開できること以外の素性は不明。, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第2話では、新条アカネの部屋の棚にメカギラスのフィギュアが飾られている, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第2話と第7話では、新条アカネの部屋の棚にアブドラールスのフィギュアが飾られている, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第2話では、新条アカネの部屋の棚にノイズラーのフィギュアが飾られている, 光の巨人は80の予備スーツの表面に光反射性テープ(スコッチライト・スクリーン)を貼り詰めて撮影されたが、撮影終了後に剥がしたところ、スーツに粘着剤が残って使い物にならなくなった, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第2話では、新条アカネの部屋の棚にタブラのフィギュアが飾られている, オーラムストリウムで左右に両断されるという最期は、第11話・第12話の監督を担当した, テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』第7話では、新条アカネの部屋の棚にロボフォーのフィギュアが飾られている, 「子供が作った怪獣」という設定にちなみ、撮影当時に本作品の特撮班撮影チーフを務めていた, 等身大の少年が変身した怪獣が町内で騒動を起こすという「ウルトラシリーズ」にしては珍しいプロットは、『, 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(『てれびくん』2011年8月号掲載分)ではウルトラマンキング、ウルトラマンノア、ウルトラの父がダークザキ軍団と戦っているころ、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンコスモス(コロナモード)、ウルトラマンダイナを襲う。, 書籍『ウルトラマンメビウス ARCHIVE DOCUMENT』に掲載された小説「守るための太刀」(作:赤星政尚)では、無数のガラガラ星人が, 当初、マーゴドンが登場する最終回は前後編が予定されており、マーゴドンのデザインもマンモスではなく, 『ウルトラゾーン』第15話のミニコーナー「怪獣ことわざ」では、「マーゴドンにも衣裳」という絵が登場する, 前述のように『80』ではUGMの力だけで倒されたため、映像作品・雑誌展開を通じてウルトラ戦士との交戦はこれが初となる。.



3年B組金八先生:設定に大いに影響を与えた作品であるが、脚本担当の小山内美恵子が過去のウルトラシリーズで2作脚本を描いていたり、前々作の子役レギュラー(杉田かおる、新井つねひろ)が参加したりと縁が深い。 次の動画. 内心では猛に共感しているとの設定もあったが、具体的には描かれないまま終わっている。 『メビウス』再登場時には家業のスーパーを継いでいた。また、落語や塚本と共に同窓会を企画している。 本名もあだ名と同じ字で上野博士(ひろしと読む)。

渡部猛:医師(第6話)『ウルトラマンタロウ』のモチロン、ベロン、ドロボン、『レオ』のキララの声を演じた。 映像作品への客演にもなかなか恵まれず、『ウルトラゼロファイト』、『ウルトラファイトビクトリー』、『ウルトラファイトオーブ』、『ウルトラギャラクシーファイト』などのファイトシリーズでも、昭和ウルトラマンの中では唯一出演できてていなかった。 人間の悪の心が怪獣を生むという考えから教職を志し、新採の理科教師として桜ヶ岡中学校に赴任する。その直前まで各地の異常現象を調査し怪獣出現を予想していた。その実績と危機意識を買われ、オオヤマキャップのスカウトで教師とUGM隊員を兼務することになる。校内ではこの兼務を林校長が承知していた。第12話までのUGMにおける勤務時間は「日曜日と放課後だけ」となっていたが、第13話以降は学校での勤務が劇中で描かれなくなった。およそ20年後の世界という設定の『ウルトラマンメビウス』第41話での落語やスーパーの証言から、途中で依願退職したものと推測される。