Japan IDで登録すれば、FODプレミアムコースを31日間無料お試し可能, FODプレミアム会員なら、8の付く日(8日、18日、28日)は400ポイントプレゼント!(2017年11月特典). よろしければ。 https://linliv.ee/pYdOQfmi/co/ot/sh/pl, https://www.facebook.com/kiyokazu.sugahara. facebook:https://www.facebook.com/kiyokazu.sugahara web:http://ikkikajiwara.web.fc2.com/ (一騎に読め!), (株)クレタバブリッシングから刊行されている隔月誌『昭和40年男』にて、2013年から2018年まで連載した「昭和40年男の梶原一騎論」の全話の本文とコラムをテキストのみで再録。, 生活のモットーは、毎日を楽しく過ごす。 ※5 講談社漫画文庫『あしたのジョー』7巻より。 『あしたのジョー』を読んでみよう!(Amazon Kindleへリンク) 梶原とその作品にまつわる考察はまだまだ尽きないが、今号で一旦筆を置かせてもらう。長年の愛読に感謝を込め、『昭和40年男』諸君! あしたのジョーでは、前半のダブル主役と言われたほど大人気となった力石徹の姿を見ることができます。彼は、姿を現した当初は金や富、名誉のためにボクシングをしていました。しかし、少年院で矢吹丈(主役)との出会いによって純粋にボクシングにのめり込んでいきます。あしたのジョーでは、多くの人の心を掴んだ力石徹が、試合に勝利しながらも最後は死亡してしまったため、ショックを受けた人も多くいました。そこで、突然死んでしまった彼の死因や心に残る名言、彼が目指した階級や愛用していた愛車もご紹介します。, あしたのジョーでは、彫りが深く勇ましい顔の力石徹が前半で大活躍しています。彼は、プロボクサーでしたが、かなりの大柄な体格をしてしました。プロボクサーとして活躍していた力石徹は、試合中のお客からのヤジなどが原因で少年院に入ることになります。しかし、自由気ままに生きながらも喧嘩に強い矢吹丈(主人公)との出会いによって、彼の人生はガラッと変わっていきました。, あしたのジョーでは、金や富、名誉のためにボクシングをしていた力石徹は、少年院で出会った矢吹丈と喧嘩をして引き分けたことで、彼を打ちのめすべく純粋にボクシングと向き合うようになります。そこで、ひたむきにストイックにボクシングに向きあった力石徹の突然の死因や、彼が残した心に響く名言、目指した階級、こよなく愛していた愛車についてもご紹介しましょう。, 漫画原作者や小説家でありながら映画プロデューサーも務めている梶原一騎さんによって誕生したのが、「あしたのジョー」です。1968年1月1日号~1973年5月13日号にかけて、週刊少年マガジンで連載がスタートしたあしたのジョーでは、単行本が全20巻まで刊行され大人気となりました。あしたのジョーでは、ボクシングをテーマとした青春や人間関係が描かれており、漫画家のちばてつやさんによって画が描かれています。, 漫画が大人気となったあしたのジョーでは、アニメも制作されました。1970年4月~1971年9月にかけては、フジテレビ系列によって全79話が放送され話題を呼びます。それらが好評だったため、「あしたのジョー2」として1980年10月~1981年8月にかけては、日本テレビ系列によって全47話が放送されて大人気となりました。また、実写化もされ、世界中に愛されるボクシング漫画へと成長しています。, ドヤ街で酒を浴びるように飲んでいたアル中の丹下段平は、そこにふらりと現れた矢吹丈という少年にこてんぱんに叩きのめされてしまいます。元ボクサーだった彼は、その少年にボクサーとしての素質を見出し徹底的に口説くのでした。しかし、荒れ狂っていた矢吹丈は、さまざまな犯罪に手を染めて少年院へと送られます。そこでは、のちに最強のライバルとなるプロボクサーの力石徹との出会いがありました。, あしたのジョーでは、金や富、名誉のためにプロボクサーとして大活躍していた力石徹は、ウェルター級で13連続KO勝ちをするほどの実力の持ち主でした。しかし、試合中の観客からのヤジなどによって、頭に血が上った力石徹は、観客を殴ってしまったということで少年院へ入ることになります。しかし、そこでは永遠のライバルとなる自由気ままな性格でありながら悪さを働いて少年院へ入った矢吹丈との出会いがありました。, あしたのジョーでは、少年院時代にド素人の矢吹丈との喧嘩で引き分けとなってしまった力石徹は、荒くれものの矢吹丈をライバル視するようになります。しかし、決着をつける前にいち早く力石徹の出院が決まってしまうのでした。金や富、名誉のためにプロボクサーとして戦っていた力石徹は、天性の素質を持つ矢吹丈を倒すために、純粋にボクシングと向き合うようになり、彼との戦いを決意し自ら階級を下げていったのです。, あしたのジョーでは、自分が犯した罪によって少年院に入ることになった矢吹丈は、自由気ままに生きたい性格だったため、そこでの生活に窮屈感を感じ脱走を計画します。豚舎で作業をさせられていた矢吹丈と西は、豚を動揺させて暴れさせることで、その騒ぎに紛れて脱走しようと考えました。, 豚を動揺させ、大暴れした豚達に紛れていざ脱走をしようとした2人ですが、そこに姿を現した力石徹によってその計画は見事に失敗します。豚の背に乗って逃げようとしたジョーは、プロボクサーとして大活躍していた力石徹からの強烈なパンチによって吹っ飛んでしまいました。彼の強烈なストレートによって、外の世界へ出たいという彼の考えは見事に砕かれてしまったのです。, 大富豪として日本でも有名な白木財閥のお嬢様として育った白木葉子は、周囲にチヤホヤされながら、何不自由なく育ってきたため傲慢な性格を持っていました。常に白っぽい高級服を着用していた彼女は、長い髪をオールバックにしていたのです。見た目は非常に美人ですが、プライドが高く、周囲にも自分と同じような品性を求める傲慢なところがありました。日本でも有名な大富豪の白木財閥は、白木ジムも手掛けていました。, それゆえにそこに所属していた力石徹と関りを持つようになります。あしたのジョーでは、わがままな性格の白木葉子でしたが、ボクシングに純粋に取り組んでいる力石徹に対しては、温かく心優しい女性として振舞うことができたようです。金や富、名声を手に入れるためにボクシングをしていた力石徹も当初は意地悪な性格でしたが、彼女との出会いによって紳士的な振る舞いをするようになります。, あしたのジョーでは、永遠のライバルとして認めているジョーとボクシングで決着をつけるために無理な減量に励む力石徹の姿がありました。過酷な減量によって次第に肉体的にも精神的にも追い詰められていった力石は、無意識に夜中に水を飲まないように蛇口を針金で縛りつけます。しかし、精神的に限界になって水を飲もうとした力石に、優しくいたわりながら白湯を差し出しのが白木葉子だったのです。, あしたのジョーでは、ボクシングに対して純粋に向き合うようになった力石の存在がありました。プロボクサーとして大活躍していた力石徹は、当初ボクシングは金や富、名誉を得るための手段でしかありませんでした。しかし、そんな傲慢な考えをしていた力石を目覚めさせたのが、荒くれもので自由気ままな性格のジョーでした。彼も強烈なストレートを放つ力石と出会うまではプロボクサーになるとは夢にも思っていなかったのです。, 2人は少年院で出会うことで互いに永遠のライバルとして闘志を燃やすことになります。しかし、すでにプロボクサーとして活躍していた力石は、当時ウェルター級(66kg)でした。それゆえに、わざわざジョーと戦うために、自ら階級を落とし、バンタム級(53kg)まで身体を絞り上げていったのです。階級を落とすために一気に13kgの減量を成し遂げた力石は、精神的にも肉体的にも限界にきており、フラフラな状態でした。, しかし、少年院時代にド素人のジョーと戦って引き分けとなってしまった力石徹は、なんとしても彼にだけは勝たなければ気が済まなかったようです。あしたのジョーでは、一気に2つも階級を落とそうと、過酷な減量に励む力石を見て感動した人は多くいました。プライドと意地をかけた男の戦いに挑む力石は、本来の彼の良さが出るかわからない階級へまで体重を落として、正々堂々とジョーとの試合に臨みます。, あしたのジョーでは、階級を2つも落としジョーと戦う力石の凛々しい姿を見ることができます。テクニック的には、強烈なストレートやアッパーカットを放つことができる力石の方が圧倒的に有利のように見えました。しかし、無理な減量を行い階級を下げてきた力石は立っているだけで精一杯な程、フラフラな状態だったのです。それゆえに、あしたのジョーでは、2人の均衡が保たれ、なかなか勝負がつきませんでした。, しかし、ジョー対策をしていた力石は、6Rでいきなりノーガードで戦いに挑みます。ノーガードで仕掛けてきた力石は、クロスカウントを狙っていると判断し、それに対応するように戦いますが、自由気ままな性格のジョーは我慢ができなくなり、右ストレートを放ちました。その瞬間力石は、スッと沈み、ストレートをかわします。そして、最後は渾身のアッパーカットを天に打ち込むかのように突き上げたのです。, 強烈な力石のアッパーカットを受けたジョーは、上体が吹っ飛んでいきました。あしたのジョーでは、最後は計算しつくされた力石の必殺のアッパーカットによって因縁の決着はつきました。しかし、彼はその後リングの上で倒れ込み死亡してしまいます。死亡の原因は、試合中にジョーから受けた側頭部(テンプル)への一撃と、ダウンをした時にロープに後頭部を強打していたことによっての頭部へのダメージだったようです。, あしたのジョーでは、因縁の対決となった力石とジョーとの階級を下げての戦いは大注目の一戦となりました。階級を一気に下げ過ぎた力石はフラフラの状態でリングに立っていましたが、最後は必殺のアッパーカットを綺麗に決めて、文句なしでジョーを倒しています。しかし、衝撃のアッパーから目を覚ましたジョーが力石に握手を求めようとした瞬間彼はリングに倒れてしまったのです。, 誰もがそれによって力石が死んでしまうとは思ってもいなかったでしょう。自ら階級を落とし、因縁の対決に勝利した力石の死因は、過酷な減量によるものではありませんでした。無理に階級を落としたことでのハンデはありましたが、直接の死因となったのは、ダウンをした時にロープに後頭部を強打していたことと、試合中にジョーから受けた側頭部(テンプル)への一撃による頭部へのダメージだったようです。, あしたのジョーでは、ボクシングに最後は純粋に向き合った力石の死は多くの涙を誘いました。それらも関係して、1970年3月24日には、漫画での架空のキャラクターにもかかわらず、文京区の講談社の講堂で葬儀・告別式が行われたのです。告別式では、「力石徹のテーマ」の作詞や主題歌も手掛けた寺山修司さんが、弔辞を読みました。最後は多くの人達によって見送られた力石だったのです。, あしたのジョーでは、少年院からの因縁の対決であった力石とジョーとのボクシングの戦いが大注目を集めました。お互いに永遠のライバルと認め合っていた2人の対決でしたが、まさか最後に勝利を収めた力石が死亡してしまうとは誰もが想像しなかったでしょう。最後はボクシングにプライドと誇りをかけて戦った力石の死因には、あしたのジョーの中で語られている死因の他にもあったようです。, あしたのジョーでは、最後は純粋にボクシングに打ち込んだ力石の死因は、2つの頭部へのダメージとされています。しかし、あしたのジョーの物語以外でも死因があったのです。それを2つご紹介しましょう。ストイックに減量に励んでいた力石は、いつしか自由気ままな性格のジョーと同等かそれ以上とも取れるような人気を誇るようになります。, それゆえに、主人公を活かすためにあまりにも人気が出過ぎた力石を死亡させたのではないか?という意見が飛び交っていました。しかし、これはあくまでも憶測でしかなく、ハッキリとした死因とは言い難いでしょう。, あしたのジョーでは、当時イラストを描いていたのは、ちばてつやさんです。彼は当時、ボクシングのことを何も知らなかったために、独自の判断によって力石を大男に描いてしまいます。階級の存在を知らなかったために、原作を読んだ際の独自の判断でがっしりとしたキャラクターの力石を作り上げてしまったようです。そのため、永遠のライバルとなったジョーと力石が戦うためには減量するしかありませんでした。, あしたのジョーの今後の展開については、原作を担当していた梶原一騎(本名:高森朝雄)さんとちばてつやさんで徹底的に話し合いを重ねていきましたが、最後は死亡するしか方法がなくなってしまったようです。大人気キャラクターであった力石の死は、当時編集部からは大反対されていましたが、やむを得ない苦肉の策となります。そのため、原作者と漫画家での行き違いが死因というのは間違っていないようです。, あしたのジョーでは、過酷な減量に苦しむ力石の姿を見ることができますが、少年院に入る前の彼はリミット66.68kgのウェルター級でした。そこで彼は13連続KO勝ちを誇っていたのです。少年院から出た後は、永遠のライバルであるジョーとの戦いをもくろみ、リミット67.15kgのフェザー級に減量して、復帰をしています。, しかし、因縁の対決の相手であるジョーは、リミット53.52kgのバンタム級であるため、そこまで絞り込みの減量を行う必要があったのです。本来この体重差では、試合は成立しません。しかし、本物のボクサーであると認めたジョーとの戦いのために、自ら2つも階級を落として戦いに挑んだのです。, あしたのジョーでは、ダンディな雰囲気が漂っている力石が乗っている愛車にも注目が集まりました。彼が乗っていた愛車は、公式には公開されていませんが、オープンタイプのスポーツカーで右ハンドルだったために、「ロータス7」ではないか?と噂になっています。大富豪のお嬢様である白木葉子がアニメ版の2で登場した時に、ロータス・ヨーロッパを乗っていたことからもその線は有力だと言えるでしょう。, あしたのジョーでは、大富豪のお嬢様である白木葉子との出会いによってダンディで紳士的な振る舞いができるようになってきた力石は、上記のような名言を放っています。こちらの名言は、あしたのジョーの7巻で強力なパンチを放つウルフ金串との戦いにおいてジョーがダウンさせられた時に力石が放った言葉です。永遠のライバルと認めているからこそ、彼のピンチにこのような名言が飛び出したのでしょう。, あしたのジョーでは、頭部へのダメージが死因となって最後は亡くなってしまった力石ですが、因縁の対決を決意した彼は8巻で、上記のような名言を残しています。過酷な減量によってついに水を求め彷徨っていた力石は、温かい気持ちのこもった白湯を葉子から差し出されたことで、一気に元気がみなぎり、上記のような名言を言うことができたのでしょう。彼女と話している時の力石はとても穏やかで幸せそうでした。, あしたのジョーでは、少年院からの因縁の対決となっていたジョーとの戦いにおいて、見事な完全勝利を収めた力石は、最後に上記のような名言を残しています。全てにおいて全力を尽くした彼は、もう思い残すことはないというほどの満足感に満ちた気持ちでこの名言を心の底から放っていたのです。まさか、この名言が彼の最後の言葉になろうとは誰も思わなかったでしょう。, あしたのジョーでは、漫画の他にもアニメ版や実写版なども制作され話題となりました。1970年に公開された実写版の映画である「あしたのジョー」の力石徹役を演じたのは、俳優の亀石征一郎さんです。彼は、高校時代にボクシングや空手道に励んでおり、空手道は弐段の腕前となっています。それゆえに、ダンディでがっしりとした力石の役はぴったりのはまり役だったようです。, 2011年に公開されたあしたのジョーの実写版の映画では、ボクシングと純粋に向き合った力石徹役を俳優の伊勢谷友介さんが務めています。当時の彼の身体の作り込みが話題となり、かっこいいと注目を集めました。がっしりとした大柄なイメージンの力石のキャラクターをまた違った魅力で作り上げた俳優と言えるでしょう。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業している彼は、俳優以外にも美術家など幅広く活躍されています。, 今日は、同僚と映画あしたのジョーを見てきました。原作のファンの自分は、文句もありました。しかし、文句は見てからじゃないと説得力に欠けると思い、1,000円で見れる今日見てきました。感想は同僚と映画館を出た瞬間シャドーをしてました(笑)かなり面白かった。特に、力石徹が良かった。, 原作をこよなく愛している人の間では、映画化されたこの作品を複雑な気持ちで迎えている人も多くいました。しかし、実際に観た感想には、かなり面白かったという言葉が多く寄せられています。特に、ダンディでかっこいい力石徹が良かったという人もいました。, 明日のジョー(映画) 感想:A 肉体美である。とにかく力石徹役の伊勢谷友介の肉体作りが圧巻。ジョー役の山Pもかなり頑張っているが彼に比べるとやや劣る。昭和フルテイストな作品の中でバッチリ現代メイクな香里奈の違和感はややあったものの、個人的に好みの顔立ちなので不問とする(チョロい), 映画版のあしたのジョーでは、ボクサーの肉体美が素晴らしいと高い評価を得ています。特に、最後はボクシングと純粋に向き合って死を迎えた力石徹役を務めている伊勢谷友介さんの肉体作りに目が釘付けになってしまう人は多かったようです。, 「終わった…何もかも…」と、あしたのジョー永遠のライバル、力石徹 の名言がよぎりました。(°▽°), 金や富、名誉のためにプロボクサーとして戦っていた力石徹も、天才的なジョーとの出会いによって目覚めていきます。そんな彼は、多くの名言を残していますが、彼の最後の言葉となった名言は、ピンチに陥った時についつい使用してしまいたくなる言葉として今でも多くの人の心に残っているようです。, 少し意地悪で金や富、名誉のためにプロボクサーとして戦っていた力石徹でしたが、お嬢様である白木葉子との出会いによって紳士的な振る舞いができるようになります。また、少年院で出会ったジョーによって彼はボクシングに真剣に向き合うようになりました。, 2人の因縁の対決は、ストイックに挑戦し続けた力石徹の完全勝利となりましたが、最後は頭部へのダメージが死因となり亡くなります。しかし、とても魅力的なキャラクターであり、多くの名言を残していたため、今でも彼は伝説の男として多くの人の心の中に生きているようです。, 【あしたのジョー】力石徹の死因と最後は?階級や愛車・名言も紹介のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, マンガ連載中から、実写映画化、舞台化など様々なメディアで表現された「あしたのジョー」。「週刊少年マガジン」連載開始から50周年を記念して「あしたのジョー」についての情報をお届けします。, 社会的反響が大きく「戦後最大のヒットマンガ」の1つとされている『あしたのジョー』。最終回ではジョーとホセ・メンドーサとの死闘が繰り広げられ、多くのファンに衝撃を与えました。ホセ・メンドーサとは「コンピューター付きファイティングマシーン」と「キング・オブ・キングス」の2つの異名を持ち、正確なパンチを打つ卓越な技術や冷静沈, ボクシングのヒーローを主人公にした漫画作品「あしたのジョー」。1968年少年漫画雑誌で連載が開始されると、社会現象と言ってもよいほどの大きな反響を呼びました。そんなあしたのジョーに登場するウルフ金串というキャラをご存知でしょうか?登場回数こそ少ないものの彼の絡むエピソードは、現在でも多くのファンに感動を与え続けています, あしたのジョーの名言、名シーン集を紹介します!あしたのジョーといえば昭和を代表するボクシング漫画として、スポ根の金字塔的存在感を放つ名作です。そんなあしたのジョーには幾多の名シーン、名言集がありました。力石や矢吹丈が命を懸けて戦う姿、画像は多くの読者に感銘を与えています。そんなあしたのジョーで欠かせない名言、名シーン集, 「あしたのジョー」はボクシング漫画の走りでありながら最高傑作であると評されています。ボクシング漫画の範疇をも飛び越えて「死ぬまでに一度は読んでおきたい漫画」とまで言われることも多いです。今年2018年は「あしたのジョー」連載開始50周年です。ここでは「あしたのジョー」の最後・最終回を紹介します。「ジョーはパンチドランカ, 皆さんは、アニメ「あしたのジョー2」をご存知でしょうか?誰もが知っている人気スポ根アニメシリーズで、主人公・矢吹丈のボクシング人生を描いているあしたのジョー。そんな第2シリーズとなる「あしたのジョー2」は、感動の場面や、名場面などがたくさん描かれている人気アニメです。この記事では、そんなアニメ「あしたのジョー2」の名場, https://honcierge.jp/articles/shelf_story/6449, 死因:頭部へのダメージ(テンプル・側頭部への一撃と後頭部をロープに強打したことによる).