Aragats System | Anna Khechoyan - Academia.edu. ョン」画面の「セキュリティ」タブを選択。, 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。, 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。, 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。, 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。, ヨーロッパ > アルメニア > アルメニアその他の都市. 品種:ヴォスケハット 100% やわらかくねっとりとしたテクスチャーの白。 Aragats System | Anna Khechoyan - Academia.edu, All text is available under the terms of the. トルコとイラン、そしてアゼルバイジャンとジョージアに隣接するコーカサスの小国アルメニアには、アラガツ山という標高4090mの山があります。 実はこのアラガツ山、知る人ぞ知る不思議な場所だったりするんです。 アラガツ山(アルメニア語: Արագած、Ալագյազ[4])とは、アルメニア北西部にある成層火山である。同国の最高峰で、首都エレバンから約40km北西の地点にあり、安山岩からデーサイトで出来ている[5]。, その4,090 m (13,419 ft)の山体は氷河によって浸蝕されており、鮮新世から更新世にかけての地質年代を示している。しかし、寄生火山と割れ目噴火の跡は山裾の至る方向に残っており、これは非常に多量の溶岩が流れ出た証拠となっている。, これらの中には完新世になってから形成されたと考えられている物もあったが、カリウム-アルゴン法による年代測定では更新世中期から後期にかけて起こった物であるとの結果が後に出た。最も若い山体の年代は精確にはわかっていないが、火山活動は更新世末から紀元前3000年までに抑制されたようである[6]。噴火口と火砕丘による西南西から東北東に約13kmの長さを持つ尾根線は北側の噴火口の外輪を切っており、近い過去に溶岩と火山泥流が流れた証拠になっている。 そして、その火山泥流は鮮新世の山頂噴火の特徴であると考えられている。西斜面と南斜面は中石器時代から鉄器時代にかけてのペトログリフの産地となっている[7]。, 山腹にはビュラカン天文台(英語版)や中世前期に作られたアンベルド要塞(英語版)がある。, また、山の南東にはアシュタラク、北東にはアパラン(英語版)、北西にはアルティク(英語版)、南西にはタリン(英語版)の町が存在している。それ以外の周辺自治体は村落である。, 啓蒙者グレゴリオス(英語版)がアラガツ山で祈りを捧げた時、天からランタンが落ちてきて、彼の下で光を放ち、光り続けているとされている。, アルメニア人はその啓蒙者のランタンがそこに未だにあり、純粋な人とその魂のみがその永遠のランタンを見る事が出来ると信じている。そしてそのランタンは彼らアルメニア国民の希望と夢の象徴となっている。, High prominence mountains in Caucasus and Russia outside of Europe, Global Volcanism Program | Aragats | Summary, The Rock Art of the Mt. アルメニアにあるアラガツ山は国内で最高峰で、観光地としても知られています。アラガツ山に関しての基本情報と同時に体験談も紹介していきます。, トルコの右隣りにあるコーカサス地方の小国アルメニアの領土にある山で、同国の領内では最高峰として知られています。, そんなアラガツ山は、アルメニアを訪れた際の観光スポットの一つで、特に山の上にあるアルメニアレストランで食べる伝統料理のハシュが美味しいと人気です。, 今回、実際にそのレストランへ行ってハシュを食べてきたので、アラガツさんの基本的なまとめと合わせて、体験談も紹介していきます。, アルメニアにあるアラガツ山(Mount Aragats)は、4つの火山からなる山脈。, 北部にある標高4090mの地点が、小コーカサス山脈(2つの山脈から構成されるコーカサス山脈の一つで、大コーカサス山脈の南側に位置する)とアルメニアの中で最も高い地点で(※アラガツ山は小コーカサス山脈の一部であり、かつ最高峰点であるとされている)、アルメニア領にある山としては最高峰です。, そして、アラガツ山には4つの区画があり、地理的位置に基づいて以下のように名前が付けられています。, 首都のエレバンから北西およそ45kmの所にあり、車があれば1時間程度でエレバンの中心から麓まで到着出来ます。, アルメニアの伝統によると、アラガツ山の「Aragats」は、「Ara」 と「gah」の2つの言葉に由来し、「アラの王」を意味しているとされます。, ただし、中世の初期に生きた歴史家のモブセス・ホレナツィ(Movses Khorenatsi)は、アラガツ山の名前は、アルメニア人にとって伝説上の父であるハイク「Hayk」の息子アラマネアク(Aramaneak)に由来するとも主張しており、実際の所は定かではあります。, ちなみに、アラガツ山を含む周辺の地域(行政区)はアラガツトゥン(Aragatsotn)と呼ばれ、車があればエレバンからでもすぐに行ける、アシュタラク(Ashtarak)という街を地域の首都として構えています。, アラガツさんから始まるカサグ川(Kasagh River)の渓谷の火山周りや岩には、古代に描かれた動物や人のような肖壁画が無数にあります。, また、アラガツ山の南側にあるアガヴナトゥン(Aghavnatun)には、紀元前400年から1000年の間に作られたと思われる動物の形をした火山岩があり、この地域に昔から人が住んでいた痕跡が発見されています。, 現在トルコ領にあるアララト山(現在のアルメニア国境から近い)は、アルメニア人にとってシンボル的な山。, 古代アルメニアの伝説によると、このアララト山とアラガツ山は仲の良い姉妹でしたが、喧嘩をして以来、仲違いしてしまったと伝えられています。, アルメニアは西暦301年に世界で初めてキリスト教を国教とした国として有名で、この出来事へ大きく貢献した人物が、アルメニアにキリスト教を伝来させた聖グレゴリー。, 聖グレゴリーはかつて、アララトさんの頂上で祈りを捧げていたと言われ、結果、アララト山はキリスト教徒が大多数を占めるアルメニア人にとっては、聖なる山となっているのです。, さて、アラガツ山についての基本的な紹介が終わった所で、実際にアラガツ山へ行った時の体験談をここからはまとめていきます。, 今回アラガツ山へ行ったのは、アラガツ山の頂上手前にあるアルメニア料理のレストランで、「ハシュ(Khash)」という伝統料理を食べるのが目的。, イメージとしては、豚骨スープの牛肉バージョンといった感じと言えるかもしれません(なので、ハシュにラーメンとか入れて味付けしたら豚骨ラーメンならぬ牛骨ラーメンとしてイケると思ってます!)。, ハシュは非常にカロリーが高く、本来は真冬に食べる料理なんですが、アラガツ山の上は標高が高く夏でも涼しい(日によっては寒い!)ため、夏でもハシュを食べるにはピッタリで、また、そのレストランはハシュで有名なので「ぜひ一回行ってみたい!」ということで行くことになりました。, また、今回のルートは、エレバンを車で出たらそのままレストランへ直行するのではなく、アラガツ山のふもと(ふもとと言っても海抜2300m)にある、7世紀に建てられた要塞「アンベルド(Amberd)」へ立ち寄ってから行くことになりました(自分はアンベルドに何回か行ったことがあったけど、連れ達が行くというのでいやいや行った)。, エレバンからアンベルドまでの風景はなんの変哲もなく睡魔に襲われた結果・・・気づいたらアンベルド到着!, アンベルド要塞ばかりに目が行きがちなんですが、実は周りの自然もメッチャ綺麗!上の画像なんかだと、どことなくジブ◯アニメに出てきそうな風景じゃないですか?, アンベルドの敷地の入り口からは細い階段が続いており、左と右へ道が分かるので、好きな方へ向かいましょう。, ちなみに、右側の道を行く場合、細い道の外側は絶壁になっているので(写真だと分かりにくいですが)、はしゃぎすぎると確実に谷に転がっていき天へ召されます。, 上はアンベルドを裏側から見た画像。ボロボロです。ボロボロなのに、瓦礫の中へ入って上まで登っていく輩もたくさんいます。, アンベルド要塞の前方を見ると、まだまだ細い位置が伸び、その先には昔の修道院の遺跡があります。(以前はこの道に豚がなぜか数匹いました。今回はいませんでしたが・・・。食われた?), が、めちゃくちゃ楽しいような場所ではないので、宗教的なことに興味がある人以外は、むしろ外の景色の方が感動ものだと思います。, ちなみに、行きとは逆の左のルートだと上のような景色を見ながら歩くことになります(こちら側のルートならはしゃいでも天に召される可能性は低めです)。, アンベルドにどうしても行きたいといった連れが何人かいたので、付き合いで立ち寄ったアンベルドに思いを馳せながら、早速(これでようやく)、アラガツ山のレストランへ出発です。, なんか、他にもたくさん車があります(レストランの客以外にも山頂へ登山に行く人などの車みたいです)。, 舐めまわしたように綺麗なおわんを見れば、今回食べたハシュがどれだけ美味しかったか分かって頂けるかと・・・。, 隣では現地アルメニアの方々が楽しいそうに遊んでます。中には、こんな冷えてるのに湖に飛び込んでいるツワモノもいて、おいたんびっくりだわ!, 以上がアラガツ山についての基本情報と、アラガツ山の上にあるレストランでアルメニアの伝統料理「ハシュ」を食べてきた時の話なんですが、参考になりましたか?, ちなみに、ハシュは非常にカロリーが高いため、基本的には冬に食すものだと述べたのを覚えているでしょうか?, そのような食べ物のため、ハシュを食べた翌日に体重を測ったら約1kg増えていました(夜はヨーグルト程度しか食べていない)。, せっかくアラガツ山へ行くのならハシュを食べるのは超オススメですが、ダイエット中の人は摂取カロリーだけは覚悟しておきましょう!, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.